トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 顎関節症

顎関節症

Q.顎関節症について教えてください

A.顎の関節がカクカク音がしたり、痛かったり、口が開けづらいといった症状のことを言います。

初期に、少し音がする程度の時はすぐ治療をするわけでありません。悪習癖の是正で治る或いは進行しなくすることが出来ます。例えば、右噛み癖の人は、右の顎の関節が深くなり左が浅くなり、多くは最初左に雑音が出てきます。進行すると両方に症状が出てくることもあります。

これは典型例ですが、実際は噛み合わせや頚椎の状況により複雑なこともあります。仰向けで寝て、歯軋りくい縛りを止め、両方で均等に噛むようにすれば良くなっていきます。多少進行してきていても習癖是正で治っていくこともあります。

当院では、鍼灸、麻酔、関節周囲筋のマッサージ等で良好な結果を多く得ています。頚椎の調整やマウスピースを使用することもありますが、マウスピースは夜だけとか、日中はごく小さいものにし、負担の内容にしています。

噛み合わせの調整は要らないことが多いです。歯の欠損があったりかなり乱れている場合は、マウスピースや矯正で治していくこともあります。


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 顎関節症


コールバック予約

PAGE TOP