トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 顎関節症について » 顎関節の動き

顎関節の動き

関節が動くと言うことは下顎が動くことになります。狭い考え方では頭蓋骨が固定されて下顎が動くとされています。

しかし意識して動かせばすぐ分かりますが、頭蓋骨を動かさずに口を開けると喉にぶつかります。

よって、首を少し後方に引いて下顎をさらに大きく開くようにしています。
下顎を動かすとき、頭蓋骨や頸椎も動いているのです。

また、舌は下顎や舌骨から生えてきていますので、舌の動きと関係が深いです。下顎は舌骨を介して直接胸骨や肩甲骨にまで繋がっています。顎関節は決して単純ではないのです。


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 顎関節症について » 顎関節の動き


コールバック予約

PAGE TOP