トップへ » 治療について » 歯周病治療

定期的なクリーニングで歯周病を予防

歯周病治療

当院では歯周病へ取り組みとして、定期的なクリーニングをお勧めしています。

当院が特別にクリーニングの技術が高いということはありません。しかし、開院当初から決めていたことは、歯科衛生士の充実でした。歯周病もお口の常在菌の感染ということでは虫歯と同じです。伝染病と違い完全駆除はできないのです。

そのため、菌の絶対数を減らしてバランスを取ること、すなわち歯磨きと歯科医院での歯石除去やPMTCが大切です。

時間を掛けたクリーニングで大切な歯を守りますクリーニング
当院ではたくさんの患者さんが定期的に受診されています。十数年継続されている方も少なくありません。ちょこちょこっと簡単に歯石除去をするのではなく、指導をしながら一回45分~60分かけてじっくり丁寧に行います。

また、スケジュールのタイミングで難しいこともありますが、できるだけ同じ衛生士が担当するようにしています。定期健診を行ってきた結果、個人差はあるものの、何もしないより確実に残存歯数は多くなると実感しています。

歯周病治療の流れ

保険診療、歯周病治療のガイドラインに沿って行います。はせがわ歯科医院の診療室スタッフはすべて歯科衛生士です。ただの診療補助員ではありませんので、どんな質問でも何なりとお尋ね下さい。

【STEP1】パノラマレントゲン撮影
初診時、およびその後必要と思われたときに撮影します。

次へ

【STEP2】基本検査 
歯周ポケット(歯に接する歯茎の溝)の検査や動揺度 歯垢の付着検査などを行います。歯茎の状態の変化を見るためて複数回行います。

次へ

【STEP3】精密検査(適宜) 
歯周ポケット検査を詳しく検査します。主に進行した歯周病の時に行います。

次へ

【STEP4】歯石除去(1回45〜60分※指導時間含む)
●歯周病が軽度あるいは安定と思われる方については概ね3回に分けて歯石除去をします。
●歯茎の状況により4回以上に分けて行うこともあります。
●歯周病が進行している場合は6から8回に分けることもあります。
●歯が少ない場合は回数が減ることがあります。
●若い方の歯肉炎では全体を1~2回で終わらせることもあります。
●歯周病の進行が軽度でも長く歯石を取っていなかった場合には、除去後に知覚過敏症状が出現することがあります。歯茎の痛みが出ることもあります。
●知覚過敏、歯茎の一過性の痛みなどにより歯石除去を敬遠してしまうことがないよう、回数を分けることもあります。
●歯石と同時に着色除去も行います。
●忙しいから一度で終わってほしい、早く終わりたい...と言われる方も時々ありますが、考慮できることはしますが、医学的判断・健康保険の決まり等によりできない場合はご希望にはお応えしかねます。

次へ

【STEP5】ブラッシング(歯磨き)指導
歯石除去と平行してブラッシング指導も行います。歯周病治療、予防にはむしろ日々のご自身の努力の方が大切です。

次へ

【STEP6】PMTC(1回60分程度※指導時間含む)

【PMTC】プロのテクニックでお口の中がサッパリ

当院では平成10年頃から取り組んでいます。PMTCがまだ始まったばかりで、機器は1社からしか発売されていませんでした。PMTCって何?と歯科医師が言っていた頃です。

PMTCPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家が専用の機器を使って、専門的にお口の中の清掃を行う歯のクリーニングのことです。指導をしながら一回60分程度の時間をかけます。

通常の歯石除去で取れない被膜(バイオフィルム)まで取って、虫歯や歯周病の予防に役立てます。PMTCを保険外にしている歯科医院もありますが、完全に予防処置とは言い切れず、当院では病状安定のメンテナンスと捉えて保険診療の一環で行っています。

PMTC1. 染め出し、バイオフィルム(歯垢)の付着有無確認

PMTC2. サスブラシ

PMTC3. メルサージュファイン+プロフィーブラシ

エバチップ

PMTC4. リナメル(トリートメントペースト)+ラバーカップ

ここまで4段階でバイオフィルム除去

PMTC5. フッ素塗布<歯質強化>

PMTC6. フッ素の浸透を待つ


トップへ » 治療について » 歯周病治療


コールバック予約

PAGE TOP