2012年6月 « トップへ » 2013年7月

2013年6月 4日

スタッフ募集 ~歯科衛生士

スタッフ募集

院長より
私は、開業以来ずっと歯科衛生士にこだわってきました。歯科助手とどちらでも良いような募集は求人誌などにも出したことがありません。その結果歯科衛生士らしい(あるいはそれ以上)仕事が出来る雰囲気になってきたと自負しています。

すぐに辞めるスタッフはほとんどありません(やる気のなさそうな人は、のどから手の出るほど忙しいときでも雇わないようにしていますから)。出産・育児後復帰した人もいます。

どうしても、勤務時間が長い日はありますが、早く帰ることが出来る日を設けたり、休みはしっかり休めるように取り計らっています。有給休暇は概ね自由に取って構いません。
但し、連続で数日とか、複数のスタッフ同時にとか、長期連休前後など、配慮を求める場合はあります。
当院は専門家による就業規則を作成し労働基準監督署に届けています。
また、平成9年以降、厚生年金に加入しています。

医院の雰囲気としては概ね和気藹々としています。25年の間には色々問題が起きたこともありますが、スタッフの勤続年が長いことがそれを実証していると言えます。
常勤募集は実に7年振りなのです。

診療内容としては、専門誌に載っているような「高度な」メンテナンスや予防をしているとは言えませんが、希望者に出すリコール葉書の反応率は5~6割となっています。中断してから再開する患者さんも含めればもう少し率は上がるでしょう。

セミナーを受けて衛生士がカウンセリングもして患者さんのデンタルIQを上げて、質の高い歯科医療のみ提供する...のは、志は良いもののなかなかストレスも溜まるものです。
無理をせず、「落ちこぼれ」の患者さんにも優しく接して放り出さない...のが当院のモットー...でしょうか。

ただ、ごく一般的な治療のみをしているのでは無く、ホームページをくまなく見て頂ければ分かりますが、広範囲な診療を提供しています。
たまに遠方から来られる患者さんもあります。
アカデミックというより代替医療的なスタンスです。
過去15年間のネット相談の実績から「セカンドオピニオン」的な依頼もあります。
こうすべきだ...ということより、患者さんの意思をを尊重した(仮にそれが医学的不適切だとしても)立場で毎日診療を行っています。


平成29年度~常勤およびパート歯科衛生士募集しています

募集人数     常勤1名 
 パートタイマー1名 時間応相談 午後勤務出来る方歓迎

※午前は充足しました

開院 平成2年11月  平成27年25周年を迎えました。

リニューアル 平成19年5月  

キャッチフレーズ 「健康な歯で幸せも噛みしめて」

一日の患者数 35~50人
患者構成  (クリックで拡大します。)

患者分析

現スタッフ構成
 歯科医師1名(院長・長谷川)
 歯科衛生士 常勤4名 パート1名
 
 出身 
  T.M.愛知学院大学歯学部歯科衛生専門学校(現短期大学部)勤続20年
  K.Y.愛知県立歯科衛生専門学校 勤続9年
  N.S.学校法人清水学園湘南歯科衛生士専門学校 勤続8年
  N.Y.愛知県立歯科衛生専門学校 勤続5年+13年
  R.T.名古屋歯科医療専門学校(現ナゴノ福祉歯科医療専門学校) 精勤1年

 A.I.受付 パート(育児休業後復帰)愛知淑徳大学卒 勤続8年
 M.H.受付・薬剤師  名城大学卒 

  診療スタッフは歯科衛生士のみです。

設備
 チェア6台
 (オサダ2台/ヨシダ4台)
 (超音波スケーラーチェア付属5台/エアスケーラーチェア設置可5台)
 (PMTC器材設置可チェア5台)
  (交換用タービンハンドピース)
外付け超音波スケーラー(オサダエナックf)
 豊富なハンドスケーラー
 ハンドスケーラー研磨機
 オートクレーブ
 超音波洗浄器
 超酸性水(EO水)生成機
 紫外線ハンドピース殺菌装置(ハイストロン)6台
 紫外線器具保管庫4台
 LED照射器2台
 オフィスホワイトニング照射器(ビヨンド)
 デジタルパノラマ・デンタル・セファロ(NAOMI)
 ポータブルX線照射器
 タブレットPC3台
 口腔内カメラ3台
 笑気吸入鎮静器
 移動式口腔外バキューム(アルテオs)
 炭酸ガスレーザー(オペレーザーPro)
 ソフトレーザー
 義歯用集塵機
バキュームミキサー
 バイブレーター
 モデルトリーマー
 受付カルテコンピューター
 保険証スキャナー
 業務用プリンター
 コピー機
 床暖房
 AED

業務内容  
 ブラッシング指導・保健指導
 スケーリング・ルートプレーニング
 PMTC ※PMTCは平成11年より実施長期実績有り
 診療介助
 定期健診事務管理
 サホライド塗布
 フッ素塗布
 シーラント
 知覚過敏処置(薬物・ソフトレーザー)
 印象採得・石膏注入
 滅菌消毒
 充填補助
 レントゲン撮影補助
 修復物調整・研磨
 義歯指導
 診療準備・片付け・清掃
 矯正治療補助
 口腔周囲筋機能訓練
 オフィスホワイトニング補助
 その他補助介助
 検査・指導の記録
 たまに訪問診療
 年1~2回 学校歯科保健活動(小学校)
 受付介助

勤務時間
 午前8時45分~午後1時 午後2時50分~午後8時(残業時間含む)
     〃        〃   ~午後7時(残業時間含む)
     〃        〃   ~午後6時
     〃 ~午前12時 午後1時50分~午後6時
        
 週40時間を基準として交代で早く終了出来る日、最後まで残る日を設定します。
(1ヵ月単位の変形労働時間制)
 月・火・金・土は診療開始10分前に簡単なミーティングを行います
 但し午前15分以上延長した場合、昼に健診や会合、往診に出かけた場合は行いません
 交代で昼当番あり(食事手当)
 ※公務員・主要企業等は週40時間が規定ですが、医療機関は超えても良いことになっていますが、当院は40時間と定めています。給与が少し多くても基準時間が長い医院もありますので比較の時に考慮して下さい。

月平均残業時間は2~8時間 月により変動有り

休日     
 日曜・木曜・祝日 年末年始7日(木日祝含む) 盆5日(木日祝含む)
 祝日があっても木曜は原則休み(連休明けなど例外はあり)
 院長公務などの日 年数日(健診、学会研修会、歯科医師会、行政関係)
 合計年間130日前後

有給休暇  
 精勤半年後に発生(年間10日)~法定に準ず
 2年目以降11日5年後15日...
 但し、医院都合休診日に1/2は含まれて良いことになっています。
 当院は1/3をそれに当てることにしていますので、自由意志で取れる日は最初は7日です。
 有給休暇を取りにくい雰囲気はありません。
 但し、数日連続とか連休前後などや他のスタッフと重ならないように配慮を求めることはあります。

特別休暇
   身内の不幸の場合 1~2日(詳細は就業規則による)
        

給与関係    
 基本給   155,000 円
 資格手当   33,000 円
 精勤手当   15,000 円
 食事手当 約 12,000 円
                  
 合計    215,000 円
 (残業5時間とすると222,000円)

 時間外手当  上記の場合約1400円
 非課税交通費 10,000円を上限
 ガソリン代として12㎞/L として概算で支給

 経験者は 程度に応じて基本給に加算または手当を増額します
     
 昇給 年1回 5,000円 10年は保証
 賞与 年2回 基本給の3ヶ月分(1.5×2)
 パートタイマーも賞与は出します(少々)
         
 ※初任給が高くても昇給が少ない或いは数年で上限...という設定の医院もありますので比較の際考慮して下さい
         
 パートタイマーは時給1200円(日中)~1400円(夕刻~)

退職金     
  精勤3年以上勤務の場合に支給
  例)3年勤務後自己都合退職 120,000円
    3年後解雇・業務疾病などによる場合200,000円
    5年勤務後自己都合退職 240,000円
    10年    〃     540,000円
    20年以上  〃   1,200,000円上限
     〃以上 定年等  2,000,000円上限
         
支給するもの(貸与含む)
 診療衣・カーディガン・エプロン・院内シューズ・ゴーグル
 診療用眼鏡(必要な場合)・マスク・グローブ
 歯科衛生士雑誌(共同)
 ※当院は診療衣を統一していません。一定金額範囲内で自由に選択できます。
診療衣

診療衣診療衣

診療衣

試用期間 1ヵ月 給与は常勤換算

就業規則届け出済み・三六協定届け出済み 
 育児休業規定、介護休業規定あり
 ※実績有り。

福利厚生    
 歯科医師国保・雇用保険・労災保険・厚生年金・
 所得保障保険(任意)
        
 健康診断年1回実施
 必要な場合、入局時入局時HBワクチン実施

 慰安旅行・行事
 ※近年は主婦スタッフが多く、数日家を空けにくいと言うことで、旅行は控える可能性があります。

 平成28年 
 平成27年 名古屋マリオットアソシアホテル・ディナー
 平成26年 シルクドソレイユ ダイハツ・オーヴォとホテルディナー
 平成25年 グアム
 平成24年 韓国
 平成23年 グアム
 平成22年 韓国
 平成21年 シンガポール
 平成20年 香港
 平成19年 台湾
 平成18年 グアム
 平成17年 エクシブ初島クラブ
 平成16年 エクシブ琵琶湖・近江路
 平成15年 タイ
 平成14年 香港
 平成13年 シンガポール
 平成12年 エクシブ蓼科
 平成11年 中止
 平成10年 北海道(函館・小樽・札幌)
 平成9年  山代温泉百万石と周辺
 平成8年  TDL&横浜
 平成7年  長崎・ハウステンボス
 平成6年  和倉温泉加賀屋と周辺
 平成5年  伊勢・鳥羽
 平成4年以前 なし

 歓送迎会
 忘年会または新年会
 会員制リゾートホテル(XIV)プライベートで利用可
歯科衛生士会入会者は会費負担
 研修会参加可 費用負担可
 入局時 ホームブリーチサービス
スタッフの歯科治療は健康保険範囲内は無料・保険外は材料技工代のみで行います。

その他     
 スタッフ用駐車場有り 
 院内全面禁煙(喫煙者は採用出来ません) 

応募書類    
 履歴書・卒業見込証明書または卒業証明書または歯科衛生士免許証
 成績証明書(卒業見込者または卒直後の方) 

受付      随時

面接      随時
 見学のみ可(書類不要)

選考方法    書類+面接
 結果は即時~1週間前後まで
 常勤はフルに勤務できる方(例えば7時までしか来られない...という場合は採用出来ません)
 パートタイマーは時間応相談
 国家試験浪人した方は原則不可ですが、勉強不足分を回復する気持ちがある場合は、その旨アピールしてください。
        

日本最大級の医療総合求人サイト ジョブメドレー
医療介護求人サイト ジョブメドレー        
        

はせがわ歯科医院へようこそ

外観

愛知県あま市の歯医者「はせがわ歯科医院」へようこそ。当院は、どなたでも気軽に通える医院づくりに取り組んでいます。医院入り口には、車椅子やベビーカーでもそのまま院内に入れるようにスロープを設置し、バリアフリーになっています。

駐車場当院には、あま市(旧甚目寺町、七宝町、美和町)、海部郡(大治町、蟹江町)、稲沢市、清須市、名古屋市、津島市、愛西市、弥富市、一宮市、北名古屋市、海津市などから患者さまがいらっしゃっています。

南隣に専用駐車場を完備(患者様用14台)しておりますので、駐車スペースがの心配は全くありません。高速インターも近いので遠方よりお車でお越し頂くこともできます。


まず、じっくりお話しましょう

院長あいさつ
※※予約外で来院されると1~2時間待ちになってしまう場合もあります。ご了承ください。


私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

たとえば、一口に「歯が痛い」といってもその痛さの加減は一人ひとり違います。痛いといっても本当はぜんぜん痛くないこともありますし、慌てて歯医者に駆け込むような痛さでないこともあります。ですから、患者さんの話をよく聞かないと、勘違いしたまま治療をはじめることになってしまうのです。

また、特に年配の方は何を言っているのかよくわからないことがあります。「ぜんぜん食べられない」と訴えていた患者さんの話をよくよく聞いてみると、「餅」が食べられなくなったという話だったこともあります。患者さんが「この歯が痛い」と言われた歯が原因では無くて、実はそばの別の歯が悪かったというケースは良くあるのです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。

※予約外で来られた場合は時間は取れません。ご了承下さい。

「顎関節症ってなに?」がすべての始まりでした

歯科と全身とは深く関わり合っている院長あいさつ
本業での興味の対象は、歯・顎・口腔と全身との関わりです。最近は歯科医師会も積極的にそういうことを言い出していますが、ちょっと意味合いは違います。歯周病と糖尿病、早産、動脈硬化、骨粗鬆症、周術期のこと、口腔ケア、介護予防......、いずれも大切ですが、歯科の行うことは従来と同じなのです。

私としては、噛み合わせを改善したら不定愁訴が取れることがあるとか、姿勢がよくなるとか、逆に歯や顎の症状がその場所の治療でうまくいかないときは身体のどこを見ればいいのかとか、東洋医学、代替医療系などです。西洋医学としての歯科はどうしても局所だけなので、別次元の分野に頭を突っ込まざるを得なくなります。

歯や歯茎を治すだけが歯科医師の仕事ではない
その原点は大学6年のとき、受け持ちの患者さんが顎関節症になってしまったことでした。今は教えているのでしょうが、当時は学生に対して詳しい治療法の講義はありませんでした。インストラクターの先生に訊いて、マイオモニターをセットするだけでした。

図書館で調べると、開業医で顎関節症について詳しく書かれている先生(続肇彦先生)がありました。それを読んで驚いたのは顎関節症の治療をして肩こり、耳鳴り、下手すると腰痛まで改善することがあるような記述があったのです。

「歯医者は歯や歯茎だけ治すもの」と思っていた私には衝撃的でした。「顎関節症を学びたい」と、勤務先の面接で院長にも言った記憶があります。まず普通の歯科医として一人前になってからでいいのでは?と諭されました。

私が歯科医師になった理由

ひょんなことから受験した歯学部院長あいさつ
私の家は昔から農家です。今の診療所は以前うちの田んぼでした。子供の頃から大学生までよく手伝いをしました。大学は最初は農学部志望だったのです。家業を継ぐのは困難と思いつつも関係した方面に進もうかと思っていたからです。

歯学部を受験したのはひょんなことからでした。高校のとき、志望校を複数書く必要があったものの、自宅通学が条件だったので、国公立は2校書き、私立は1校しか埋める大学がなくて受験科目がほぼ同じだった歯学部も書いたのです。

担任の一言が背中を押した、歯科医師へ道
高3の担任の先生から「医療のほうがお前にあっている」と勧められてその気になってしまった......のでした。高3の担任は日大歯学部に進学したものの家の事情で学部を変わり英語教師になったという変わり種の先生でした。当時かなり迷いましたが今では感謝しています。

金銭的余裕はなかったので、大学卒業後すぐ勤めはじめました。勤務医時代は購入していただいた歯科雑誌を読むくらいで、たまに同窓会の講習会には行きましたが、毎日大勢の患者さんを診ることが同時に勉強だったと思います。


    ⇒⇒研究会、公的活動履歴報告

健康について、そして、趣味の話

キープしたい、患者さんの健康的な身体院長あいさつ
曲がりなりにも私たち歯科医師は医療者の端くれです。指導的立場にあるのですから、お口の健康を人に言うのであれば、ほかの部分についても情報を聞き入れて実行する必要があります。

喫煙していたり、メタボリックで、お口の健康を説いても、「自分はどうなの?」と患者さんに言われては立つ瀬がありません。適度な運動をしたりして若々しさを保つようにしています。

得意なスポーツは水泳。カラオケも歌います
若い時はベストテン番組をよく見ていました。レコードを買う余裕がないのでFM番組をチェックして好きな曲がかかるのを待ち構えてカセットに録音していました。10代の時のある程度ヒットした曲はたぶん今でも何でもカラオケで歌えると思います。

大学時代は弓道部にいましたが、あまりうまくなかったです。勤務医時代は先輩に半ば強引にゴルフを勧められはじめました。開業後ゴルフスクールにも少し通いましたが、もともと運動神経は鈍いほうなので今一つで、平成7年初めでやめてしまいました。

唯一得意なのは水泳です。中学時水泳部で、水の中だけは得意でした。今スポーツジムの会員ですが、たまに泳ぎますが、水が素肌を過ぎていくのはなかなか心地よいです。あまり頻繁には行きませんが、そのジムに行くのが少ない趣味と言えるかもしれません。ほかにはカラオケですかね。年に数回ですけど。

やりたいこと、知りたいこと......、興味は尽きません!
趣味と実益を兼ねて......
骨格や姿勢のことは非常に興味があり、趣味なのか仕事の一部なのか実益なのか境界がありません。50歳代になり老化を実感する中で、それでも細身を保ち若々しくいることを今追及しています。30代の頃はややぽっちゃりもしていた時もありました。48歳以降、痩せるコツを知り、細身になりました。

今になって見た目を気にするようになりました。細マッチョで且つ、均整が取れた姿勢で健康......を目指すことが実益を兼ねた趣味ともいえます。

精神世界にも興味があります
また、誤解を恐れずに書けば、精神世界というか哲学というか、宗教っぽくもあるし、自己啓発、自分の人生をいかに生きるか、生きるとは何か?そういうことも見極めたいと思っています。以前、インドへ行ったのもその関係です。今はエドガーケイシーについて興味があります。

趣味ではありませんが1998年1月6日からベジタリアンです。正確にはラクト・オボ・ベジタリアン。健康のためから始めたのではなく、インドへ行ったことによってです。日本では厳格にはできないので、エキスや調味料は大目に見ていますし、状況によってはやむを得ず戴くこともあります。

プロフィール

院長近影はせがわ歯科医院院長:長谷川 千尋

<略歴>
昭和36年7月生まれ(稲沢市)
昭和55年  愛知学院大学歯学部入学
昭和61年  愛知学院大学歯学部卒業
同年  国家試験合格 
同年4月~平成2年9月   医療法人仁志会 夫馬歯科クリニック勤務
平成2年4月  海部郡・愛知県・日本歯科医師会・同連盟入会(正会員)
平成2年11月   はせがわ歯科医院開業
平成3年~22年  甚目寺町立甚目寺中学校・学校歯科医
平成7年~8年   甚目寺町立新居屋保育園・園歯科医
平成7年~10年  愛知学院大学歯学部同窓会愛知県支部 会誌編集委員
平成8年~     意識波動医学研究会理事
平成9年~  甚目寺町立西小学校<現あま市立甚目寺西小学校>学校歯科医 
平成9年~17年   海部郡歯科医師会会計理事
平成14年~29年  日本テレセラピー研究会理事
平成15年~21年 海部東部消防組合介護認定審査委員
平成15年~22年 甚目寺町保健対策推進協議会委員
平成15年~25年 海部(郡)歯科医師会地域医療担当
平成17年~25年 海部歯科医師会医療保険理事
平成17年~18年 甚目寺町老人福祉計画・介護保険事業計画策定委員
平成17年~22年 甚目寺町虐待防止ネットワーク協議会委員
平成18年~22年 甚目寺町包括支援センター運営委員
平成18年~22年 甚目寺町地域福祉計画策定委員
平成18年~21年 甚目寺町介護保険地域密着型サービス運営委員会委員
平成19年~    甚目寺町立南小学校<現あま市立甚目寺南小学校>学校歯科医
平成20年~22年 甚目寺町社会福祉協議会評議員
平成20年~21年 甚目寺町介護保険事業計画策定委員
平成22年~   あま市歯科医師連絡協議会
平成22年~25年 あま市保健対策推進協議会委員
平成23年~24年 あま市高齢福祉計画・介護保険事業計画策定委員
平成23年~25年 あま市虐待防止ネットワーク協議会委員
平成24年~  日本一般臨床医矯正研究会理事
平成24年~26年  あま市介護保険地域密着型サービス運営委員会委員
平成24年~28年 稲沢市中之庄町(御出島区)体育委員・大里西地区体育振興会
平成25年~27年 海部東部消防組合障害認定審査委員
平成25年~   海部歯科医師会副会長
平成25年~   海部地区急病診療所運営委員会委員
平成27年~29年 海部東部消防組合介護認定審査委員
平成28年~29年 稲沢市御出島区区長・環境委員・中之庄町土木代理
平成28年~29年 大里南部地域保全会
平成28年~29年 国府宮裸祭大鏡餅大里西奉賛会

<会員>
日本歯科医学会・日本歯科医師会
日本歯科医師連盟
日本糖尿病協会
日本学校歯科医会
日本歯科東洋医学会
日本統合医療学会
日本全身咬合学会
日本一般臨床医矯正研究会
日本ティップエッジ矯正研究会
意識波動医学研究会
日本テレセラピー研究会
日本免疫病治療研究会
国際マイオドンティクス学会
総合医療開発研究会
トゥウェンティース・スタディー・グループ
エイクレス研究会
日本エドガーケイシーセンター


<主な研修記録>
日本歯科医師会生涯研修事業認定証取得

各務先生矯正治療3日間コース
 3Dコース
 3Dアドバンスコース
 ブラケットによるフィニッシングコース
 フィニッシングのアドバンスコース
 ポール式マウスガードコース
 認定医準備のコース

宮島先生ティップエッジ矯正
 ティップエッジ矯正導入コース
   〃   2級治療のコース
   〃   3級治療のコース
 フォローアップコース
 ポストフォローアップコース

宮井先生エシックスアプライアンスコース

林先生インプラント矯正コース

デンマウスピースコース

マイオドンティクススプリント療法コース

藤井先生咬合治療コース

西村先生咬合治療6ヵ月コース

TAO東洋医学研究会のコース 4~5年

山田晶先生・ベルビック療法

伊東聖鎬先生
  空間療法箱根合宿
  空間療法掛川合宿
   〃  熱海合宿
 L・H・C触診可動検査&ソフト徒手矯正法
 L・H・C筋肉反射検査 
 L・H・Cリンパ・マッサージ
 関東1期コース
 関西2期、3期コース
 筋肉検査-ゆらぎ検査-読脳法
 M.E.T.(Mind Enlightenment Training)
 重力バランス軸調整療法
 脳・神経エネルギー回復療法
 支持骨-システム回復療法
 歯牙・筋肉・支持骨関連療法
 重心の上下
 プログラム組換え療法
 トランスファ療法
 リンパマッサージ
 ゆらぎ回復マッサージ
 ビューティー
 患者教育ワークショップ合宿
 自分プログラム組換え合宿
 脳反射検査
 筋肉検査...
 読脳法
 自分合宿

エゴスキュー・分析評価と運動療法
 個人セラピー

宮﨑先生高次元研究会
 初級・中級・上級
 意識波動医学研究会

光田先生神の探求講座
 聖書講座

<講演・発表記録>
 準備中
<文筆記録>
 準備中
<取材等記録>
 準備中


<かつて所属>
愛知県保険医協会
日本摂食嚥下リハビリテーション学会
日本産業衛生学会
日本アーユルヴェーダ学会
日本ホリスティック医学協会
サトルエネルギー学会
日本バイデジタルOリングテスト協会 

歯の神経

Q.歯の神経とは何ですか?

A.歯の神経とは正確には歯髄と言います。神経だけでなく血管、結合組織(臓器や筋肉皮膚などを繋ぐ間にある組織)からなっています。歯の根の先から歯の中に入っていきます。

歯髄の外側は象牙質、その外側は歯冠部でエナメル質、歯根部はセメント質になっています。歯が完成してからも歯髄には象牙芽細胞があり、少しずつ象牙質を中から作っています。


Q.歯の神経はいくつあるのですか?

A.前歯と下の小臼歯で1本、上の小臼歯で2本、大臼歯で3~4本あります。下の前歯や小臼歯で2本あったり上の小臼歯で1本だったり大臼歯でも2本だったり5本だったりします。


Q.虫歯が出来ると歯の神経はどうなりますか?

A.歯髄の中に象牙芽細胞がある、と書きましたが、虫歯が神経に達しないように中から新しい象牙質を作って自ら神経が露出しないように防御反応が起きます。歯のすり減り、加齢でも中に象牙質が出来ます。だんだん神経は狭く小さくなっていきます。


Q.虫歯で痛くなるとどうして神経を取るのですか?

A.歯の神経は通常根の先からだけ入っています。血管もです。虫歯が神経に達し神経で炎症が起きると、もう回復不可能になってしまうのです。

神経は歯という硬い組織に囲まれています。例えば皮膚で一部菌が入っても治療はその部分を取らなくても自然に治ってきます。それは周りから血行が豊富なため免疫力で菌を駆逐することが出来るからです。

でも歯の神経(歯髄)は炎症が起きると血行不良で壊死(えし)してしまい、もう戻らないのでそれで取ってしまうのです。


Q.少し凍みるだけなのに取らないといけない、と言われたのですが...

A.虫歯の深さすなわち神経に達しているかいないかと、実際の自覚症状は必ずしも比例しません。概ね、深い虫歯ほど凍みて痛いですが、深くても少し凍みるだけのこともあります。それでも神経まで虫歯が達していれば神経を取ることもあります。


Q.全く痛くないのに神経を取る必要がある、と言われたのですが...

A.虫歯が深くても痛みは直ぐ来ません。たまたま痛みが出る前に発見されただけで、とにかく神経まで達していれば取る必要はあります。


Q.詰め物をして終わったと思ったら痛くなって、神経を取ると言われたのですがなぜですか?

A.神経はなるべく取らない方が良いです。深い虫歯でもぎりぎり神経を残せると判断した場合は、詰めるだけにするわけですが、一旦大丈夫に見えても時間の経過と共に痛みが増す場合があります。

神経は何度も書きますが直ぐ痛くなるわけではないので、大丈夫と判断した後痛くなっても、そういうことはたまにあるわけで、やむなく神経を取ることもあります。


Q.全然痛くなかった虫歯を詰めたら凍みてきましたがなぜですか?

A.深くない虫歯の場合でも、詰めた後で凍みる場合もあります。

削ることによる摩擦熱や振動により歯の神経を刺激しますし、削った表面は敏感になっていますから仮詰めの材料が噛んで動くと刺激を感じますし、削った面の消毒や表面処理剤の刺激もありますし、風を当てる刺激もありますし、金属の場合はその接着剤の刺激、金属が温度を良く通すので冷たい刺激が和らげられずに神経まで達することに因る刺激...などにより凍みることもあります。

多くは時間とともに無くなります。


Q.凍みたのに虫歯ではない、と言われたのですが...

A.知覚過敏という状態があります。虫歯が無くても神経が敏感になり凍みる感じがするものです。冷たいものに凍みますが、歯磨きの時に毛先があたると軽度の痛みを発する場合もあります。

歯の根の表面を覆っている歯茎が下がってもともと覆われていたところが露出すると知覚過敏になりやすくなります。歯茎が下がっても何ともない場合もあります。逆にさほど下がって無くても敏感な場合もあります。


Q.知覚過敏の原因は?

A.歯茎が下がることに対しては、歯周病のこともありますし、良くない歯磨き方法で摩耗しても下がりますし、歯に掛かる噛み合わせの力が負担過大の場合も歯が揺らされて下がります。

実際にはいつも凍みることは少なく、体調によって凍みたり凍みなかったりします。必要があって歯石を取る場合に、その刺激で凍みてしまうこともあります。


Q.知覚過敏の治療法は?

A.体調を良くすることも必要ですが、直接的には神経を鈍くする薬を塗布したり、同様の目的でレーザーを照射したりします。時に凍みている部分を覆うように詰めたり、どうしても凍みがひどく戻らない場合は神経を取ってしまう場合もあります。


Q.神経を取ったのにまだ痛いのですがなぜですか?

A.いろいろあります。

取る時に麻酔をしますが、麻酔注射の刺し傷が原因のこともあります。神経を取った、ということは根の先に傷が出来ているはずです。取った後の傷が治っていなければ痛みもあります。

また、歯の神経は主たる幹の部分と枝の部分があります。1本とか2本というのは幹の部分のことです。通常は幹の部分の神経除去と清掃消毒で済みますが、枝の部分がしぶどく生きている場合があります。

幹の部分も複雑に湾曲したり分岐している場合もあります。断面が円形でなく長細かったりいびつなこともあります。

ですから、歯科医の治療の仕方が悪いと言うことではなく、神経の管(根管)の解剖的特徴のため、治療がうまく行かない場合もあるのです。


Q.神経を取って直ぐは痛くなかったのに、2回目の治療の後に痛くなりました。なぜでしょう?

A.やむなく傷を刺激してしまったため...と思われます。器具による刺激もありますし、薬剤による場合もあります。


Q.神経の治療って1回で終わらないのですか?

A.1回で終わる場合もあります。

でも繰り返し何回か行う場合もあります。神経を取った後の傷には固まった血や汚くなった薬剤や膿などが溜まっています。皮膚の傷の場合は自然と取れていったり絆創膏を剥がしてさっと取ることが出来たりします。でも狭い管の中に溜まった場合は、慎重に少しずつ掻き出す必要があります。

また、神経の管(根管)の表面はでこぼこしています。いわば鍾乳洞の壁のようものです。それをトンネルのように綺麗にしないと壊死組織や菌が残ってしまいます。そのような操作を手探りで慎重に行うため時間が掛かるのです。


Q.神経の治療と根管治療は違うのですか?

A.行うことはほぼ同じです。でも、神経の治療の場合は、生きた神経を取るだけですが、一度神経を取った後の根管治療の場合は、根管の中まで虫歯が広がっていたり、以前の密封薬剤を取ったりするため、最初に神経を取るときよりさらに時間が掛かることも多いです。


Q.神経を取ったのに軽い痛みがずっと続くのですが...

A.神経の分岐や細い枝の神経がずっと生きていたり、そこに菌が入り込んで毒素を出し続けていたり、根管外(根尖の歯根膜=歯の周囲)に炎症が波及している場合もあります。器具での清掃が行き届かなかったり薬剤も浸透して行かなくてどうしても痛みが取れないこともたまに見られます。

2013年6月 3日

フレキシブルデンチャー

当院の入れ歯治療では、フレキシブルデンチャー(バネのない入れ歯)をお勧めしています。金属を使用していないため、金属アレルギーの心配もありません。

フレキシブルデンチャー「入れ歯のバネが目立って人前でしゃべられない」という方はいらっしゃいませんか?そんな方にぜひ使っていただきたいのが、このフレキシブルデンチャーです。

フレキシブルデンチャーは見た目にも気づかれにくく、審美的にも優れているのが特徴です。また、弾性と強度があるので、装着感が少なく、壊れにくいといった特徴もあります。ほかにも、材質のつなぎ目がほとんどないため、お掃除がしやすく衛生的です。

修理が難しいというデメリットがありますが、どこの医院でも提供しているものではありません。

<フレキシブルデンチャーのメリット>
・装着しても目立たない
・違和感が少ない
・壊れにくい

親知らず

Q.親知らずってどの歯?

A.中央の歯から数えて8番目の歯です。ただし、全部の歯が揃っている場合です。一番奥の歯ということではありません。


Q.親知らずってどうして親知らずと言うの?

A.生えてくる時期が遅いのでもう、親も歯の生えることに全然関心が無く知らないうちに生えてくるから...と言うのではなく、昔は寿命が短かったので生えてくる頃にはもう親は亡くなっている事が多く、親を知らずに生えてくるから、という説が有力だそうです。


Q.親知らずはいつ生える?

A.きちんと生えてくる場合は、17~22歳くらいで萌出してきます。不完全な生え方の場合は、この時期の時もあれば、もっと後で僅かに顔を出し、生えてきた...と感じることがあります。


Q.親知らずはいつ頃からできる?

A.何と、もう3~4歳で顎の骨の中で形成が始まります。8~10歳でレントゲンで写るようになります。


Q.親知らずの無い人はいるの?

A.もともと無い人はいます。しかし、無いと思っていても結構埋まっている人は多くあります。歯科医院でレントゲンを撮って初めてある事を知ることも少なくありません。不完全な生え方の人が最も多いです。


Q.親知らずが痛くなるときは?

A.1つには虫歯です。多いのは生えてくる時や、不完全な生え方で止まってしまった場合に歯茎にばい菌が入り膿んで腫れることによる痛みです。


Q.親知らずはなぜ良く腫れる?

A.きちんと生えていないことが最大の原因です。少しか顔を出していないとか、生えているように見えてもまだ少し埋まったまま...であるような場合、特に斜めになっていたり横向きになっていると問題です。

埋まっていても、本来外にでてくる歯の頭の部分は周りの骨や歯茎とくっ付いておらず、ポケット状に深い隙間があるのです。菌が入っていきやすいような形になってしまっているのです。

普段は自身の抵抗力で防いでいて何とも無くても、疲れがたまったりして体力が落ちると腫れてきます。


Q.親知らずから頬やのどの方まで腫れてくるのは?

A.解剖学的に、顎のあたりは筋肉がいろいろ複雑にあり、筋肉と筋肉の間の疎な部分である結合組織が多く周囲に波及しやすい構造になっているからです。口を開けにくくなるのは、口を開ける筋肉まで波及して筋肉がこわばり動かせなくなるからです。


Q.親知らずはなぜきちんと生えないの?

A.系統発生学的に退化傾向にある歯だからです。生物の進化の過程で使われなくなりつつあって失う傾向にあるからです。人では他に、尾てい骨や耳を動かす筋肉、虫垂(盲腸)などあります。


Q.親知らずの害は?

A.よく腫れることが最大の害ですが、他には歯並びを悪くする、かみ合わせを悪くする、肩こりの原因になる、埋まっているうちに嚢胞(のうほう)になる、前の歯の後ろに虫歯を作る...など挙げられます。


Q.親知らずは抜かないといけないの?

A.不完全な生え方では噛むという歯の機能を発揮せず、かつ腫れやすいのでは何も用をなしていないということですから抜歯したほうが良いと言えます。腫れなくても、前段のようにいろいろ弊害がありますし、少々の虫歯でも奥過ぎて器具が届かず削ったり被せたり出来ないこともあります。

器具が届いても、退化傾向である親知らずは生え方ばかりでなく、形や大きさも異常がある場合があり抜歯することがあります。

歯列矯正した場合には生える前に抜歯することもあります。生えてくる時に前の歯を押して再び歯並びを悪くする可能性があるからです。

きちんと生えていても、相対する歯が無いとかきちんと生えていないとかであると、出っぱって来て邪魔になったり相対する歯茎に食い込んだりすることもあり、そのような場合も抜歯します。


Q.親知らずの利用価値は?

A.きちんと生えていれば、噛むという本来の機能を果たします。他の歯も全てきちんと生えていれば噛む力だけでなく噛み合せから来る良い作用を十二分に発揮する可能性もあります。イチロー選手は親知らずまでしっかり生えていると聞いています。

特別な場合として、他に抜歯した部位に移植するとか(条件が合った場合)、矯正や虫歯ですぐ前の歯を早期に失った場合にその歯の代わりになることもあります。


Q.親知らずを抜いたのにまた生えてきた人があるって聞いたのですが?

A.まれですが、一箇所に2本の親知らずがある方があります。親知らず以外でも過剰な歯がある場合があります。それが親知らずの場所に出来たと思われます。先祖返り現象だと言う説もあります。


Q.70歳で親知らずが生えてきた!?

A.これもまれですが、入歯が合わなくなったと思って痛いのかなと思ったら歯が生えて来て驚いた...というお年寄りがありました。

見かけ上は生えてきたように思えても、実際にはだんだん顎の骨が痩せてきて、以前は完全に骨に埋まっていた親知らずが相対的に表面に現れてきた状態です。親知らずの位置は変わっておらず成長期のように生えてきたのとは異なります。

しかし、同じようにばい菌が入ることはあり、50年ぶりに親知らずの痛みを体験した...などと感想を言われました。


Q.親知らずは抜くとすごく痛いと聞いていますが?

A.体調を整えて抜歯に臨み、薬もよく効けば、強い痛みもなく済む場合も多いはずです。抜歯後に非常にいたい思いをする方はむしろ少数派だと思います。意外に痛くないのですね...と言われる方は多いです。

それでも凄く痛いというイメージがあるのは、そのような体験をする方も確かにありますし、大変な経験をした場合はそういう方は同情もしてもらいたいし、話も聞いてもらいたいし、大勢の人に吹聴して回りますから、そういう情報が広がってしまうのです。


Q.親知らずはどこで抜くと良いか?

A.ある程度までは、不完全な生え方でも開業医で抜歯出来ます。斜めでも横向きでも状況により、またその先生の技術により抜歯は可能です。かなり深く埋まっていて困難な場合や、顎の中の太い血管・神経に接している場合などで、病院の歯科口腔外科を紹介されます。


Q.歯科口腔外科で入院して抜歯しなさいと言われましたが...?

A.親知らずは1本でも抜歯に長時間かかる場合も多く、あまり長くかかると患者さんの体力的・精神的負担も多くなりますから、静脈内沈静法や全身麻酔を用いる場合もありその時は入院が適しています。その場合は一度に複数の歯を抜歯します。通院で1本ずつ抜歯することも出来ます。


Q.一度に4本も抜いて大丈夫ですか?

A.歯科口腔外科で入院して全身麻酔下で一度に4本抜歯することは、最近良く行われています。

利点としては、一度に済むということ、全身麻酔なので術中の苦痛が無いこと、抜歯後に何か不調があっても24時間管理下なので安心ということ、術後十分身体を休めることが出来ること...などです。

欠点は入院するために学校や仕事を休まなくてはならないこと、入院や全身麻酔の分だけ費用がかかること、自宅から遠い場合もあることなどです。


Q.親知らずを抜く前の注意事項は?

A.痛みや腫れがある場合は、まずそれが引くまで待ちます。

寝不足、疲れ気味、風邪を引いているような時期は避けます。予約のときにそうなってしまった場合は延期した方が無難です。女性の場合は生理中も避けましょう。とにかく体調がいい時に抜歯します。これは他の歯の抜歯もほぼ同じです。

抜歯により膿を多く出して早く楽になると思われるような場合は、まだ腫れていても抜歯することはあります。

体調が良くても、その後で旅行、スポーツ、多忙などで疲れる可能性のある予定がないようにします。疲れることが無さそうでも、万が一腫れて休むと非常にまずいような重要な予定があるときも避けた方が良いでしょう。

あらかじめ薬をもらっておき、抜歯の前の食後に飲んでおくと、抜歯時十分な薬の成分があることになり腫れる確率を下げることが出来ます。


Q.親知らず抜歯後の注意事項は?(長文)

A.抜歯後は、運動など、普段より余計に疲れることは控えましょう。飲酒も控え、入浴は軽くにし(ないし控える)、食事は刺激の強いものは避けます。

薬はきちんと服用してください。出血が少々あってもうがいをし過ぎないこと(固まりかけた血が取れて余計に出てきてしまうので)、もし出血が気になる状態ならガーゼかなければティッシュでもよいのでぎゅっと噛んでいれば大丈夫でしょう。

煙草も控えたほうが無難だと思います。絶対だめ、ということではないですが、飲酒もそうですが一時的に血圧、脈拍が上がるので炎症が広がりやすいと考えられます。

抜歯後、もし、患部周囲の頬が熱をもって腫れてきても冷やさないで下さい。冷やすのはかえって恢復を遅らせます。

歯磨きは、触れて痛くない範囲で、そばまで磨いて下さい。汚れがたまるのは傷の治りにマイナスです。血が止まってからということで、うがい薬を出されることもあります。

注意事項を守り、薬をきちんとのめば9割方はほとんど強い痛み、腫れは無いと思います。が、病院の歯科口腔外科の場合は比較的難かしい抜歯が多いでしょうから術後の痛み、腫れはむしろ多いかも知れません。仮に出ても概ね1週間~10日で気にならなくなりますが、「ご飯つぶがはさまる」ような感じはもう少し続きます。

腫れが続く場合は、薬が途切れないようにして下さい。無くなる頃まだ治まっていなければ予約前でも受診したほうがよいでしょう。

親不知抜歯後の不快症状としては、一時的に口が開けにくくなる場合があります。口を開ける筋肉の周囲まで炎症が進むのが原因ですが、腫れが退くとともに必ず戻りますから心配要りません。

出血が止まらないときは、病院なら当番医に緊急連絡がかかり大丈夫でしょうがもし行けなければ近在の歯科医院でよいですから処置をしてもらって下さい。親不知の前の歯が凍みてくることもありますが、暫くすれば治まります。


Q.抜けなくて途中で抜歯を中止されてしまいました......

A.ある意味でその歯科医の懸命な判断とも言えます。

開業医での抜歯や、病院の歯科口腔外科での外来での抜歯で、あまりに長くなりそうな時は中止した方が無難なこともあります。日を改めて抜くとすぐ抜けてくることもあります。歯冠だけでも取ってあると炎症で根がだんだん表近くに出てくることもあります。


Q.抜いた後痛い理由

A.埋まっていると通常の抜歯より傷が大きく深くなりやすい歯茎の切開・剥離、骨の開削を伴うことがある歯を切断する歳に骨に多くの水があたってしまうと骨細胞が壊死しやすい時間がかかるほど細菌感染が多くなる・・・などの理由が挙げられます。


Q.抜歯後出血

A.まる1日くらいは多少にじむ程度のことはあります。問題は傷口を圧迫していても半固まりの状態で止まらずどんどん出てくる場合です。歯科医院で止血処置をしてもらう必要があります。しっかりと縫合するか、止血効果のある薬剤等を用いるか、シーネを作って蓋をすることもあります。

ガーゼなどぎゅっと噛んでいるとだいたいは止まるはずですが、緑茶のティーバッグを噛んでいるとタンニンの作用で止まりやすい場合もあります。


Q.抜歯窩治癒不全症

A.術後うがいのし過ぎや、術中水のかかりすぎ、体調不良、抜歯に時間がかかった...等で傷の治りが悪い状態です。

血の塊に傷口が覆われず、一部の骨が露出したままになっています。痛みも続きます。そのままでは治りにくいので、傷口に薬剤を詰めたり、掻爬したりなど治癒を促す処置が要ります。最初は問題ないように思えても、なかなか痛みがとれず後で治癒不全と分かることも少なくありません。


Q.抜歯後どのくらいで治るの?

A.傷の深さにも因りますが、親知らずですと、3~4ヶ月はかかると思います。歯茎は2週間もするとかなり盛り上がってきますが、穴に骨が出来てくるのに時間が掛かります。

抜歯後1ヶ月くらいは時無しに軽度の痛みや違和感を感じることもありますが、最初の痛みや治癒不全が無くなってからは、心配は要りません。食べ物が穴に挟まって気になることもありますが、必ず取れていきます。


Q.親知らずは、抜いたままでいいのですか?

A.親知らずを抜歯した後は入歯やブリッジは入れません。相対する顎に親知らずが残っている場合は、それがすぐ前の歯と噛んでいないような場合等、役に立っていないのであれば、それも抜歯したほうがよいです。


Q.抜歯して治って来てから尖ったものが出て来ました...

A.親知らずに限りませんが、奥の方で見にくい場合、また、虫歯でぼろぼろだった場合等に、かけらが残ってしまうことがあります。多くは自然とでてきますから大丈夫です。出て来たら抓んで除去します。

また、抜歯窩の上方の歯茎や骨は少し吸収されますが、歯茎の吸収速度と骨のそれとは違い、歯茎の速度に間に合わず骨のとがったところが飛び出してしまうこともあります。この場合も飛び出した部分を除去してやれば大丈夫です。


Q.薬はいつまでのむの?

A.一概に言えませんが、簡単に抜けたような場合は3日ほど服用すれば済むことが多いように思われます。痛みが続けば5日とか一週間とか続ける場合もあります。

最初の薬が効きにくい場合は、変更して飲み続けます。必ずしも次の予約の日と出された薬の量が合うとは限りません。

予約がまだ先で、しかし痛みや腫れが気になる場合は薬だけでももらいに行った方がよいです。切れてからまた飲むより、続けて飲んだほうが早く治るし合理的です。また、明らかに快復して来るまで続けてこそ、耐性菌を作らずに済むのです。

出された分は勝手に止めたりしないでください。少し飲んだだけでも治っていくことももちろんあるでしょう。自身の免疫により自然治癒能力があるのですから。しかし、万が一急に止めたことにより悪化しては困ります。


Q.親知らずは麻酔が効きにくい?

A.上の親知らずはそうでもありません。下顎は親知らずに限らず大臼歯あたりは骨が厚いので、麻酔薬が浸透しにくい特徴があります。よってやや効きにくい傾向はあります。

対応としては、当然多めに注射したり、歯根膜(歯と骨の間)に細い針で注射したり、骨の中の大元の神経付近を麻酔したりします。抜歯の時のほうがむしろ麻酔は効きます。なぜなら歯の周囲が効けばよいからです。

歯の周囲が効いていても、歯の中の神経が効いていないこともあります。削って詰めるとか神経を取るとかの方が麻酔が効かず手間取ることがあります。


Q.おまけ,親知らずが解いた殺人事件
※注 かなり前に書いた文章で、且つ、内容はそのまた何年も前のこととしてお読み下さい。

A.地元警察署と地区歯科医師会の連絡協議会で、署長が紹介された話です。

以前の赴任先でのことだそうです。
公園に布団にくるまれた半分白骨化した死体が発見され胸に刺し傷があり殺人事件で捜査が開始されたのは良いが、身元がさっぱり分からない...。医学部法医学教室の鑑定では、15、6歳から40歳くらいの幅の広い年齢しか分からなかったそうです。

愛知県歯科医師会には警察協力医会があり、その会合で理事の先生に少し話したと「おれの診療所に遺体を持ってこい、見てみるから...」といわれ、そうは言われても...と思いつつ持っていくと、「20~23歳くらいだろう...」「きちんとした暮らしをしていたが、ある時環境ががらりと変わった可能性がある...」と、検屍の結果をコメントされたそうです。

年齢が絞られたことで、捜査線上にガイシャが浮かび、結局OLを辞めてソープ嬢として働くようになった女性と分かり、犯人も程なく見つかったとのことです。推理小説等とは違い、被害者の身元が分かれば多くは加害者を特定するのは困難ではないそうです。

なぜ、20~23歳と分かったか...親知らずなのです。親知らずは根の先まで完成するのは23~25歳。骨のレントゲンを撮り、根の先がまだ出来ていなかったので、そのくらいの年齢と判断できたのでしょう。法医学教室では、多分もっと複雑な検査で骨を分析したりしていたのでしょうが、歯は軽視していたようです。

生活環境が変わった...と推理した理由は、きちんと治療してある歯とそうでない歯との差が激しく、きっと規則的な生活から不規則なそれに変わったと考えたのだそうです。

それにしても、その先生、自分の診療所に殺された遺体持ってこさせ、そこまで推定したのは大したものだと署長(当時は署長でない)は大変感心されたとのことでした。

ついでに、たまたまキャリアの若い署長が赴任して最初の事件で、それが見事解決したと言うことでキャリア署長は大変喜び、スライドにして今も持っている...ということです。

しかし、その先生のスタッフからは、遺体の運ばれてきたときは非難ごうごうだったとのこと...。でも無事解決されそのあと尊敬されたことでしょう。

全身的影響・その他Q&A

全身的影響

レントゲン
移植
親不知
漂白
スポーツ
その他

 

全身的影響・その他

Q.歯ならびが悪いのですが、身体に与える影響はありますか?

A.歯並びが悪い、すなわち概ね噛み合わせも悪いとも言えるでしょうが、肩こり、首のこり、偏頭痛、耳鳴り、めまい、手のしびれ、五十肩、背中の痛み、顔の歪み、目への影響、喉の違和感、姿勢への影響、心理的影響、その他いっぱいあると思います。

歯並びが悪く、あまり良く噛めなければ、胃腸に負担がかかって悪くなることも十分考えられます。ただ、若い人は余り負担に感じないでしょうが。

でも、どうして歯並びって悪くなってしまうのでしょう?逆に、姿勢や身体の使い方が悪いから歯並びも悪くなると言う考え方もあります。


Q.ガムを噛むと鼻水が止まるそうですが...

A.シュガーレスガムをいつもよく噛む方でない側でずっと噛んでみましょう。顎が疲れたらガムをはさんでいるだけでも良いです。口で息をしながら噛んではいけません。鼻水が出ていても鼻で息をすることです。

不思議なことに、鼻水が完全とは行かなくても落ち着いてきます。風邪でも花粉症でも良い。咳でも軽快します。

発生学上、噛む筋肉(咀嚼筋)は下等生物のえらを動かしていた筋肉に由来するのです。えらからは心臓も、内分泌、免疫関係の組織その他重要な臓器が進化の過程で分化してきました。

細かい理屈は飛ばしますが、えらを動かしていた筋肉に由来する咀嚼筋をよく使うことは、ヒトでも免疫機構に良い影響を及ぼすのです。

ただし、ガムを止めるとまたくしゃみが出だします。残念ながら、治るというところまでは行かないようですが辛い時期を緩解することはできます。


Q.親不知と肩こり腰痛との関係は?

A.万が一、下顎の親不知がその前の歯より出っ張っていたら、それは抜いて下さい。両方出っ張っていたら、腰を痛める確率は高くなります。

中央で噛み合わせた状態から、歯を接触させたまま下顎を片方にずらしていった場合、ずらした方と反対側の歯が上下接触していたら、肩こりや腰痛が起きる可能性はあります。

例えば左に下顎をずらしたら、左の上下の歯同士のみ接触し、右は離れなければならないのですが、右の奥歯があたっていると問題です。肩こり、背中の痛み、腰痛も出るかも知れません。

しかし、では削ったりして治せばいいかというと、なかなかそうは問屋がおろしません。歯が健全だったとして、歯を削ってももし肩こり腰痛が治らなかったら?...健全な歯を削ったということで訴えられても文句は言えません。

よってなかなかできません。しかし、たまたま虫歯とか歯周病で或いは入れ歯であって削ったり抜いたりしても全然差し支えないときには、思い切ってできるのですが。

自分自身で改善できることとしては、食事は両方の顎で均等に噛むこと、且つ1口30回噛むこと、左右差が大きいときは普段噛まない方でシュガーレスガムをよく噛むのもよいです。睡眠は上向きに寝ること(8時間)。とくに、噛み癖のある方を下にしないこと。枕は低く柔らかめにすること。

噛み癖の反対側の肩をあげること、「休め」も反対側の足を前に出すこと、口呼吸をしないこと...などですが、これらは一般論的に言っていますので、個人にどの程度合うかは分かりませんので、その辺はご了承下さい。


Q.子供の頃からガムを噛むと良いのですか?

A.何がいいかといいますと、

1、唾液がたくさん出る。唾液には、自浄作用、抗菌作用、歯質の表面の再石灰化作用などがある。
2、必然的に口を閉じているので、口呼吸の癖がつきにくい。
3、唇、舌、頬の筋肉が十分発達する。
4、すると、顎が十分発達するし、歯並びがよくなる。
5、よく噛むと脳の発育にもよい。
6、よく噛むと免疫機能も十分発達する。
などです。

ただし、くちゃくちゃ音がするような噛み方は駄目です。大人でも噛むといいです。但しシュガーレスガムでいつも噛んでいない側でかむことが大切です。差し支えなければ仕事中でもいいと思います。


Q.歯と流早産は密接に関係してるのですか?

A.「THE NEW YORK TIMES HEALTH WEDNESDAY, OCTOBER 9, 1996」によると、妊娠した女性の歯肉に歯肉炎や歯周炎があると、低出生体重児出産にいたる危険性が、健康な歯肉をもった妊産婦の7倍増加するという研究が報告されました。

93名の低出生体重児を出産した女性と31名の正常な体重児を出産した女性の歯周疾患(歯肉炎、歯周炎)の状態を調べた結果、早産・低体重児を出産した女性は、歯周疾患の程度・拡がりが正常な体重児を出産した女性よりかなり悪いことが判明したとのこと。

口腔内の歯周病に関連する細菌や感染対する生体(母体)の反応が胎盤や胎児の成長に影響を及ぼし、早産や低体重児出産を招いたのではないかと考えられています。

今年の米国歯周病学会の報告によると、広範囲型(全体の1/3以上が歯周病)だとよりリスクが高いということでした。

ただ、発表した学者が具体的にどのような状態を示してそう言っているのか、今ひとつ、末端の私たちの方に伝わってこないため、進行具合で分かるのか、細菌検査によるのかはっきりしません。

実際には、妊娠中の歯周病は軽度も含めればかなりの頻度で見られます。手入れに気を付けるに越したことはないでしょう。


Q.歯が無くなると仕事の能率が悪くなるのですか?

A.広島県歯科医師会公衆衛生部及び労働衛生コンサルタントのグループが、広島県下の中小企業75事業所の就労者2565人(男性1705人、女性728人)を年代別、職種別に、通常の歯科健診とともに、自覚的疲労度、健康維持習慣の程度を同時に調べた結果、興味深い関連がありました。

■職種別
男性30代で運輸・技能生産職で喪失歯が多く、専門・技術職で少なかった。男性40代で販売・サービス業で喪失歯が多く、管理職、専門・技術職で少なかった。女性では、職種、年代別で有意差はなかった。

■喪失歯と自覚的疲労
男性の20代から50代までで喪失歯が多いほど自覚的疲労感の種類が増すことがわかった。男性の60代と女性(すべての年代)は相関はなかった。

■健康維持習慣
男性30代と40代で喪失歯が多いほど、健康に気を配る習慣が少なかった。喫煙者は非喫煙者に比べて喪失歯が多かった。

※自覚的疲労‥‥産業衛生学会提唱のスケールがあります。
眠い、だるい、頭がぼんやりする、考えがまとまらない、いらいら、根気がない、肩こり、腰痛、めまいなど30項目をチェックし疲労の度合いを調べる。

歯だけですべてを云々する気はありませんが、歯が少なくなると仕事の能率影響がある、ということは十分ありうると言えそうです。実際、治療をしていったら上記のような不定愁訴がなくなることはよく経験します。
 

Q.腫れて化膿止め(抗菌薬)と痛み止めをもらったのですが、あまり痛くなくなったのですぐ止めてもいいですか?

A.一旦腫れが引きかけていても、体調によってはぶり返すこともありますので、抗菌薬は1~2回飲んですぐ止めるという飲み方は好ましくありません。3日ほどは続けた方が良いと思います。止めてから1日2日たってまた腫れてまた飲むという飲み方は耐性菌を作りやすくしてしまいます。

飲みかけたらすぐに中止しないこと、また、3日で足らない場合は続けて飲むべく薬の追加を受けることも大切です。

鎮痛剤は、耐性とは関係ないので痛みが軽度であれば、止めていけないことはないですが、頓服でだされている場合はともかく、内服で2~3日出ている場合は、腫れを早く引かせる作用も入っていてそれを期待しているので、やめない方がいい場合もあります。


Q.授乳中ですが、薬を飲んでも大丈夫ですか?

A.妊娠中とか、授乳中は薬に関しては色々心配はあろうかと思います。母乳にも、当然のことながら薬は移行します。どんな薬でも、絶対安心などとは書いてありません。

しかし、市販の薬でも薬局で薬剤師がいれば、ほぼ影響ないと思われる薬を選んでくれるでしょう。歯科医院でも然りです。

母乳というのは、体調によって結構影響されます。ずっと痛くてそれがストレスになっている母乳をずっと飲ませるより、さっと痛みを取ったほうがいいのではないでしょうか?

どうしても心配でしたら、薬の服用中だけミルクにすればいいのです。
 

レントゲン

Q.レントゲンが身体に溜まるとどんな異常が起こるのですか?

A.X線は放射線の粒子ではない一種ですが、細かいことは省きますが、撮影時スイッチを押したときのみ機械から照射され、フィルムを感光させます。その前後、体の中にも部屋の中にももう存在していないのです。

放射能とは、放射線を出す能力のことですが、放射性物質のようなニュアンスで使われることもあります。放射性物質は持続的に放射線を出すので、もし体内に入ると暫く存在し続けるものです。レントゲンとは全然違う性質なので、誤解ないようにして欲しいと思います。

いろいろ機種があるのではっきりと言えませんが、続けざまに何千回と照射してはじめてごくごく軽度の害が発生するくらいです。数回続けて撮影されたからといって全く心配には及びません。


Q.神経の治療で何回も同じ場所の撮影をしましたが大丈夫ですか?

A.基本的に術前、術中、術後と3回撮影します。私は術中は省くことがしばしばです。あまりエックス線を当てないと言う配慮ではなく、単純に手間を省くためです。一回の照射線量は非常に僅かで何千回何万回連続撮影して初めて、何らかの少しの反応が出るという程度なので心配要りません。


Q.レントゲンを撮った後、妊娠していることが分かりましたが大丈夫でしょうか?

A.妊娠が分かっている場合は普通は撮影しません。しかし、上記の理屈で言うと、全く心配は要りません。特に歯科の場合は、頭部を撮影し、鉛の防護エプロンでお腹を遮蔽しますので、かなり精密な線量計でも腹部の線量は計れないほどです。

でも撮影しないのは、数字的には危険度は0にはならないこと(現実的には0と同じですが)や理屈では分かっても気持ちではどうしても不安になってしまうといったことに対する配慮です。また、万が一他の原因で子供に何かあった場合に、レントゲンのせいにされないように...ということもあります。
 

移植

Q.歯の移植なんてできるのですか

A.出来ます。多くは親不知を利用します。

親不知がきちんと生えていなくて、何事も無ければ放置しておくことがあっても虫歯が出来たり歯茎が腫れたりしたら抜歯しか選択肢がないような親不知である場合、通常なら抜歯されてお終い...というところが、移植されて噛むようになれば、だめになった歯のところに新たに歯が生えたと同じことになります。

ただし、移植したら必ず成功するとは限りません。よってやってみたがだめだったということも考えておく必要もあります。

でも、その親不知はどのみちそのままでは利用価値のない歯だったのですから、抜いたのが損ということにもならない筈です。大事な歯を抜いたのではないのです。

もしだめだった場合は、インプラントか、ブリッジ、義歯になります。条件が合う場合が余りないので私もまだ10数例しかありませんが1例は不成功に終わりました。その1例はやや骨が少なくてどうかな?と事前にもう余り適応症でないことが分かっていましたが希望され試しに行ったものでした。

若くて十分骨があればかなり成功率は良いのではないかと思います。最高は50代で成功しました。
 

親不知

Q.親不知抜歯の注意事項は?

A.横向きの親不知は、私の場合、自分で結構抜くのですが、困難に思われるものは病院の歯科口腔外科に回します。

さて、まず抜く前からのことから話します。下の親不知で横向きの場合等は1時間くらいは覚悟しておいたほうがいいと私は思います。30分で済めばそれはそれでいいでしょう。
また、出張や旅行、重要な予定が後に控えている直前の予約は止めましょう。女性は生理にあたらないようにしたほうが無難です。

予約当日、もし、疲れがたまっていたり、風邪をひくなど、体調を崩していたら迷わず延期しましょう。抵抗力の落ちているときに抜歯すると、通常より痛みや腫れが強く出てしまう可能性があります。

抜歯後は、運動など、普段より余計に疲れることは控えましょう。飲酒も控え、入浴は軽く(ないし控える)、食事は刺激の強いもの以外は普通でよい、薬はきちんと服用する。

出血が少々あってもうがいをし過ぎないこと(固まりかけた血が取れて余計に出てきてしまうので)、もし出血が気になる状態ならガーゼかなければティッシュでもよいのでぎゅっと噛んでいれば大丈夫でしょう。

煙草も控えたほうが無難だと私は思います。絶対だめ、ということではないですが、飲酒もそうですが一時的に血圧、脈拍が上がるので炎症が広がりやすいと考えられます。

抜歯後、もし、患部周囲の頬が熱をもって腫れてきたら冷やして下さい。ただ、1~2日までにして下さい(身体全体が発熱したときはもう少し延長もあるが)。ずっと冷やすのはかえって恢復を遅らせます。

歯磨きは、触れて痛くない範囲で、そばまで磨いて下さい。汚れがたまるのは傷の治りにマイナスです。血が止まってからということで、うがい薬を出されることもあります。

注意事項を守り、薬をきちんとのめば9割方はほとんど強い痛み、腫れは無いと思います。が、病院の歯科口腔外科の場合は比較的難かしい抜歯が多いでしょうから術後の痛み、腫れはむしろ多いかも知れません。

仮に出ても概ね1週間~10日で気にならなくなりますが、「ご飯つぶがはさまる」ような感じはもう少し続きます。腫れが続く場合は、薬が途切れないようにして下さい。無くなる頃まだ治まっていなければ予約前でも受診したほうがよいでしょう。

親不知抜歯後の不快症状としては、たまに一時的に口が開けにくくなる場合があります。口を開ける筋肉の周囲まで炎症が進むのが原因ですが、腫れが退くとともに必ず戻りますから心配要りません。

出血が止まらないときは、病院なら当番医に緊急連絡がかかり大丈夫でしょうがもし行けなければ近在の歯科医院でよいですから処置をしてもらって下さい。親不知の前の歯が凍みてくることもありますが、暫くすれば治まります。

こんなところです。偶発的なことは稀中の稀まで言えばまだまだありますが。

あまり詳しく知らせるとかえって不安がつのり、「抜くのはまたにする」と言われることもあります。でも、それでいいと私は考えています。先延ばしがかえってその患者さんにとって良くないから抜きましょうと言っているわけですが、今は患者さんが決める時代なのですから。

抜歯後の注意は必ず説明があります。抜いたときもし、何か気になることが浮かんだら何でもいいから確認しておきましょう。


Q.親不知は抜かないといけないの?

A.しっかり生えて噛んでいれば必ずしも抜歯するわけではありません。以前名古屋で放映されたテレビ番組によると、オリックスのイチロー選手は親不知までしっかり噛んでいるそうです。しかし、親不知は系統発生学的に退化傾向にある歯なのです。

最近の、軟らかい食事で顎が小さくなっている云々と言うことでなく、長い人類の歴史の進化の中で生えなくなってきている歯なのです。化石人類ではしっかり生えていることが分かっています。

よって、もともと無い人もあれば、小さい歯の場合、埋まって生えてこない場合、中途半端に生えている場合、生え方がおかしい場合等々あり、詰めたり被せたりという通常の治療が出来ない場合が多く、すぐ抜歯を選択せざるを得ないのです。

また、不完全な生え方の場合、歯茎に黴菌を感染させやすい状態になっているので腫れやすく、虫歯等無くても抜歯に至ります。
 

漂白

Q.歯を白くしたいのですが

A.まずは通常の歯石除去やしっかりしたブラッシングをして貰います。そう言う基本的なことがおろそかになっていて「きたない」かたもあります。歯石と一緒に表面の着色も除去すると結構白くなります。

それ以上に綺麗にする場合ですが、歯周病治療の一環ですがPMTCという処置をすると副次的に歯が綺麗になり白くもなります。これもお勧めです。前歯のプラスチックの詰め物が長年経って変色してきた場合は、詰め直しをすれば白くなります。虫歯が再発していない限り余分に削ることはありません。

歯の質そのものが変色している場合は、漂白になります。神経を取ってあっても被せていない場合、歯が変色していきますが、この場合は健康保険が効きます。神経がある歯は保険外です。※(後日加筆)現在は全て保険外です。

アメリカでは日本のメーカーも含めてかなり以前より、歯の漂白剤が売られてきましたが、日本で使用が認可されたのはまだ最近です。一度に一本につき2~3回を5~6回(日)まで繰り返します。当院では一回一本1500円です。

漂白の欠点はまた少しずつ戻ることです。個人差がありどのくらいとは言いにくいですが、1年ほどすると少し戻ったことが分かるかも知れません。戻らない方法としては、或いは漂白が適応でない歯の場合は、ラミネートベニアと言ってセラミックの薄い殻を貼る方法があります。当院では一本81,000円です。

ついでに歯並びも少し修正するとか、虫歯も一緒に治療する場合などね被せた方がいい場合は、冠を白く作れば良いです。保険適用の冠もありますが、プラスチックなので数年すると変色します。それが嫌な場合はセラミック冠ですがやはり自費で70,200~81,000円します。
 

スポーツ

Q.スポーツの時にはめるマウスピースはどんな作用がありますか?

A.一つには、スポーツによる怪我防止の目的があります(マウスガード)。古くから填めるのが当然であったボクシング以外でも、アメリカンフットポールや極真空手などでも必須となっています。

ラグビーやラクロスなど一部義務化されている種目もあるようです。

怪我防止だけでなく、筋力アップの作用も期待できます。これには適正な下顎位が必要になることもあります。

簡単に自作できるキットもよく売られているようですが、やはり歯科医院でカスタムメイドのマウスガードを作る方が良いと思います。

当院ではポール式マウスガードをお勧めしています。
喋りやすく、瞬発力も期待できる形態を作ることができます。

 

その他

Q.歯の詰め物から環境ホルモンは出るのですか

A.1997年にNHKで放映されたときが最も話題になり、除去すべく歯科医院に走った人もいたとのことですが、ひとまず、冷静に行動してほしいと思います。

樹脂材料は液かペースト状でそれを詰めて重合させ硬化させます。重合させたあとに口の中で溶出するのかという点、人体に影響がある濃度なのかという点などが問題ですが、実際に樹脂材料を詰めてある歯科医の唾液やら血液を調べて、検出できなかった...というアメリカの出したデータがあります。

実験室で直接作用させて環境ホルモン作用があることが分かったとして、実際の使用状況でもそうだとは限らないのです。

溶媒に溶かして培養した細胞に作用させて実験をしているのですが、診療室で実際の使用時は固まらせます。通常の使用時に溶け出して、同様の作用を及ぼすと確認されたわけではありません。

報道自体嘘ではないのですが、ごく限られた実験により、全ての材料が黒であると歪曲されてしまっているのです。先の国会で質問事項にも取り上げられ、政府からは大丈夫である旨の答弁がなされています。よって、皆様の口の中のものもいまのところ...大丈夫でしょう。


Q.歯科の訪問診療(往診)時の負担金について

A.平成12年4月より介護保険が始まりました。

介護と医療は分けられたわけですが、「指導」の部分は介護保険に請求することになっており、医療費の個人負担の無い方でも負担がかかることがあります。


この部分は、要介護の度合いで決められている受給限度額とは別枠なので、頻繁に往診を受けたからといって受給額が減るわけではありません。


Q.歯科衛生士さんって歯科助手ですか?

A.「看護師」という資格は誰でも知っていますが、歯科の「看護師」に相当する資格を知っている人は意外と少ないと思います。

歯科衛生士は3年の専門課程を修め、国家試験に合格すると取得できます(以前は2年でした)。よく似た「歯科助手」というのは、公的な資格ではありません。歯科医師会が講習を開き認定するものや、そういう名の資格を出す1年の学校や通信教育はありますが、公的資格ではありません。

何が違うかというと、患者さんに対して歯石除去や薬物塗布、ある種の詰め物の研磨等、またはブラッシング指導など、医療行為の一部ができるのです。熟練すれば、歯科医師の監督の下、広範囲の医療行為も可能です。
歯科助手はそういうことはできません。

看護師さんもそうですが、歯科衛生士はいまだ売り手市場です。就職率は100%です。歯科医院が増える中、また、内容の濃い診療が求められる中、当分この状態は続くでしょう。歯科医院だけでなく、メーカーや行政の就職先もあります。

介護保険のケアマネージャーの試験を資格を取りやすい職業でもあります。

さて、不足している衛生士さんですが、各医院に何人いるかというと平均1人いるかいないかです。あとの白衣のアシストは助手ということになります。しかし、結構偏在しており、いっぱいいる医院と全然いないところ(歯科助手のみ)もあります。

いないところは、衛生士の業務もすべて歯科医が行うことになります。いないところの医院には悪いのですが、当院は5人(1人はパート)も勤務しています。

以前こんなことがありました。いつものように衛生士に歯石除去をある男性の患者さんに指示しました...。ところがあとで文句の電話がかかってきました。先生がやるべきことなのにただの女の子に治療させた、と言うのです。

資格のことを説明したのですが一旦不信をもたれた場合、なかなか理解はしてもらえません。きっと以前かかっていた歯科医院では歯科衛生士がいなかったのでしょう。

内科の先生が、傍らの女性(今は男性も増えてきたが)注射を指示した場合に、「医師が注射すべきなのにただの女の子に注射させた」と抗議するでしょうか?看護師さんだと疑いもしないでしょう。

まあ、上記のような方は稀とは思いますが、名前を知らない人は多いと以前から思っていました。みなさん認知して下さいね。「歯科衛生士」です。


Q.食べ物で性格が変わりますか?

A.※少し前の新聞より※

子供たちがスナック菓子などを多食し、きちんとした食事をしない「現代型栄養失調」が「キレる」一因と指摘する専門家もいる。

広島県の福山市立女子栄養短大の鈴木雅子教授(栄養学)は1980年代、福山市と尾道市で、中学生1027人を対象に食事と心の関係を調べた。

野菜・魚などをよく食べるか、カップ麺や缶ジュースをとっているかなどの質問とともに、「誰かをいじめているか」「すぐかっとなるか」なども尋ねた。食事内容によってによって5グループに分けると、食事が悪くなるほど様々な問題が増えていた。

食事のランクが良い方から悪い方まで5段階あり「すぐかっとなる」「根気が無くあきっぽい」が、良い傾向の食事では20%強であるが、悪い傾向の食事では85%くらい上昇している。

また、「いじめている」が食事一番悪いとする段階で40%になり、「自殺したいと思ったことがある」25%くらいになっている。

「全体に親の関心が薄い子ほど、家族そろって食べる回数が少なく、食事の質も低い。そんな子はコンビニ食が常態化し、脳の健康に必要な栄養が摂れていない。躾や教育以前に、人間の生物的基盤が危うい」と鈴木教授。

作家で料理研究家の丸元淑生さんによると、80年代にアメリカの少年院入所者8000人の食事から菓子や炭酸飲料を除き、新鮮な野菜・果物・全粒粉パンを与えた。すると、けんかや看守への反抗が半減した。

別の入所者300人の食事を分析すると、凶暴な少年たちは、ビタミンB群、鉄、亜鉛などが不足していた。穀物の胚芽やふすま、新鮮な野菜や果物に多い栄養素だ。

アメリカの研究で分かった理想的な食事は、60年頃の日本の家庭料理だ。「日本は豊かになり、その食事を自ら捨てた。子供の問題行動は、そんな問題の一側面なのです。」と丸元さんは言う。


Q.歯の夢ってあるのですか?

A.
●歯が痛む
友達から手紙が来る。

●歯が抜ける
西洋では、悩み事から解放される。ただし全部抜けるのは、体への不安、セックスの衰えに対する心配。

日本では、
・身内との離別、あるいは親の死。
・上の歯が抜け落ちるのは、家庭の中で一番年上の人にトラブル。
・下の歯が抜け落ちるのは、家庭の中で一番年下の人にトラブル。
・歯が抜けてとくに血が出る...親類に不運があるがその人の尽力で救われる。

●歯を磨く
西洋では、性の欲求不満を解消出来る前触れ。日本では、病気が回復する。

●歯が欠ける
対人関係で悩む。
・上の歯が欠ける...父母の病気か不運。
・下の歯が欠ける...子供の病気か不運。

●歯医者
寂しいこと、叱られる不安。

因みに、いやな夢を見たときそれを逃れるおまじない

●ばく、ばく、ばく(獏)...と3回言う
●紙に書いて川に流す
●呪文
・赫赫陽陽 かかようよう
・日出東方 ひのでとうほう
・継絶悪夢 けいぜつあくむ
・壁除不祥 へきじょふしょう
・ロ急ロ急如律令 きゅうきゅうじょりつれい
●早く人に話す
●和歌を詠む

以上、出典は「浅野八郎の夢判断」


●歯
直面する問題への対応力
歯が欠ける=自分の能力を超えている
虫歯=甘く見ている
生え替わる歯=これまでに無い新しい考え方、対処

●噛む
人生の課題に取り組もうとしている
噛めないものを噛んでいる=振りをしている
口の中に噛めないものがある=本心を表現していない

●歯医者
話し言葉に改善が必要なこと。あなたの言葉があなたや相手に苦痛をもたらすのは恐怖心があるから。恐怖心を自覚すれば改善可能。

●口
人生の取り組み方、自己表現が適切かどうかが口の状態で表される。

以上、出典は「究極の夢辞典」坂内慶子...お勧め!

Q.今かかっている歯科医院について不満なのですが...

A.歯科医療は、残念ながらマイナスのイメージが非常に大きいと思います。

痛いことはもとより、なかなか治らないとか、何をされているか判らないとか、治療費の問題とか、予約なのによく待たされるとか...。疑問、不満がたまってきても歯科医師には聞きにくくて、結局疑心暗鬼になって転医する...ということもあろうかと思います。

これについては歯科に限ったことではありませんが、医科に比べて前医のことを避難する患者さんが多い、というのが歯科の特徴らしいです。

医学も科学の中の一つです。まだまだ発展途上なのです。たかが歯一つでも予後が悪いことは少なくありません。繰り返しや、やり直しもときにあります。疑問はすぐ聞いてみましょう。受付やアシスタントにでも良いと思います。

きちんと説明が帰ってくるのなら、とりあえず変な医院ではないはずです。或いは、受付やアシスタントの対応が良くないこともあるでしょう。それも歯科医師に告げて下さい。「長」である身ならそういう情報はありがたい筈なのです。

何を言っても納得行かなければそこで転医するしかないでしょう。第3者的に相談したいのであれば、愛知県歯科医師会(または各県歯科医師会)などに聞いてみてもよいかも知れません。

虫歯などのQ&A

虫歯
歯磨き
小児
歯周病
矯正
悪習癖
怪我
健診
自費治療
知覚過敏
顎関節症
 

虫歯

Q.小さい虫歯なのにどうして大きく削ってしまうの?

A.小さな虫歯といってもそれは素人判断で小さく見えるというだけのことです。虫歯の出来た部位にもよりますが、とくに咬合面の溝の場合は点や線に見えても中でかなり広がっているのです。

歯と歯の間の虫歯でも自分で気付いたときは、鏡等で見えるところは小さくても実はかなり大きいこともあります。痛みも無く少し詰めるだけで済むつもりでも実際には神経を取らないといけないこともあります。決して余分には削っていないのです。

又、つめものや冠を維持させる為に(毎日毎日数キロ~数十キロの力を受けている)形を整える必要がありそのために止むを得ず広げる部分もあります。歯を削ってはいますが全体的には歯を守る仕事なのです。


Q.痛くないのに神経を取られましたなぜなの?

A.歯の神経は気まぐれです。わずかの虫歯でも凍みることもありますが、(極端な例では虫歯がなくても凍みる=知覚過敏等)かなり神経に近い虫歯でも全然痛みのないこともあります。

痛みがなくても虫歯を削っていると神経が出てしまい、或いは出なくても神経をかなり刺激するところの深さまで削らざるを得ず、そのため後で神経が痛んでくるような場合は取ることになります。

痛みがないときにたまたま神経を取ったとしても、仮に放置してあれば、ほどなく痛みは出てきたであろうという状態です。症状がない=軽度という訳ではないのです。


Q.虫歯がないのに神経を取ることってあるのですか?

A.いくつかの場合が考えられます。

1、知覚過敏が著しいとき。
2、歯周病が進行して歯の根の先端の方から菌が侵入した場合。
3、打撲など強い外力を受けた場合。
破折して神経が出てしまった場合は勿論、出ていなくても亀裂があったり、或いは表面上大丈夫でも数日から2、3ヶ月で神経が壊死(えし)してしまった場合。
4、咬耗、摩擦が強く神経が表面に近くなり強く凍みてきたとき。
5、ブリッジの土台となる場合に、被せるために歯を削ると神経が出てしまったり出なくても強く凍みてきた場合。
6、軽度の歯列不正を矯正ではなく冠を何本かに被せて治す場合に神経が出てしまう場合。
7、原因不明だが明らかに神経が痛んでいる場合。


Q.虫歯のなりかけって元にもどるのですか?

A.唾液中にはカルシウムがふくまれており、歯の表面がごくわずかに脱灰(カルシウムが酸で溶かされていく)しても、修復する作用があります。

肉眼的によくわかるような『なりかけ』は従来は殆ど虫歯になっていくので詰めることが多かったと思います。現在は研究が進み、意識してブラッシングをしていると進行しないことがあることが解ってきました。

よって削らず様子を見ることがあります。但し、やはり進行してしまうこともあるので定期的観察が重要です。


Q.虫歯を削って金属で詰めて貰ってから凍みますが大丈夫ですか?

A.虫歯は削って除去しなければなりませんが、削ること自体が歯の刺激になります。よって、詰めた後でもやや敏感な状態が続くと、凍みるわけです。

また、削った後、金属で詰める場合、金属の持つ温度を良く伝えるという性質のため、冷たいものが接触した場合、歯質により暖められず低い温度のまま神経の近くまで達すると凍みる感じになるのです。熱いものでも同じです。殆どは馴れますから問題ありません。


Q.神経を取っても歯が痛いのはなぜですか?

A.(1)治療中の場合
歯の中の神経の入った管は複雑に枝分かれしていることが少なくありません。レントゲンでは、木に例えると太い幹の部分のみ写り、治療も多くは幹の部分の清掃消毒を行います。しかし実際は枝の部分があるのです。枝の部分には器具は入れられませんので、幹の部分から染みこんでいくことを期待します。

通常は幹の部分をきれいにすれば、何ら問題なく痛みもなくなり冠や差し歯に移行できます。しかし、時として枝分かれした部分がずっと生きていてしかも炎症が続くことがあります。この場合、自覚症状として痛みが続きます。

また、神経を取った後の歯の根の先に出来た傷口の炎症が続くことがあります。この場合も暫く痛みます。いずれにしても対処法は、幹の部分の清掃消毒を続けることです。たまに引きにくく回数がかなりかかることもあります。

(2)神経を取って被せた歯が何年かして痛み出した場合
歯の中の神経が無くても、歯は依然として身体の一部であり周りには神経はあります。よって歯に再発した初期の虫歯では痛まなくても、細菌が徐々に侵入していけば歯の周囲で炎症が起きて痛みも発します。

この場合の痛みは、鋭く凍みるような痛みではなく、鈍くずんと響く痛みです。ひどくなると激しい痛みにもなります。細菌が侵入していくのは、虫歯の再発のこともあるし、長年使用して隙間が出来てきた場合や、歯質が破折した場合もあります。

歯の中と関係なく、歯周病から痛みが出ていることもあります。この場合は再び冠を撤去したりすることなく歯周病の処置(ブラッシング、歯石除去)で引いていきます。


Q.歯が凍みるのは虫歯ですか?

A.虫歯のことが多いですが、知覚過敏症ということもあります。不適切なブラッシングや歯周病も或いは噛み合わせの不良その他で歯の根の表面が少し露出してくると、虫歯でなくても凍みることもあります。

それ以外では、歯周病から菌が歯の神経に入る場合、長年使用して歯に亀裂が入った場合も頻度は少ないですがあります。


Q.飛び跳ねたりすると歯に響きますが虫歯ですか?

A.虫歯でしょう。10代など若い人であります。一度詰めた歯での再発のことが経験上多いように思います。


Q.キシリトールについて教えてください

A.天然には、ラズベリー、プラム、苺、ほうれん草などに含まれています。工業的には、樺の木やトウモロコシの穂軸などを原料として化学的に生成されています。

甘味は砂糖と同じ程度で、カロリーは3/4、口の中では清涼感があり、きれはやや早く他の甘味料と併用されることが多いようです。一度に大量に食べると軟便、下痢になることがありますが特に害はありません。

キシリトールの効果は、虫歯をつくる主な原因のミュータンス菌がそれを利用できず、歯を溶かす酸ができないこと、菌そのものの発育を抑える作用、ごく初期の虫歯で歯のカルシウムのぬけたところを再び修復する作用などがあげられます。

ある程度持続して口の中にあることが条件ですので、ガム、タブレット菓子、歯磨き剤、洗口剤などに利用されます。

ガムの場合、一日3回毎食後10分くらい、歯磨きの前に噛むと効果がでるとのことです。虫歯になりやすい人は5回くらい噛みます。ただしキシリトールが50%以上であり他の甘味料も虫歯になりにくいものであることが条件です。

菓子類では平成9年末ごろで約17社50種類ほどの商品が出回っていますが、だいたい条件を充たしているものの5~30%の製品もあり注意を要します。

また、キシリトールがオールマイティーではもちろんなく、以前から多く使用されている北欧では歯口清掃に対する関心が高く日本人の何倍もよく磨きます。そういう条件の下でこそ効果が発揮されるのであり、歯磨きをおろそかにして虫歯は減りません。


Q.一生懸命磨いているのに、どうしてまた虫歯ができてしまうのですか?

A....という質問にときに出くわします。1回治療した歯が数年後またやりなおしになったりすると、少しは疑問にも思うことでしょう。「治療の仕方が悪いのではないか?」と思ってしまうこともあるようです。

TVのコマーシャルなどで、虫歯の原因のミュータンス菌をどうのこうの...と言っていますが、虫歯の原因菌はいっぱいあるのです。ミュータンスだけでもまだ完全に制圧する方法はないのです。

私はよく、「風邪」に例えることにしています。風邪は何回でもひいてしまう。風邪の原因はインフルエンザウィルスだけではない。注意すべきはインフルエンザだが、他にもいくつもある。ワクチンもあるが、一時の一定の型のみで打ったからかからないわけではありません。

歯茎が腫れて、抗生剤をのんで一旦引いても虫歯が治るわけではありません。虫歯の予防は、相も変わらず歯磨きです。食生活の注意も含めて、古代から変わりません。風邪の予防法は?やはり、昔と変わらない筈です。

風邪と虫歯が違うのは、治療に苦痛と時間がかかることです。自費ならお金もかかります。あと、人からすぐうつるわけではありません。風邪は昔と比べて減っているのでしょうか?相も変わらず流行しています。

虫歯は少しずつであるが確実に減っています。北欧などではかなり減っています。全体で見た場合やはりわたしたちの努力の賜物...と言っては横柄かも知れないが、少しはそう思って欲しい...と願ってもバチはあたらないでしょう。
 

歯磨き

Q.歯磨きしないで虫歯にならない方法はありませんか

A.野生の動物にはほとんど虫歯はありません。家畜にはあります。よって全く文明を忘れ原始生活をすれば虫歯にならないかも知れません。

しかし、縄文人でも既に虫歯、歯周病があったようです。最近の研究で結構食生活は豊かで調理もいろいろしていたらしく、そのためではないかと思われます。古代エジプトでも支配階級は現代人と同じように虫歯・歯周病に悩んでいたということがミイラからも分かるのだそうです。

徳川将軍や大名には虫歯が多く、庶民には少なかったようです。現代でも、オーストラリアのアポリジニは少し前まではほとんど虫歯がなく歯並びも綺麗だったそうです。

私は、途上国に何度か訪れた際、貧しいストリートチルドレンは歯磨きなんてしないのに(だから汚いが)虫歯がなく歯並びがよくしかも姿勢もいいのに、多少豊かな人たちはもう先進国の人と同じになると感じました。

以上のことから、そのような生活をすればいいのです。さて、歯磨きをするのとどちらが楽だと思いますか?


Q.歯を白くする歯磨きは本当に白くなりますか?

A.歯の表面は、構成成分であるハイドロキシアパタイトが溶けたり(脱灰)再び補給されたりを繰り返しています。溶けていく方向に傾くと虫歯になります。僅かに脱灰したところを積極的に補修しようと、アパタイトを成分としたものが白くする歯磨きです。

そのように謳うからには、実験上は嘘ではないでしょう。ただ、実際の口の中ではいろいろな因子が関わりますから、目に見えて白くなることは少ないのではないでしょうか?


Q.昔は朝起きてすぐ磨いたものですが、それではいけないのですか?

A.睡眠時は唾液が減るので、口腔常在菌が増加します。よって、その前に餌となる食べカズを取っておくこと、また、菌を減らしておくことは大切です。

ただ、では、起床してすぐ磨くのは駄目なのでしょうか?朝起きたら歯磨き、というのは子供の頃からしつけられましたし、私も18年間(歯学部へ入るまでは)そうしてきました。

曹洞宗の道元禅師は、「正法眼蔵」の中で、起床後の歯磨きの必要性について書いています。また、インドのアーユルヴェーダにも書いてあるそうです。

1998年の歯科東洋医学会で上記の古典を踏まえ、起床後すぐと、朝食後の唾液を調べると、なんと起床後すぐの方が虫歯になりやすい性状であることが分かったという報告がありました。昔から言われていた、朝の歯磨きも大切だったのです。

ただ、食後の歯磨きも勿論必要です。食前もごく簡単に磨いて、食後も磨くとよりよいかも知れません。


Q.お勧めの歯磨き粉はありますか?

A.歯みがき剤は要らないという歯科医は少なくありません。きちんと磨くことが出来れば、物理的に歯垢(プラーク)をブラシで除去でき、歯や歯茎の健康は保てるという意見です。

そうは言っても、食器を洗うのにも洗剤は使いますし、全く何も付けないでいると着色や「水垢」のようなものが付着してくる場合もあります。また、歯みがき剤の薬用成分によって、より良い状態を求めたりもしたいところです。よって少量付けて磨いてください、と私は指導しています。

歯みがき剤を否定する最も大きな理由は、研磨剤によって歯や歯茎を痛めるというものです。よって最近は液体歯磨きも多く出てきました。また、研磨剤が入っていないペーストのものもあります。

以前はこの辺をお勧めしていましたが、液体歯磨きはやや消毒剤過多のような気がします。口腔内の菌を全て殺せば良いというものではありません。腸内細菌のように善玉もいるはずです。

薬用のものも高い割にそれほどの効果があるようにも思えません。殺菌効果を求めるより、フッ素やキシリトールなど歯の質を高める「薬剤」の方が良いように思います。これは個人的意見と言わせてもらいます。

以前ハーブ入りを使用してみましたが、だんだん褐色に着色してきてしまいました。歯茎には良いのかも知れませんが良し悪しです。東洋医学をベースにした茄子の黒焼きの歯磨き粉が今はお勧めです。黒い粉ですが、何となく白くなる感じがします。ネットで探すと出てきます。
 

小児

Q.子供の歯並びを悪くさせないためには何に気を付けたらいいですか?

A.躾をきちんとし、虫歯をつくらないこと。指シャブリはしても良いが、5歳前後までに止めること。口はぽかんとあいていることがないようにすること。口をきりりと結んでいること。鼻で呼吸すること。姿勢をよくすること。

うつ伏せ寝させないこと。していたらころんとひっくり返すこと。上向きで低い枕で硬めの布団、ベッドで寝ること。とにかくよく噛んで、唾液をいっぱい出させて飲み込む回数を増やすこと。1口30回以上が理想。幼児の時は唇の筋力の発達のためおしゃぶりをつけさせるのも良い。

小・中学生は、頬杖や机の上での突っ伏せ寝はしないこと。シュガーレスガムをよく噛むのもよい。


Q.下の前歯の最初の永久歯が乳歯の内側に並んで生えてきてしまいましたが大丈夫ですか?

A.下の前歯は内側に生えてくることが多く、心配して良く連れてこられますが、乳歯の動揺があれば自然交換を待っていても多くは大丈夫です。

しかし、そのまま乳歯が抜けずに内側にどんどん伸びてきてしまうことも無きにしもあらずなので心配の場合はやはり診せてもらって判断した方がいいでしょう。

最初の歯はほとんどは最初は列からはみ出ていても中に入っていきます。問題は2本目です。2本目は、交換がうまくいくいかないに拘わらず、生えるスペースが足らないと内側にあるままということもあります。


Q.フッ素は塗った方がよいのですか?

A.フッ素と一言で言っていますが、フッ化ナトリウムなど歯の予防に効く化合物です。

車のコーティングとか、ほかのことでもフッ素と言っていると思いますが、それぞれの目的のための違う「フッ素」で物質的には全然違うものなので混同しないようにしてください。

虫歯になっていない部分に塗布すると、歯の結晶構造にフッ素が添加され耐酸性が増すと言われています。実際には3~4割程度の予防効果だとのことです。

5歳くらいまで、年に2~3回程度塗布します。12歳くらいまでも3~4回塗布すると良いでしょう。多く塗ればいいと言うわけではありませんのでご注意下さい。

それ以降は、あまり歯に浸透しなくなるので、ごく薄い濃度にして家庭で毎日塗布するものも販売されています。家庭用のものは何歳でも効果はあると思われます。

予防のフッ素塗布は当院では無料で行っています。市町村保健センターで塗布してくれる場合もありますが、例えばあま市では2歳児健診のときだけです。
 歯科医院ならまず何処でも可能と思います。


Q.健診で虫歯が結構有り、乳酸菌飲料やスポーツドリンクが良くないと言われましたが、身体に良いはずではないのですか?

A.乳酸菌そのものは善玉腸内細菌で身体によいものです。しかし、小児の好むように砂糖が一緒に入っており、甘くて酸性という虫歯には絶好の環境を作ってしまいます。

スポーツ飲料ないしアルカリイオン飲料は、小児が発熱して身体を消耗したような場合に小児科医に勧められることがありますが、そういう場合だけにしてください。

今は幼児の虫歯はかなり減っており、1歳半や3歳時健診で数本の虫歯がある子供は多くは、乳酸菌飲料やスポーツドリンクを多飲していることからこのことははっきり言えます。
 

歯周病

Q.歯周病って何ですか?

A.歯周病には、大別して歯肉炎と歯周炎があります。

歯肉炎は主に若い人で歯茎に炎症(発赤、腫脹、出血等)があっても歯槽骨(歯を支える骨)に達してないものを言います。歯周炎は歯茎の病気ですが、歯槽骨なで炎症が達しているものです。概ね25才以上は歯周炎になっていることが多いです。ごく一部の方は十代で歯周炎のこともあります。

歯周炎は長期経過を辿り、だんだんと骨が吸収され失われて行き歯が装用し最終的には抜け落ちます。初期は無症状ですが、口臭、出血、腫脹、噛むと痛い、排膿、歯の動揺などの症状が出ます。

治療はブラッシングを歯石除去PMTCなどです。自己のみの管理はなかなか難しく、定期検診が重要です。
 

矯正

Q.乳歯の噛み合わせが反対(受け口)なのですが?

A.乳歯列のときはそのまま様子を見ます。

よく噛んで食べる様にしていると摩耗して自然と正常に戻ることもあります。多くは永久歯に生えかわるときに、正常に戻ります。永久歯前歯が反対になった場合、その時点で治した方が良いと思います。

乳歯列のときは正常な噛み合わせで、永久歯で反対になってしまうこともあります。反対咬合(受け口)は早期に矯正治療した方がよいと思います。成長してからだと抜歯のみならず骨切り手術がいることもあります。


Q.歯の矯正は何歳から行うのが良いのですか?

A.まず、受け口の場合は、永久歯でそうなった場合は、すぐ開始します。6~7歳頃です。乱杭歯、八重歯の場合は、それが確実に予測できる時点で始めます。当院では8歳くらいから始めています。

よく、永久歯が揃ってからにしなさい...と説明する歯科医がいますが、その場合は歯の生える場所が足らない場合は4本ほど犠牲(抜歯)を伴います。遅くても10歳11歳頃に始めれば、顎の骨の成長を促し、抜歯せずに並べていくことが出来るのです。


Q.歯の矯正は子供しかできませんか?

A.何歳でも可能です。ただ、年齢によりできることとできないことがあります。中学生以上で歯の生える場所が足らない場合は、抜歯を伴うことが多いと思います。また、成人では、差し歯やブリッジなどの治療が施されていることが多く、矯正器具が付けにくくなってきます。

Q.矯正は歯を必ず抜くのですか?

A.全部の永久歯をきちんと並べるスペースがないことが多く、抜歯をともなうことは多いでしょう。ただし、スペースがあれば抜歯しないこともあります。

当院で行っている乳歯が残っている時期から始める方法では、抜歯しないように持っていくものです。矯正には結構いろいろな流儀があります。成人でもほとんど抜歯しないと謳っている歯科医もおられます。


Q.矯正は専門医の方がいいですか?

A.状態によってはその方がいいでしょう。でも専門医でないといけないわけではありません。「消化器科」と出ていなければ胃腸の病気を診られないわけでなく、内科でも良いのです。注意する点がある場合に、もう少し詳しく調べて貰いなさい...と病院の消化器科を紹介されたりします。

矯正も、全く行わない歯科医はともかく、ある程度手に覚えがあれば一般歯科を行いながら矯正も行う先生は少なくなく、専門医の方がいいと言われなければ、かかりつけ歯科医での矯正も問題ありません。

当院も専門医ではありません。子供を中心とし、大人で抜歯をと伴う場合や非常に困難と思われる場合等は専門医を紹介しています。また、矯正のみで済む治療でなく、歯を動かしたらすぐ差し歯やブリッジにするとか、一般歯科と混合して行う場合は敢えて専門医による矯正でない方が良い場合もあるでしょう。

また、抜歯してスペースを作る方法でのみ上手に並べていく専門医もありますから、小さいうちから診ていて、成長を促し抜歯に至らないようにしてくれる一般医ならその方がいいのではないでしょうか?


Q.なぜ、歯並びが悪くなるのですか?

A.堅いものを食べなくなったので顎の成長が劣っているのだ...と言う説明には一理ありますが、言葉足らずだと思います。本当に顎の成長が劣っているのであれば、抜歯せずに並べる方法というのは不可能です。しかし、実際には可能なのです。

顎の骨には基底骨の部分と、歯槽骨の部分があります。噛まなくて劣っているのは歯槽骨の部分のみです。歯槽骨とは歯が植わっている部分のことです。実は専門家の間でも、顎が小さくなったという研究と、いや変わっていないという相反する研究と両方あるのです。

これは何処の部分を調べているかによるのです。動物の進化退化は何十年というごく短い年月で起こるものではないのです。誕生後の栄養が良ければ身長が伸びるのと同じように、良く噛めば歯槽骨の部分も発達し自然と良い歯並びになります。

良い歯並びにするには、授乳期から注意が要ります。母乳はともかく、哺乳瓶の場合は、ミルクが出過ぎる乳首は厳禁です。しっかりと顎を動かさないと出てこないような製品を選ぶ必要があります。あまり早くから離乳させる必要はありません。1年くらいは母乳で良いのです。

その後も唇や舌の筋肉の発達を促すためおしゃぶりを3~4歳までくわえさせると良いです。今、口をぽかんと開いている子供が目に付きます。或いはうっすらと開いています。これでは叢生(そうせい)=乱杭歯になってしまいます。口元をしっかり閉じていてこそ、舌と唇の適度な圧力で顎の骨は発達します。

また、食事は一口30回くらい噛むことが理想です。そうは言ってもどうしても軟らかいものが多いので、シュガーレスガム等を口を閉じて良く噛むと良いです。左右均等に噛みます。

また、ひと頃のうつ伏せ寝信仰により、うつ伏せ寝の癖がついてしまっている子は、なるだけ仰向けに寝るように努力が入ります。うつ伏せ寝では顎に横から力が掛かり歯並びを悪くしてしまうのです。横向きでも堅い、高い枕等では顎を圧迫しますので同じように害があります。

上の歯が出っ歯の子は舌先を歯に付けすぎるのです。受け口の子は舌がだらんと下顎の裏にいつもありそれで下顎が広がってしまうのです。

口を開けると舌は下顎にありますが、口を閉じていると舌先は上の歯の裏の真ん中で歯に接触するかしないかの位置にあり、舌の背はぴたっと上顎に付いています。自然とこの位置になっている子は歯並びがきれいです。

口を開いていて、舌が顎に付いていない子は乱杭歯に、上に触りすぎる子は出っ歯に、下にだらんとなっている子は受け口になるのです。

いろいろな要因がありますのでこれが全てではありませんが、矯正するときは、当院では舌・口の動かす練習も行います。
 

悪習癖

Q.歯ぎしりって歯医者さんで治りますか?

A.歯ぎしりとは、通常睡眠中の浅い眠りの時期に、歯と歯を強くこすりあわせてきりきりと異常な音を発することを指しています。

歯科では、食いしばったり、かちかちと音をたてたり、音はしないまでも歯をこすりあわせていたり、例えば「歯ぎしりして悔しがる」ように起きているときの癖も含めて広い意味で捉えています。

原因は、噛み合わせや噛む筋肉の動きの異常、精神的ストレスがくみ合わさって起きますがはっきりと解ってはいません。一説によると9割以上の人に何らかの歯ぎしりをしているともいわれます。

歯ぎしりがひどいと、睡眠不足や頭痛、異常な歯のすり減り、歯の破折、歯周病(歯槽膿漏)の悪化などを来します。

治療としては、噛み合わせの調整をしたり(少し削る)、樹脂製のマウスピースのようなものを口の中に入れて、歯のこすりあわせを防止したりします。少なくとも、迷惑な音を消すことはマウスピース(ナイトガード)で十分対処できます。

就寝前に何かリラックスするようなことをさせたり、時に安定剤を用いることもあります。子供の歯の交換期に発生するものなどは、原因の乳歯を抜いてすぐ治ることもありますが、多くの場合、精神的ストレスとともにあり、歯ぎしりそのものを消すことは難しいと思われます。


Q.横向き寝など、寝ぞうによる歯への影響はどの程度あるのでしょうか?

A.三重県の開業医は、うつ伏せ寝の子供とそうでない子供を調べ、うつ伏せ寝の子供のほうが歯並びが悪いという報告をしました。そのほか、顎の関節を痛めることも考えられます。

東大口腔外科の西原講師によると、横向き寝やうつ伏せ寝では、一晩で1ミクロン動き、1年で365ミクロン、3年で1ミリ、30年で1センチ動く。すなわち歯が抜ける、と言っています。上を向いて、低い枕で硬めの布団でねるのが良いとのことです。
 

怪我

Q.転んで歯が抜けた。どうしたら良いですか?

A.先ず抜けた歯は土や砂などの汚れはごく簡単に流水で洗い(余りこすってはいけない)、学校の保健室などに保存液があればそれに浸し、無ければ生理食塩水(0.9%食塩水)や牛乳に浸し歯科医院へ急いで下さい。

何もないときはそのまま口に含み(幼少でのみ込む恐れのあるときは親や他人でも可)同様に歯科医院へ急ぎます。とにかく乾燥させないようにしてください。

水道水に浸すのは余りよくありません。唾液に浸しておくのがよいです。当日なら多くは再殖できます(破折が多いときは不可)。予後は良好な場合(わずかにあとで根が吸収してもそのまま長持ちする)もあれば数年で脱落してしまうこともあります。

とにかく最初は再殖し保存することを考えます。乳歯の場合で、ある程度根の吸収が進んでるときは、抜けたままにすることもあります。


Q.前歯をぶつけましたが、ちょっと触ると少し痛い程度ですが、大丈夫ですか?

A.かなり動揺があるのでなければそのまま様子を見ても良いです。しかし、大丈夫と言うことではありません。大丈夫なこともありますし、そうでないこともあります。

歯の神経は横からの衝撃に弱く、その場ではよくても2週間から2、3ヶ月の間にだんだん壊死してしまうことがあります。暫く経たないと状況がはっきりしません。壊死すると、歯が中から黒っぽくなってきます。神経が死んだ証拠になります。この場合、裏から穴を開けて神経の治療をします。

ただし、乳歯や、子供の永久歯の場合は、まだ血行旺盛で一旦神経が壊死しかかって黒ずんできてもまた快復することがあります。よってすぐ取らずにもう暫く様子見のこともあります。黒くなった歯の歯茎のところに膿が出て多場合は、すぐ手を付けます。
 

健診

Q.健診で虫歯になりかけ(CO=シーオー)と言われましたが、歯科医院では虫歯だから削って詰めないと言われました。虫歯はすぐ進むのですか?

A.子供や若い人では1ヶ月くらいの差で進行することもありますが、虫歯はそうすぐに進むものではありません。よって見立てが歯科医により差があったと言うことになります。

虫歯の進行程度は、連続しています。デジタルの世界のようにはっきり分けられるものではありません。よって微妙な場合は、どちらにも転ぶことはあり得ます。なりかけの場合には、今は、再石灰化と言って唾液のカルシウム成分が沈着して正常に戻る、或いはそのまま進行しないと言うこともあると言う見解です。

なりかけと言われて、削って詰めるとなれば少々納得しにくい部分もありますが、歯科医院の方が正確な診察が出来るはずなので、その場合は詰めるようにした方がいいでしょう。


Q.学校の歯科健診で虫歯があると言われましたが歯科医院で診てもらったら無いと言われました。なぜですか?

A.学校に限りませんが、健診の場は口の中を診察するのにあまり適していないことが少なくありません。暗いし、大勢を診ないといけないので時には見誤ることもあると思います。

ただ、それでも自分では気づかない多くの虫歯、歯周病、その他の異常を発見することが出来ますので、1歳半、3歳、住民健診、職場での健診があれば参加して欲しいと思います。

実際には、健診で異常が無くても、歯科医院で改めて見るとあるとか虫歯の本数も多いということの方が多いと思います。明るい光で見られますし、レントゲンでしか分からないこともあるからです。
 

自費治療

Q.自費のセラミックの歯はどのくらい持つのですか?

A.洗濯機やテレビを買うとき電気店でどのくらい持つか?と聞いても、使い方によりますので...と言葉を濁されることも少なくありません。同じように工場で作られた機械なのですから、1日にどのくらいの量を使用したら概ね何年点と言ってくれても良いのに...と思うこともあります。

口の中に入れるものはその人その人に合わせて個別に作ります。また、口の中というのは色々な不確定要素に晒されます。歯磨きの程度、歯の質、唾液の質、歯周病の状態、食生活、噛み合わせの状態、歯にかかる力の状態(歯ぎしり、食いしばり、スポーツ、力仕事等)など。

セラミックの歯は、比較の対象のプラスチックの白い歯と比べれば確かに優れていますので、長持ちしますとは言いますが、どのくらいとははっきりと言いにくいものがあります。

しかし、万単位のお金がかかるわけですから、一応少なくても10年...と答えています。持てば、15年でも20年でも行けるはずです。逆に、ある程度手入れをし定期検診をしても、10年持つかどうか...とこちら側からみて不安がある場合は、敢えてセラミックを勧めません。

万が一、ぶつけたり不用意な使い方や悪習癖もなく破損させた場合ではなく、通常の使用で10年未満で破損した場合は、例えば5年でやり直しとなった場合は、状況にも因りますが、例えば半額で同じものを製作するなどして、患者さんの不満が出ないように心がけています。


Q.前から4番目の歯を被せることになりましたが、保険が利かないと言われましたが本当ですか?

A.真ん中から5番目までは単冠でしたら保険で白い歯が被せられます。

ただし、3番目までは金属裏打ちのある白い樹脂の歯が可能ですが、4番目5番目は樹脂のみの冠です。より力の掛かるところなのに弱いものしか保険が利かないという、保険制度の矛盾がありますが、とにかくそう言うことになっています。
(※平成26年4月から白いハイブリッドCAD/CAM冠が健保適用になりました。)

よって、樹脂のみでは、製作に問題がなくても早期(1~2年)に破損することがたまにあり、それでは問題だと樹脂の白い歯を入れたがらない歯科医はいるようです。

しかし保険医である限り、できないとか、うちではやらない、と言い切るのは保険医としては問題です。全てが早期に破損するわけでもないので(長く持つこともある)、保険診療を求められた場合は、その性質を理解していただいて白い保険の樹脂の歯を当院では入れています。

上記の説明をした上で、では白を諦めて金属にする方もあるし、セラミックにする方もあります。


Q.保険のものは良くないと言われ、自費のものを強く勧められましたが、保険ではだめなのですか?

A.ここでは、いろいろな材質のものそれぞれについては省きますが、確かに、いい材料のものと理工学的性質を詳細に比べると、保険で決められた材料は見劣りします。

しかし、だからといって、その材料の差が、ストレートに歯を持たせることに直結するかと言えばそう言うわけではありません。保険のものでも、歯に被せたり詰めたりするものはオーダーメイドなのです。機械は使いますがハンドメイドでもあります。

比べる対象により見劣りはしても、イコール悪いものと言うことではありません。ブラッシングなどの手入れ、栄養状態その他、口の中の色々な条件が整って初めて、保険と自費の材料差がでてくるのではないでしょうか?

保険でも手入れをしっかりし、定期検診を受ければそこそこ持たせられます。しかし、どうせ保険だから...またやり直せばいいさとばかりに、どうもあまり大切にしない方も少なくありません。逆にお金がかかったものは、皆、大切にします。どうせ悪くなるから保険で...と思っている方はやはりそのようになるのです。

また、何度治療しても再発します。意識を高くすれば保険のものでも良い冠・詰め物になります。お金をかけたから、大切にしよう...という気持ちになるのであれば自費でもよいのではないでしょうか?
 

知覚過敏

Q.知覚過敏症って何ですか?

A.虫歯でないのに、虫歯のように歯が凍みる状態です。

僅かに或いはかなりのこともありますが、歯茎が下がっていて、そこに冷たいものの刺激、歯ブラシの刺激や爪の先の刺激により凍みたり何とも言えない嫌な感じがしたりします。

原因としては、良くない歯磨きなどと言われますが、はっきりとしないことも多いです。噛み合わせの悪いことや歯ぎしりなどで余計な刺激が加わることもあるようです。体調によって感じたり感じなくなったりもします。

治療法としては、塗布薬、ソフトレーザー照射、咬合調整、詰め物、そしてひどい場合は神経を取ることもあります。治療があまり奏効しないこともありますが、刺激の程度が軽度であれば、そのまま様子を見ることもあります。
 

顎関節症

Q.顎関節症について教えてください

A.顎の関節がカクカク音がしたり、痛かったり、口が開けづらいといった症状のことを言います。

初期に、少し音がする程度の時はすぐ治療をするわけでありません。悪習癖の是正で治る或いは進行しなくすることが出来ます。例えば、右噛み癖の人は、右の顎の関節が深くなり左が浅くなり、多くは最初左に雑音が出てきます。進行すると両方に症状が出てくることもあります。

これは典型例ですが、実際は噛み合わせや頚椎の状況により複雑なこともあります。仰向けで寝て、歯軋りくい縛りを止め、両方で均等に噛むようにすれば良くなっていきます。多少進行してきていても習癖是正で治っていくこともあります。

当院では、鍼灸、麻酔、関節周囲筋のマッサージ等で良好な結果を多く得ています。頚椎の調整やマウスピースを使用することもありますが、マウスピースは夜だけとか、日中はごく小さいものにし、負担の内容にしています。

噛み合わせの調整は要らないことが多いです。歯の欠損があったりかなり乱れている場合は、マウスピースや矯正で治していくこともあります。

ソフト整体

ソフト整体

歯を含む口腔領域と全身のほかの部分とは密接な関係があります。当院では特に顎関節症、不定愁訴などについては歯科治療に加え、ご希望の方にのみ、身体の調整をするソフト整体を提供しています。

※こちらの先生から整体技術を習いました
一生システム研究所

【症例1】左奥歯で噛めない(20代 男性)
めがねが金属フレームの人は、左右どちらか7番あたりの噛み合わせが弱い。9割はチタン。プラスチックで金属の補強線が入っていたり、レンズが縁なしの場合でも同様。めがねを外すと、咬合してくることがわかる。

当該の男性は左手大菱形骨結節を前外方15度にアジャストしたら、噛めるようになった。

【症例2】顎関節症(16歳 女性)
<5月7日>
開口障害が起きていて、一横指(24mm)しか開かない。左下顎後縁内側マッサージ、および、そこを押しながら開口訓練。さらに下関の通電。足の小指を内側上方にひねる練習を。

<6月11日>
来院時(37mm)、通電後(40mm)。

<6月18日>
来院時(33mm)、日常は問題ない。治療後(40mm)。

<7月16日>
来院時(33mm)、下顎後縁に手を添えると42mm。引っかかりあり。

あらためて問診すると、発症時、高校の弓道部に入部して練習を始めたことがわかった。それが引き金らしい。「押手」で第一第二中手骨がズレたので、治すように方向を決めて指圧して開口すると、引っかかりなく43mmくらいまで開くことがわかった。開き具合をみながら、自分で指圧するように指示。

【症例3】四十肩(44歳 男性)
何日か前から右手が上がらないとのこと。第一第二中手骨、および大菱形骨小菱形骨あたりを挟んで持ち上げると上まで上がった。

毎日の手作業(歯科技工士)の疲れからなので、肩より手を揉むことを指導。

【症例4】顎関節症(40代 女性)
開口障害を主訴に来院。クレピタス(関節雑音)、引きずるような雑音があった。パノラマレントゲンでは、筋突起より短くなった関節突起が観察された。

朝方発症し、だんだん楽になってくるとのこと。仰向け寝で寝相は問題なし。歯ぎしりはしているかも、ということで、睡眠時の歯ぎしりが原因かと思われた。ただ、よくよく問診すると、起きているときも始終噛みしめていることがわかった。食事や会話中は自分で気になるほどではなく、ずっとそのまま過ごしてきたとのこと。

「いつから症状が強くなった?」とか、「枕はどんな枕?」と聞いていくと、腰痛で整体に行って、身体のために良いと勧められて、硬い布団(敷布)と硬い枕を高額で購入して使っていることがわかった。

ちょうど症状が出だした時期と一致。

硬い枕のほうがマッサージになると言われ、なるほどと思って使っているとのこと。短い時間使うなら確かにそうかもしれないが、7~8時間寝ている間、そんな硬いものに首・頭を乗せては頭の重みで痛めるからやめなさい、大きく柔らかい枕にするか、当面なしにしなさいと指示。

次に来院されたときに、良くなってきたと言われた。クレピタスは依然としてあるが、普段の食事や会話が楽になったとのこと。

【症例5】左膝が痛い(43歳 女性)
首屈曲位に異常あり。頸椎一番左横突起を前内方へアジャスト。

腰掛けていた姿勢から立ち上がるときに、ボキッと膝が鳴り、その後なんともなくなった。

審美歯科で口元を白く、美しく。金属アレルギーにも対応します

審美歯科

当院では口元をキレイにすることはもちろん、金属アレルギーのことを考えたノンメタル治療も提供しています。

お口の中の歯科金属などが原因で、アレルギー疾患が起こる場合があります。「皮膚科で治療を受けても治らない」という方は、歯科金属が原因のアレルギーかもしれません。

当院では、撤去・交換する治療を行っております。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

<こんな方は歯科金属アレルギーかもしれません>
・歯科治療を受けてから、体調がどうも優れない
・もともと治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある
・ネックレスや指輪などの金属製品でかぶれやすい

とはいえ材料を代えても、症状が取れるとは限らないノンメタル治療について
金属アレルギーの医学的検査は当院では行っておりません。検査をご希望の方は、大学病院や歯科金属に詳しい皮膚科にて行くことをお勧めします。ただ、医学的アレルギーでなくて不適応な場合もあります。そのような主訴に一般の歯科医が理解してくれない場合、当院では対応させていただきます。

「保険の金属は身体に悪いから変えなさい」というような無茶な主義主張はいたしません。キネシオロジー、筋肉反射などでの反応検査はいたしますが、材料を代えたからといって、気になる症状がそれで取れるとは限らないからです。

また金属を他の材料に交換する場合、同じ形で交換できないことがあります。金属の利点は薄くても丈夫であり、白い材料にする場合は削り広げたり、材質が弱くなったり、長いブリッジから入れ歯に変更...ということもあり得ます。金属排除は万能では無いのです。

そして、金属は口の中だけではありません。時計、メガネ、ピアス、イアリング、ブラジャーのワイヤー、ビューラー、コイン、革製品、そのほか普段接触するものの影響の場合もあります。

審美歯科メニュー

当院では患者さんの条件・状態に合わせたいろいろなメニューを取り揃えております。

コンポジットレジンコンポジットレジン修復(光重合硬質レジン)
○充填の場合
比較的範囲の狭い虫歯に適します。保険適用。きれいに仕上がります。1回でできます。経年的に摩耗や変色の欠点があります。

○型どりしてセットする場合(CRインレー)
奥歯の噛む面にのみ対応。保険適用。充填よりやや硬い材質です。破損、摩耗、変色の欠点はややあります。

○型どりしてセットする場合(硬質レジンジャケット冠)
前歯から第二小臼歯まで。保険適用。前歯は硬質レジン前装冠があるので主に小臼歯。耐久性には期待できないことを理解して選択して頂きたいと思います。

硬質レジン前装冠(プラスチック前装冠)硬質レジン前装冠(プラスチック前装冠)
金属に硬質レジンをあらかじめ張り詰めたもの。犬歯まで保険適用。小臼歯は同じ材料でも保険外。保険外でも比較的安価に金属を視線から隠すことがで出来ます。※1

ハイブリッドCAD/CAM冠
平成26年4月より保険適用になりました。従来保険外であったハイブリッド材料のCAD/CAM冠が小臼歯に限り保険で入れることが出来ます。硬質レジンジャケット冠よりは強固ですが、オールセラミックやメタルボンドには劣ります。また、単色のためグラジュエーションの利いた色合いは出せません。

メタルボンドメタルボンド
メタルボンドは金属にセラミックを焼き付けたものです。オールセラミックに比べ耐久性があり、ブリッジなどの連結歯に向いています。どの部位にも適用出来ます。審美性も優れていますが、より美しさを求める方には、ゴールドで裏打ちしたメタルボンドをお勧めします。※1

オールセラミックスオールセラミックス
オールセラミックはおもに前歯の治療に使われます。素材にセラミック(陶材)を使用しているので、生体親和性が高く、耐久性もあります。色合いは天然の歯に近く、経年による色の変化もありません。また、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられます。当院では小臼歯までをお勧めしています。

ジルコニアクラウンジルコニアクラウン
白く審美的なことに加えて、耐久性にも非常に優れています。ブリッジも出来ますし、大臼歯まで可能です。

セラミックインレーセラミックインレー
セラミックインレーはセラミック(陶器)でつくった白い詰め物です。天然の歯に近いため、奥歯を治療したときでも銀の詰め物のように目立つことがありません。

ハイブリッドインレーハイブリッドインレー
ハイブリッドインレーとは、セラミックとレジンという樹脂とを混ぜ合わせた詰め物です。セラミック同様、白くて目立たないだけでなく、セラミックインレーよりも柔らかく、ほかの歯にダメージを与えにくいのが特徴です。また、比較的安価である、といったメリットもあります。

ラミネートベニアラミネートベニア
ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。ネイルチップ(付け爪)のようなものをイメージしてください。歯の隙間をこのチップで隠すことで、「すきっ歯」の治療にも応用できます。

※1 前装冠やメタルボンド感のように金属裏打ちのある材料の欠点として、歯ぐきが痩せると継ぎ目が目立ちやすいとか、歯ぐきが紫っぽく変色することが挙げられます。
メタルボンドで金属部に金メッキすると目立たなくすることが出来ます。
或いは、カラーレスと言って、表の歯ぐきにセッする部分だけ金属を控える形態にすることにより、上記の欠点を補うことも出来ます。
前装冠はメッキやカラーレスは出来ません。

「お手軽に白い歯に」ホワイトニング

ホワイトニング

当院では平成2年の開院当初からホワイトニングをおこなってきました。20年以上の実績がありますので安心してご来院いただけます。

ホワイトニングとは歯を白くすることですが、金属を白いものに変更するとか、着色を除去する意味ではありません。神経を除去して変色した歯を白く戻すことと、本来の歯の色よりもう少し歯を白くすることを言います。言い換えれば「歯の漂白です。」

当院では、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2つの方法をご用意しています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う方法です。当院では、(株)松風の「ハイライト」とビヨンド社「ホワイトニングシステム」を用いています。

歯を1本単位で行いたい場合は「ハイライト」を使用します。犬歯、または第一小臼歯より前あたりを全体的に漂白したい場合は「ビヨンドホワイトニングシステム」をお勧めしています。

オフィスホワイトニング松風ハイライト
●費用1本1回(1日)1,500円
●治療は3回~6回(日)
●同時(同日)に3~4本まで可能

「ハイライト」は前歯に差し歯が多くて数本のみ漂白したい場合、神経を取ってあるが被せてなくて歯質が変色している歯があり、それだけホワイトニングしたい場合などに適しています。

3回以上で白くなったとご自身で満足できる場合は、そこまでの回数でやめても構いません。6回まで行っても今ひとつ希望より白くない場合でも、ひとまずは6回までです。

オフィスホワイトニング(ビヨンド)ホワイトニングシステム
●費用1回 10,800円
●上下前歯・小臼歯12~18本を同時にホワイトニング
●治療は3回

ビヨンドシステムは一番最初に3日間ご来院いただきます。その後は半年ごとに1日来院して、メンテナンスのホワイトニングをする必要があります。他人から見える歯全体を3回でホワイトニングできる便利なシステムです。
※薬剤をポーラ・オフィスホワイトに変更しました(2015春より)。光照射が2分短縮出来ます。照射器はビヨンド。

ホームホワイトニング

全体の歯型を採り、マウスピースを作成し、ホワイトニングそのものは自宅で行っていただきます。

ホームホワイトニングホームホワイトニングでは「松風ハイライトシェードアップ」を使用します。上下どちらか片方の場合、29,000円です。上下の場合は58,000円ということになります。初日に型を採り、2日目にマウスピースと薬剤をお渡し致します。1日2時間、2週間かけてホワイトニングをします。マウスピースがはまる歯はすべて白くできます。

ホワイトニングに関するQ&A

Q.ホワイトニングするとずっと白いのですか?

A.残念ながら後戻りが起きます。半年ごとのメンテナンスをお勧めしています。松風ハイライトは当院の経験上はそれ以上か1年半くらいまではもつと考えています。もちろん、個人差があります。ご本人のブラッシングの程度や嗜好品にも左右されます。

ホームホワイトニングはもう少し長持ちすると思います。ただし、当院の松風ハイライトシェードアップは、最初から色がややまろやかに白くなるので白さそのものの比較ではやはり数ヶ月と考えても良いかもしれません。

他社のホームホワイトニング剤や個人輸入の強力なものは、ホームでもかなり白くなり長く持つ場合もあります。


Q.オフィスホワイトニングとホームホワトニングとどちらが良いですか?

A.なかなか来院できない場合はホームをお勧めしていましたが、オフィスでも3回でよいのでオフィスの方が面倒もなく楽にホワイトニングができます。ただし、上述のようにホームの方が長持ちするという利点があります。


Q.より白くしたい場合は?

A.薬剤で歯の神経の知覚過敏に余りならなければ、オフィスとホームを併用すればもう少し白くなると思います。


Q.なるべく長く保つには?

A.喫煙者の方は禁煙をお勧めします。歯磨きはきちんとする必要があります。歯質そのものが白くても、歯垢が多く付いているのでは黄色くなってしまいます。着色しやすい食品や嗜好品は控えめがよいでしょう。

また、ホワイトニングを謳う歯磨剤を使用することをお勧めします。アパタイト系歯磨剤でも良いと思います。ただし、歯肉の退縮の心配が強い方は、あまりたくさん付けて歯磨きするのは好ましくありません。また、添加物が心配な方に、無理にお勧めするものではありません。


Q.害はありませんか?

A.長期に身体に影響するような害はありません。ただし、目に見えないような細かい亀裂が多い人(細かい亀裂は誰にでもあります)は、薬剤がしみて痛いことがあります。症状が強い場合は中止することもあります。

注意深く手順を踏んでも、歯の周囲に薬剤が漏れてしまったりして痛いということではなく、歯のエナメル質そのものの問題でしみてしまう場合です。そこまで行かなくてもやや敏感になることがありますが、数時間~1日で戻ります。


Q.健康保険は利きますか?

A.以前は神経を取った歯の中に試薬を入れて行うホワイトニングは保険適用されましたが、平成18年4月からすべてのホワイトニングで適用されなくなりました。


Q.エステサロンのホワイトニングはどうですか?

A.エステサロンで、歯の美白とかホワイトニングを行っているようですが、これは法律に違反していると考えられます。

平成17年7月26日の厚労省医政局長通知
http://www.pref.mie.lg.jp/SHOHO/HP/jiritusien/tuti-2/isiho.pdf

注1の②では介護などの場で要介護者や障碍者に対する対応のことを述べたもので、拡大解釈で医療行為ではないとしているようですが、医療行為であることは明らかです。キャンペーンなどにつられてのこのこ出向かないほうが賢明です。

有名デパートに入居しているから大丈夫とは言い切れません。認可を受けたものを使っているというかもしれませんが、認可を受けたものをどういう資格でどのように組み合わせているか、そこが問題です。

「歯並びが気になる方へ」当院の矯正治療

当院の矯正治療

当院ではお子さんから大人の方まで、年齢を問わず矯正治療をおこなっています。歯並びが気になる方はお気軽にご相談ください。

小児矯正について
小児の場合はその時期に適切な方法ができなくなると、最初に非抜歯と言っていたとしても、抜歯にせざるを得なくなります。また、本人は歯並びがきれいになった、という自覚が乏しいことがあります。面倒くさいものを長い間つけていただけ、という実感です。

そのため保定を怠ってしまうことが良くあります。動的治療終了時に最初の模型などを見せて、保定の大切さを言うのですが、サボる子は必ずいます。保定をサボって乱れても、それはご本人の責任です。

途中で辞めたくなる子もいます。お子さんより親が「このくらいでいい」と思ってしまうこともあるようです。希望には応じますが、中途半端な終わり方で、先々乱れても責任は持てません。

【当院で人気の矯正装置】3Dリンガルアーチシステム

固定式の「3Dリンガルアーチ」は、舌側矯正なので表から見えづらいのが特徴です。当院でもお勧めしています。

リンガルアーチ3Dリンガルアーチは、左右の第一大臼歯に装着したバンドと、それを連結するように歯の裏側にそったアーチ型の太めのワイヤーから構成されます。大臼歯にセメントで固定されますので、取り外しができません。食事も歯磨きもこのまますることになります。

装着してすぐは違和感がありますが、2~3日もすれば慣れてしまいます。一般的には取り外しできる装置よりも、快適に治療を受けていただけると思います。取り外しできないので虫歯のリスクがありますのでしっかり歯磨きして頂く必要があります。

3Dリンガルアーチの症例1
リンガルアーチ<治療前>
上顎は前歯2本前へ出ていて、下顎は1本内側にずれています。
下へ

リンガルアーチ<治療後>
拡大床と3Dシステムだけでかなり揃いました。

3Dリンガルアーチの症例2
リンガルアーチ<治療前>
下顎は乳歯4本抜けて永久歯2本ほどのスペースしかありません。
下へ

リンガルアーチ<治療後>
拡大床と3Dシステムだけでかなり揃いました。

上記の例は3Dリンガルアーチシステムの有用性を示したものですが、しっかり並べるには表側のワイヤー矯正も必要です。

【その他の矯正装置】

患者さんの年齢や歯列の状況に応じた、さまざまな装置をご用意しています。

クワドヘリックス●3Dクワドヘリックス
狭い上アゴの歯列弓(アーチ)を広げるために使用する装置です。咬みあわせのズレを正したり、歯の生えるスペースを獲得します。

咬合斜面板(ジャンピングプレート)●咬合斜面板(ジャンピングプレート)
下アゴが後ろに下がっている上顎前突などの不正咬合で、下アゴの位置を前方に誘導する目的で用いられます。

ファンタイプ拡大床●ファンタイプ拡大床
取り外しの出来る装置でねじを回すことで左右のプラスチックが広がり、アゴの幅を拡大させます。前方の歯は横に拡大されますが前へ出ることはありません。

Tip-Edgeブラケット●Tip-Edgeブラケット
従来のワイヤー矯正よりも弱い力で歯を動かすことができます。そのため、痛みが最小限に抑えられます。前歯は白いセラミックブラケットもあります。

shinbikyousei.jpg 


LBB アプライアンス●LBB アプライアンス
単独で使うのではなくマルチブラケットなどと使います。

タングガード●タングガード(Tongue guard)
開咬の治療に使う装置です。開咬は舌癖が原因になっているので、その原因の舌をガードします。

T4Kトレーナー●T4Kトレーナー
口呼吸を伴う軽度の歯列不正に有効です。ただし、しっかり使っていたただかなくてはいけません。

パタカラユーミー●パタカラユーミー
口腔周囲、顔面、頸部の筋肉のトレーニングに役立ちます。口呼吸治療が目的ですが顔面の弛みもなくなります。

ムーシールド●ムーシールド
ムーシールドは主に乳歯列期の反対咬合に使用される矯正装置です。就寝時に使用します。

エッジワイズ装置●エッジワイズ装置
歯並び噛み合わせを治す装置です。ブラケットは金属製のもの、白いプラスチック製のものがあります。

アクアシステム●アクアシステム
透明なマウスピース型の矯正装置です。比較的軽度な歯列不正に適しています。

DENマウスピース●DENマウスピース
同じような形のものを保定にも使用します。

切歯斜面板●切歯斜面板
前歯部に仮歯のような装置を装着し、上アゴの前歯が前方に傾斜するように調整します。歯性の1~2歯の反対咬合に有効です。

乳歯冠クラウンループ●乳歯冠クラウンループ
虫歯などで乳歯がなくなったとき、奥歯が前に移動しないように、冠とつっかえ棒を組み合わせたクラウン(バンド)ループを装着します。歯列不正予防に使用します。

矯正専門医院と一般歯科医院 ~矯正治療をおこなう場合の違い

矯正治療は専門医院で行うほうが良いと思われがちですが、一般の歯科医院で行うメリットも少なからずあります。

矯正専門医院と一般歯科医院には、下記のようなメリットとデメリットがあります。

●矯正専門医院(認定医)のメリット
・どんな歯列不正にも対応できる
・困難な歯列不正も対応できる
・矯正用のレントゲンや診断システムなどが整っている
<デメリット>
・簡単な虫歯や抜歯でも一般歯科を別に受診しなければならない
・都市部でなければ多くはないので、遠方まで通う必要もある
・矯正終了後は足が遠のき、管理が行き届かない場合がある

●一般歯科医矯正のメリット
・かかりつけの歯科であれば、矯正も虫歯治療等も一緒にできる
・近くにあれば受診しやすい
・成人で矯正後すぐ補綴するような場合には有利である
<デメリット>
・治療可能な歯列不正は概ね制限がある
・矯正用のレントゲンがないことも多い
・困難な場合は専門医受診を促される場合がある

認定医に対する考え方認定医に対する考え方
矯正歯科学会の認定医は、私のように開業してから勉強してきた者には、仕組みとして取得することはできません。しかしながら、一般臨床医矯正研究会や、TIP-EDGE矯正研究会を通して研鑽を積んできています。

床矯正も、ワイヤーの矯正も、機能的装置も、マウスピース型も勉強しました。床矯正だけ、マウスピース型だけという矯正歯科よりも幅は広いです。

矯正認定医の先生とどちらがいいかと聞かれたら、当然うちより「認定医です」と答えます。しかし、矯正医院でも認定を取っていない歯科医院とは引けを取らないと答えますし、非常勤で限られた曜日に矯正専門医が来ている医院と比べたら、当院のほうが利点が多い、と答えることにしています。

非抜歯を中心に据えています
矯正には流派のようなものがあり、それぞれその<派>の利点を強調しています。当院はWilsonのモジュール矯正、小児非抜歯の方法を採用しています。モジュール矯正の3Dシステムは舌側からの歯のコントロールに非常に優れています。

半既製品を調整してセットするので比較的簡単なのに、最初から1本のワイヤーを曲げて製作した舌側弧線より優れている点が多く見られます。採用していない矯正医よりうまく動かせることもあると思います。

しかし、舌側弧線についてはそうであっても、全般的に見れば劣る点があると思います。永久歯を抜歯するかどうかについては、良い時期に来られればほぼ抜歯せずに行えます。でも、抜歯が必要なこともあります。

成人まで含めてほとんど非抜歯という方針は、意見が分かれるところです。当院では、何でも非抜歯ではなくて、「非抜歯を中心に据える」という方針です。固有口腔を狭くしないように抜歯をすることはあります。

実は、私も成人矯正を経験したことがありますセファロレントゲン
私自身歯列不正があり、歯列矯正の敷居を少しでも低くして多くの患者さんに提供したいと考えてきました。平成2年の開業時にまだ矯正の知識は乏しかったにも拘わらず、最初から矯正用のレントゲン(セファロレントゲン)まで設備投資しました。

自身の治療が出来たのは、42歳を過ぎたからです。矯正の持ち患者が増え、人からはあまり分からなかったとは言え、「自分が歯列不正のままではまずい」と思い直したのです。ブラケットを付けた1年半はなかなか良い体験でした。

一般歯科医だからこそ、対処できることがあります
矯正中に顎関節症になったり、矯正後に不定愁訴が出る患者さんもあるようです。そのような場合は、矯正専門医よりも幅広く勉強している当院の方が対処できる場合もあると考えています。

「舌側傾斜をした仕上がり」「のどちんこが見えない最大開口」「舌圧痕ができてしまう固有口腔の大きさ」など、それらは問題があることもあるのです。

私が習った先生はもちろん矯正専門医ですが、そういうことに目を向ける数少ない矯正専門医です。出会えて良かったと思っています。

矯正治療を進めるにあたっての注意

最初に説明するときの期間は、治療に適切な時期にきちんと受診を続けて来られた場合です。

キャンセルが多かったり、来院時期が延び延びになれば、終了の期間も伸びます。例えば2年、と説明したとしても3回に1回はキャンセルばかりであれば、単純に3年に伸びることになります。

小児の場合はその時期に適切な方法が出来なくなると、最初に非抜歯と言っていたとしても、抜歯にせざるを得なくなります。

中学生くらいになると、テストで来られない、部活で来られない、ということは多々あります。テストはともかく、重要な試合や行事の直前でなければ、部活を休むくらいの配慮は顧問の先生にお願いしたいところです。

全体を矯正治療する場合の流れ

【STEP1】初診相談
初診の際に疑問や質問にお答えするとともに、治療法や費用についてご説明します。お答えした内容と概要をよくご検討の上、開始するかどうかお決め下さい。

次へ
【STEP2】精密検査
噛み合わせや骨の中の様子、骨格のズレを調べ、分析を行います。

次へ
【STEP3】診断
検査の内容を踏まえて、現在の状態や治療方法、治療期間についてご説明いたします。治療計画書などをお渡しいたします。

次へ
【STEP4】矯正治療開始
装置を入れる際に続けて来院して頂く時期もありますが、歯の移動開始後は概ね4週ごとの来院となります。

治療期間は乳歯が残っている小学生からの場合など、成長を見ながらの場合は5年以上の場合も良くあります。永久歯列である中学生以降~大人で開始された場合は2~3年です。

※期間が短い永久歯列が優れるわけではありません。詳しくは歯科矯正Q&Aを参照。

次へ
【STEP5】保定、アフターケアー
通常、矯正装置がはずれた後に、歯並びの安定を計るために保定期間を設けております。10代に終了した場合は成人頃まで、大人の場合は10年以上とお考え下さい。保定開始直後以外は年1回程度の来院で可です。

定期的なクリーニングで歯周病を予防

歯周病治療

当院では歯周病へ取り組みとして、定期的なクリーニングをお勧めしています。

当院が特別にクリーニングの技術が高いということはありません。しかし、開院当初から決めていたことは、歯科衛生士の充実でした。歯周病もお口の常在菌の感染ということでは虫歯と同じです。伝染病と違い完全駆除はできないのです。

そのため、菌の絶対数を減らしてバランスを取ること、すなわち歯磨きと歯科医院での歯石除去やPMTCが大切です。

時間を掛けたクリーニングで大切な歯を守りますクリーニング
当院ではたくさんの患者さんが定期的に受診されています。十数年継続されている方も少なくありません。ちょこちょこっと簡単に歯石除去をするのではなく、指導をしながら一回45分~60分かけてじっくり丁寧に行います。

また、スケジュールのタイミングで難しいこともありますが、できるだけ同じ衛生士が担当するようにしています。定期健診を行ってきた結果、個人差はあるものの、何もしないより確実に残存歯数は多くなると実感しています。

歯周病治療の流れ

保険診療、歯周病治療のガイドラインに沿って行います。はせがわ歯科医院の診療室スタッフはすべて歯科衛生士です。ただの診療補助員ではありませんので、どんな質問でも何なりとお尋ね下さい。

【STEP1】パノラマレントゲン撮影
初診時、およびその後必要と思われたときに撮影します。

次へ

【STEP2】基本検査 
歯周ポケット(歯に接する歯茎の溝)の検査や動揺度 歯垢の付着検査などを行います。歯茎の状態の変化を見るためて複数回行います。

次へ

【STEP3】精密検査(適宜) 
歯周ポケット検査を詳しく検査します。主に進行した歯周病の時に行います。

次へ

【STEP4】歯石除去(1回45〜60分※指導時間含む)
●歯周病が軽度あるいは安定と思われる方については概ね3回に分けて歯石除去をします。
●歯茎の状況により4回以上に分けて行うこともあります。
●歯周病が進行している場合は6から8回に分けることもあります。
●歯が少ない場合は回数が減ることがあります。
●若い方の歯肉炎では全体を1~2回で終わらせることもあります。
●歯周病の進行が軽度でも長く歯石を取っていなかった場合には、除去後に知覚過敏症状が出現することがあります。歯茎の痛みが出ることもあります。
●知覚過敏、歯茎の一過性の痛みなどにより歯石除去を敬遠してしまうことがないよう、回数を分けることもあります。
●歯石と同時に着色除去も行います。
●忙しいから一度で終わってほしい、早く終わりたい...と言われる方も時々ありますが、考慮できることはしますが、医学的判断・健康保険の決まり等によりできない場合はご希望にはお応えしかねます。

次へ

【STEP5】ブラッシング(歯磨き)指導
歯石除去と平行してブラッシング指導も行います。歯周病治療、予防にはむしろ日々のご自身の努力の方が大切です。

次へ

【STEP6】PMTC(1回60分程度※指導時間含む)

【PMTC】プロのテクニックでお口の中がサッパリ

当院では平成10年頃から取り組んでいます。PMTCがまだ始まったばかりで、機器は1社からしか発売されていませんでした。PMTCって何?と歯科医師が言っていた頃です。

PMTCPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科医師、歯科衛生士などの専門家が専用の機器を使って、専門的にお口の中の清掃を行う歯のクリーニングのことです。指導をしながら一回60分程度の時間をかけます。

通常の歯石除去で取れない被膜(バイオフィルム)まで取って、虫歯や歯周病の予防に役立てます。PMTCを保険外にしている歯科医院もありますが、完全に予防処置とは言い切れず、当院では病状安定のメンテナンスと捉えて保険診療の一環で行っています。

PMTC1. 染め出し、バイオフィルム(歯垢)の付着有無確認

PMTC2. サスブラシ

PMTC3. メルサージュファイン+プロフィーブラシ

エバチップ

PMTC4. リナメル(トリートメントペースト)+ラバーカップ

ここまで4段階でバイオフィルム除去

PMTC5. フッ素塗布<歯質強化>

PMTC6. フッ素の浸透を待つ

「お子さんを歯医者に連れて行きたい」小児歯科

小児歯科

子供は治療を怖いと感じたまま成長すると、大人になってもできないことがあります。治療は絶対にできるようになります。あきらめずに何度でもご来院ください。

開業し、院長が年齢を重ねるごとに子どもの患者さんは少なくなると言われてきましたが、当院にはまだたくさんいらっしゃいます。しかし、当院では子どもだからといってあまり甘やかすことはありません。「今日は痛いことをしようか!」なんて冗談を言いながら、治療を行うこともあります。

抵抗してできないお子さんでも、必要な治療はやるべきだと考えています。それは、治療を怖がったまま成長してしまうと、大人になってからも歯医者に通うことを嫌がる場合があるからです。どんなに暴れるお子さんでも、必ず治療ができるようになります。ぜひ一度、ご来院ください。

こうすれば幼児でも治療ができるようになります

幼児は小さい大人ではありません。大人と同じ治療にはならないのです。成長発達を考えた対応が必要です。

小児歯科時には我慢させることも必要です
小さなお子さんの場合、「最初は抵抗しても、継続して受診すれば必ず慣れます」と私は言い続けています。「三つ子の魂百まで」というのは、良くも悪くもその通りです。幼少時にイヤなこと、キライなことを克服しなければ、大人になっても克服するのは困難です。

「克服する」といっても難しいことではありません。ただ辛抱して治療を受けてくれればいいのです。押さえつけて治療することも時にはあります。それでも続けてくれれば、克服できます。幼児でも、本人がある日気づくのです。

「小児歯科なら、泣かせず乱暴なこともせず、あやして何とか治療しろ」と思う人もあるかもしれません。お子さんによってはそれが可能なときもあります。しかし、実際はできないときのほうが多いのです。特に甘やかされて育ったお子さんは、短い時間で他人の言うことを聞くはずがないのです。

ある日突然、できるようになるものです
ただ、何でも無理にするわけではありません。軽度で痛みがない虫歯の場合は、治療をやめて様子をみる場合もあります。あえて無理に削らずとも良いと思います。「フッ素塗布を抑えつけて行う」という話を聞いたことがありますが、そこまでしてしなくても良いのではないでしょうか?

無理にでも治療する場合は痛み腫れがある場合です。幼児でも、治療された後に痛みがなくなると、そこで治療の意味を気づいて、ある日突然できる子になったりします。そういうものなのです。

泣いて抵抗する子どもを見ていると2種類あります。治療を終わっても興奮がやまない子どもさんは、できるようになるまでまだまだ期間がかかりそうです。
 終わったら十分褒めてあげて次に繋げる努力がしばらく続きます。

 治療中泣いていたのに治療が終わるとぴたりと泣き止むお子さんは、幼い頭でも計算している感がうかがえます。嫌だ嫌だと言いながら、私がすることをチラ見している子もいます。
 これらのお子さんは大人を困らせて嫌なことを回避しようと計算しています。
 親御さんも驚くくらい、突然大声で
「お父さんお母さんはそれで騙せても怖い先生には通用しないぞ!!」
と、私が顔を近づけて睨みつけて叫ぶと、びっくりしてその後泣き止んだり、泣くのは続いても大人しくなったりします。

「痛くないよ」と言わないで
 子どもさんのそばで「痛くないよ、痛くないからね」と「痛」を連発される親御さんがたまにあります。
 これは困ります。
 痛みがない、痛みが少ない治療を心がけてはいますが、絶対と言うことはできません。
少しでも痛かったら「嘘」になってしまいます。

 また、
「痛」くないよ、は、「痛い」よ、と言っているのと同じなのです。脳は「痛」の後の非定型は認識できていません。
「大丈夫だよ」
「きっとできるよ」
などと言ってほしいです。
「すぐ終わるよ」...は△です。
最初には言わないでほしいです。5分でも子どもは「すぐ」と思ってくれないからです。

良くない歯並び(歯列不正)の種類は?

叢生(そうせい) 歯がまっすぐ並んで居らず入り組んで生えている状態。乱杭歯。
犬歯唇側転位 いわゆる八重歯。乱杭歯で特に犬歯(糸切り歯)が外側にはみ出て生えている場合。
下顎前突(反対咬合) 受け口。噛み合わせが上下逆になってる状態で、特におとがいや下顎全体が前方に出ている状態。
下顎が基準より出ている場合と、上顎が基準より引っ込んでいて相対的に下顎が出ているように見える場合もある。またその混合もある。
顎の位置はほぼ正常で歯の傾きの異常のみで受け口になっている場合でも下顎前突と言うこともあるが、顎そのものが出ていない場合は下顎前突と言わない方が良い。
歯のみの反対咬合とした方が良いが混同して使用される。
上顎前突 出っ歯。正常より上の歯が前方に出ている。上の歯が出ている場合のみで無く、下顎が引っ込んでいることにより上顎前突に見える場合もある。
過蓋咬合 前後的では無く上下的な異常。噛み合わせが深くて上の前歯に下のの前歯が隠れてしまう状態。上顎前突とあわせて起きる場合が良くある。
反対咬合で過蓋咬合もある。
交叉咬合 左右的に噛み合わせがずれている状態。
開咬 奥歯で噛み合わせても前歯が噛み合わない状態。下顎前突と合わせておきることがある。
空隙歯列 隙間がある歯並び。特に真ん中の場合「正中離開」
歯の傾斜 前方に傾斜している場合は前突とも言う。側方に傾斜したり舌側(内側)に傾斜することもある。
歯の捻転 歯の軸に対して捻れている状態。
歯の転位 本来の位置でない場所にずれて生えている状態。
歯の挺出 本来の噛む面より出っ張っている状態。
低位咬合 本来の上下的噛み合わせの高さより低くなっている状態。
歯の埋伏 本来生えてくるべき歯が生えてこない。

歯列不正の原因

乳歯の虫歯 歯と歯の間の虫歯を放置して置くと、奥の歯は前方に移動してくる性質があるため、永久歯の生える場所が減ってしまい、叢生や歯の傾斜が起きる。
歯の根の先で慢性的に膿んでいると、永久歯がそこを避けてずれて生えることもある。
乳歯の根吸収不全 乳歯の根が正常に吸収しないことにより永久歯がずれて生えることがある。
乳歯の早期脱落 本来の次期より早く抜けてしまい、奥の歯がその場所に奥の歯が移動してきてしまうことがある。

●習癖
指しゃぶり 上顎前突、開咬
舌突出癖 開咬、上顎前突、下顎前突
上唇を噛む 反対咬合
下唇を噛む 上顎前突、開咬
うつ伏せ寝 交叉咬合、叢生、過蓋咬合、上顎前突
睡眠時に下顎を出す癖 反対咬合、上の前歯の下側傾斜
頬杖 交叉咬合、歯の傾斜

●口腔周囲筋肉などの問題
唇、舌の力が弱い、
口を開いている
叢生
舌の力が弱い 大臼歯の内側への傾斜
頬の力が弱い 大臼歯の外側への傾斜
低位舌 下顎前突
巨大舌 開咬
上唇小帯付着異常 正中離開
舌小帯が短い
(一般的に問題ないと
されても実際は短くて
緊張があることが多い)
叢生

●異常な歯・遺伝的問題
過剰歯 歯の埋伏や転位、捻転を起こす。正中過剰歯が多い。
歯の埋伏 永久歯はあるのに生えてこないことがある。犬歯や第二小臼歯に多い。
濾胞性歯囊胞 歯の埋伏を起こす。
癒合歯 2本の歯がくっついてしまう、1本半などの幅で出来てしまうと歯列の空隙を作ることがある。
部分的無歯症 先天的歯牙欠損、先欠。本来の歯が無い。空隙歯列や歯の傾斜を起こす。
親知らず 生えてくるときに前方の歯を押して、開咬や叢生を起こすことがある。
顎に対して歯が大きい 叢生、上顎前突
顎に対して歯が小さい 空隙歯列
上顎の劣成長 反対咬合
上顎の過成長 上顎前突
下顎の劣成長 上顎前突
下顎の過成長 下顎前突

●加齢的な問題
歯周病 叢生、歯の挺出、歯の傾斜(歯が欠損しなくてもおきる)

●その他
虫歯、歯周病による
歯の欠損
放置をすると、隣接歯の傾斜、相対する歯の挺出を起こす。
横向き寝、うつ伏せ寝 歯の舌側傾斜、叢生、交叉咬合

誰にでもやさしい医院を目指して ~ キッズスペース、バリアフリー完備

当院は、お子さんからお年寄りまで、どなたでも通いやすい医院を目指しています。

小児歯科当院では少しでもお子さんが楽しめるようにキッズスペースを用意しています。小さなお子さんでも安心してご来院いただけます。
開業が新しい医院では、キッズコーナーはどこでも当たり前のようにありますが、当院は平成2年開業時から前例のないなかで設置しました。

小さなお子さんには、治療を終わってから受け付けで、虫歯にならないチョコレート、ガム、タブレット菓子、お楽しみ消しゴムなどをご褒美として差し上げています。

また、ベビーカーでもそのまま院内に入れるように入口はスロープを設置し、バリアフリーになっています。

バリアフリーはお子さまのみならず、高齢者や障がい者の方への配慮でもあります。健常者がこれぐらい大丈夫だと思うことでも、身体の悪い方にとってはとても大きな壁となります。当院は、どなたでも気軽に通える医院づくりに取り組んでいます。

虫歯の進行とその治療方法

虫歯治療

虫歯にはCO(シーオー)からC4まであります。それぞれ症状も違えば、治療法も異なります。まずはきちんと診察を受けましょう。

痛みが少なく、できるだけ削らない虫歯治療
当院では痛みが少なく、できるだけ削らない虫歯治療を行なっております。詳しくは、

なるべく削らない治療
痛みの少ない治療

をご覧ください。

CO●CO(Caries Observationシーオー:初期う蝕)
歯が溶け始めて虫歯が始まっています。平滑面では白濁状態、前歯の裏や奥歯の噛む面の溝では、白濁や薄い着色がある状態です。穴はあいていません。この段階なら、しっかりした歯磨きを行えば進行せず再石灰化させることも可能です。歯磨き剤のフッ素、キシリトール、アパタイトなどの成分は再石灰化に役立ちます。

C1●C1(エナメル質う蝕)
虫歯菌がエナメル質を溶かし、小さな穴ができた状態です。まだ、痛みはありません。初期・中期には痛みをあまり感じないため無自覚のまま症状が進行する恐れがあります。保険適用内の白い詰め物をすることで治療できます。

C2●C2(象牙質う蝕)
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいる状態です。場合によっては、冷たい物や甘い物がしみることがあります。

虫歯の範囲が小さければ、保険適用内の白い詰め物をすることで治療は終わります。しかし、虫歯が内部で広がっている場合は麻酔をして虫歯を除去し、詰め物を作成します。詰め物の種類は保険適用内の金属(金銀パラジウム合金など)になります。

C3●C3(神経まで達したう蝕)
虫歯が達しているので、激しい痛みを感じます。神経が死ぬと細菌が根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯茎が大きく腫れたりします。C3であっても体調などによりまだ痛みを感じないこともあります。 

治療は神経を取り除いて根の中をきれいにしてから詰め物をします。根管治療を途中でやめてしまうと症状が悪化します。必ず最後まで治療に通うようにしましょう。

C4●C4(残根状態)
歯のほとんどが壊れ、根だけが残っている状態です。治療できる歯質が残っていれば、C3のケースと同じように根管治療をおこないます。症状によっては抜歯が必要なケースもあります。

保険治療で十分なら、保険治療をお勧めします

保険治療と自費治療

当院では、無理に自費治療を勧めることはありません。保険内で十分満足していただけるのであれば、保険治療をお勧めします。

歯科医院のなかには自費治療を中心に据えているところもあります。当院のこのホームページでも自費のメニューは多く掲載してありますし、院内でも紹介することはあります。しかし当院ではたとえ時間を掛けてカウンセリングをしても、保険内で最適なものがあればそちらをお勧めしています。

自費治療と保険治療との違いとは?

たとえば、既製服を眺めながら、次のようなことを感じた経験はありませんか?「これ、もうちょっと色が濃ければいいのになあ」「足の大きさが左右違うから、左右別々のサイズを買えれば良いのに」これらと同じことが、歯科治療でもあるのです。

自費治療と保険治療との違い保険治療は......
保険治療はどんな人にも平均的な一定の治療を提供できるように決められた制度です。もちろん、その中でもひとり一人に応じた治療を行っていますが制約があるのも確かです。

頻度が多い問題としては、白い材料の選択です。歯はもともと白いのです。誰もが虫歯治療後も銀歯ではなく白く修復したいのは当然です。

昔は天然歯質の代用になる白い材料があまりありませんでした。加工がしやすい金属が広く使われるのもやむを得なかったのです。白い材料はいろいろ開発され広く使われるようになってきました。しかし医療保険の逼迫から取り入れられず現在に至っているものが多いのです。

強靱な金属床義歯も昔からあるのに取り入れられていません。歯列矯正は、制度としては美容扱いなので取り入れられていません。歯並びが良くないと虫歯・歯周病も進行しやすくなりますし、本当は噛み合わせ、顎関節、姿勢、呼吸、心理的影響にも関係しているのです。

命に関わる医科の治療は非常に高価でも保険に導入されます。残念ながら、歯科は軽んじられている部分はあるのでしょう。

自費治療は......
その点、自費治療は保険の制約にとらわれず、患者さんの希望に応じて最善の方法・材料を提供できます。保険では銀歯になるところも白く出来ます。より自然な歯の色のセラミックなども選択できます。金合金(ゴールド)は保険の金属より精度を上げることが出来ます。

但し、自費治療が全部優れているとは言っているのではありません。小さな虫歯にセラミックやハイブリッドを入れる必要はありません。ある程度の広さの詰め物やクラウンの場合でも、金属の方が削る量が少なく済むこともあります。

<自費治療となる治療>
装置を使用する矯正歯科
セラミックなどを使用した審美歯科
歯を白くするホワイトニング
一部の入れ歯治療

痛みの少ない治療。私も痛いのは苦手ですから

痛みの少ない治療

「痛いのはイヤ」「怖いのは苦手」という方はいらっしゃいませんか?実は、私もその一人です。ですから、当院では、痛みや恐怖をなるべく感じさせない治療に取り組んでいます。

痛みの少ない虫歯治療をするために、当院では麻酔を使った治療を行います。

●注射の痛みを減らす表面麻酔
●痛みが少ない細い針を使用

歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔を注射しますが、「麻酔そのものが痛かった」という経験がある方もいらっしゃるでしょう。当院では、麻酔のときは、表面麻酔を使用 し、麻酔の痛みそのものも軽減するようにしています。

ここまでは多くの歯科医院で行われています。

さらに、一般的には麻酔で使う注射針の太さは30ゲージですが、当院では痛みが少ない極細の33ゲージの針を使用しています。

【笑気吸入鎮静法】リラックスした状態で治療を受けられます

恐怖心の非常に強い方、嘔吐反射などがある方には笑気吸入鎮静法を使います。ボーッとしている間に治療が終わるため、必要とする患者さんに使用しています。

笑気吸入鎮静法笑気吸入鎮静法とは、専用の鼻マスクを使って鼻から吸引する麻酔です。笑気吸入装置で30%~50%の低濃度笑気と70%~50%の酸素を混合して使用します。

麻酔ガスを低濃度で使用することにより、意識を失うことなく、嘔吐反射抑制効果、鎮静効果、リラックス効果が期待できます。

笑気は、吸入を停止すると数分で呼気から排出されるので安全です。ほのかに甘い香りで違和感もなく気持ちよく吸入できます。作用してくると口元が緩むことから笑気と呼ばれているのです。

健保適用です。

お子さまからお年寄りまで、体の弱い方にも安心して使えます。むしろ、非常にデリケートな人ほどむいているものだと言えます。ご使用になった多くの患者さんから「普段は歯ブラシでも気持ち悪いのに奥歯の治療が出来た!」「ほとんど痛みを感じなかった」「あっという間に治療が終わった」などの声をいただいております(実際には時間はかかっています)。

笑気吸入鎮静法を使用した場合の治療
笑気吸入鎮静法(1)チェアにすわり、鼻マスクを着けて、通常の鼻呼吸をします。吸入後5分以内に、リラックスした状態になります。眠っているような状態になるため、治療に対しての恐怖心が和らぎます。

(2)吸入中は時間の経過や歯を削るときの不快感、注射の痛みなどが気にならなくなります。もう、治療椅子にしがみつくこともなく、気持ちはすっかり穏やかです。

(3)削ったり抜いたりの治療中も、怖さを忘れてしまいます。体の機能はいつもと少しも変わりません。医院のスタッフとの会話もできます。

(4)血中からの排泄も非常に速いので、吸入をやめれば元に戻ります。治療終了後、数分で帰宅することができます。

※写真は旧型器です。2014年2月より新型器を使用しています。新型器写真は準備中

【エイクレス】振動によって痛みを軽減します

エイクレスとは微細な振動を与えて切削の振動を緩和し、痛みを和らげる医療機器です。大変優れた機器ですが、あまり広くは普及していないのが残念です。

エイクレス30年という期間と多くの臨床実験を重ねて開発されたエイクレスは、「歯医者に行くのは痛いから」という人たちのために生まれました。人の身体にも、心にも優しいハイテクノロジーです。

エイクレスはタービンに縦の振動を与えて切削時の歯の横揺れを防ぎ、痛みを軽減します。痛みを抑えるだけでなく、麻酔を効きやすくしたり、切削の切れ味を良くしたりという効果もあります。また、歯科治療のクオリティや時間削減にも大きく貢献します。

<エイクレスを使用するメリット>
・治療時の痛みを軽減できる
・軽いタッチで能率よく切削できる
・異常な発熱がなくなる
・切削音が気にならなくなる

【オペレーザーPRO】必要な範囲のみの切開をします

炭酸ガスレーザーは、切開と同時に止血もできるので、術後の出欠が少なく済みます。また、ピンポイントで、狭く必要な範囲のみ切開、焼灼できます。

オペレーザーPRO炭酸ガスレーザーは安全かつ広範囲な治療に使用可能です。切開・切除だけでなく、様々な処置に対しハイクオリティな治療を実現しています。

●根管治療、アフタ性口内炎、口角炎、口腔異常感、知覚過敏など
●持続出血の止血、歯茎のメラニン色素除去
などの治療に効力を発揮します。

レーザーメス(連続発振)としての特長
1. 切開と同時に止血もできるので、術後の出血が少なく済む
2. 通常の電気メスは接触した周囲も焼けてしまうが、レーザーはピンポイント、狭く必要な範囲だけ切開、焼灼できる
3. 術後の傷の治癒が早い
4. 術後の痛み、腫れが少ない

オペレーザーPRO蒸散等(スーパーパルス)としての特徴
1. 殺菌、消毒効果がある
2. 炎症を抑える効果がある
3. 知覚抑制効果がある
4. 止血作用
5. 粘膜表面組織の蒸散

できるだけ削らない。それでも削る時は、細心の注意を払います

できるだけ削らない治療

※※「なるべく削らない」とは、従来より削る量を極力少なく...と言う意味です。CO以外で削らなくて済むことがある、ということではありません。

当院では、歯をなるべく削らない「MI=Minimal Intervention(ミニマルインターベンション)」治療を採用し、患者さんの治療による負担を軽減するように努めています。

私たちは毎日歯を削ったり、歯を抜いたりしています。しかし、削ること、抜くことはやむなく行う手段の一つであって、歯を守ることが本来の歯科医師の仕事です。医療の中の歯科の目的は歯を保存することなのです。

保険治療でも自費治療でも、たくさんの歯を削ったり、抜いたりした方が料金が上がる体系になっています。しかし、そのような現状に関わらず、当院では「歯を守る」ことを第一に考えながら治療にあたっています。

できるだけ歯を削らない治療~MI治療

MI(ミニマルインターベンション)とは「最小限の侵襲」と訳され、虫歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。

 MI治療●健康な歯を可及的に削らない
●神経を保存できる可能性が増す
●修理や修正が容易

一般的な虫歯治療では、予防のために虫歯になるかもしれない健康な部分まで削り取ります。また、治療後に痛みが出る可能性がある場合は、神経を取ることもあります。これらの処置を行うのは、治療した歯が再び虫歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを回避するためです。

しかし、歯は一度削られると二度と再生できません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。通常の治療でも常に少ない削除量を心がけています。少ない削除量で歯の負担を減らし、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができるのです。

【ドックスベストセメント】ミネラルで虫歯を殺菌

当院ではMI治療の一つとして、ドックスベストセメント(Doc's Best Cements)という、ミネラルで殺菌し歯を削る量を減らす治療法を導入しています。

ドックスベストセメント

<ドックスベストセメントのメリット>
・中等度の虫歯の場合、歯を削る量が少ない
・大きな虫歯も神経を取らないで済むことがある
・お子さまの若い永久歯の虫歯に最適
・治療回数が少ない(通常2~3回)。
・薬ではないので、アレルギーのある方も安心して使用できる
・長期的な除菌効果が期待できる

噛み合わせの悪い原因は足だった......なんてこともあります

コミュニケーション

当院では、お口の中のことだけでなく、体全体のことを考えた治療をおこなっています。そのため、必要であれば歯に関することだけでなく、全身状態を把握することから診療をはじめます。

歯を含む口腔領域と全身のほかの部分とは密接な関係があります。当院では特に顎関節症、不定愁訴などについては、身体の調整をしながら歯の治療も行います。もちろん、希望があれば、です。

私は、「どうして歯の丈夫な人とそうでない人がいるのか」「どうして歯並びは悪くなるのか」「どうして対角線状に歯がなくなっていくのか」などいろいろ調べていくうちに、歯科の専門分野以上に口呼吸の害や姿勢との関係など、歯科以外の周囲の分野への興味が増していきました。

以前は噛み合わせの専門家を目指そうと思ったこともありました。しかし、噛み合わせも、そこが大本と考えると違うということがわかりました。噛み合わせから全身に影響がおよぶなら、全身から歯や顎に影響がおよぶことも大いに考えられる訳です。

噛み合わせの悪い原因は足だった......なんてこともあります。このあたりは未だ勉強中です。

悪いところを全部治すことが、良い治療ではないのです

患部の状況や先行きのことを考え、場合によってわざと治療しないこともあります。もちろん、患者さんには丁寧に説明いたします。

悪いところを全部治すことが、良い治療ではない当院の問診票には、治療に際して、悪いところは全部治す、気になるところだけで良い、という選択肢があります。本来は「悪いところは全部」で然るべきですよね?しかし、徹底的に行わないほうが逆に全体として歯が長持ちする、ということも実際にはあるのです。

たとえば「いま手をつけると抜歯になってしまう。でも、微妙な釣り合いの下に保たれているので、そのままにすれば数か月、あるいは2~3年は持つかもしれない」という場合には、触らないほうがいいと思っています。

逆に、「いま抜歯しておけばアゴの骨も保たれるので、抜歯してインプラントにしたり、仮に部分入れ歯でも骨があったほうが有利」ということは専門的には大いにあります。ですから、合理的判断のほうが勝る、と言えるのです。

しかし、その場合、まだ持つ歯を歯医者が金銭的に都合がいいように適当なこと言って抜いてしまったのではないか?と、患者さんが疑うことは十分ありえます。であれば、患者さんが実感されてから手をつけたほうが、納得がいくというものです。もちろん、先行きの不安定な場合にはそういう情報は伝えます。

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです

患者さんの話をよく聞くことそれは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

たとえば、一口に「歯が痛い」といってもその痛さの加減は一人ひとり違います。痛いといっても本当はぜんぜん痛くないこともありますし、慌てて歯医者に駆け込むような痛さでないこともあります。ですから、患者さんの話をよく聞かないと、勘違いしたまま治療をはじめることになってしまうのです。

また、特に年配の方は何を言っているのかよくわからないことがあります。「ぜんぜん食べられない」と訴えていた患者さんの話をよくよく聞いてみると、「餅」が食べられなくなったという話だったこともあります。患者さんが「この歯が痛い」と言われた歯が原因では無くて、実はそばの別の歯が悪かったというケースは良くあるのです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

とはいえ、無理に話を聞く、ということはいたしません
患者さまのご要望は様々です。

昨今、一口腔単位で(お口全体を見て)現状をカウンセリング室で説明し、治療計画を立てて患者さんに提案をしてから治療を開始しますというスタイルが増えてきました。

質の高い歯科医療を提供する、ということで推進されつつあります。ですが患者さんの中には、以下のような感じ方をする方も少なくないと思うのです。

●早く気になるところを先に進めてほしい
●時間をかけて説明を受けたのはいいが、そこまで多く治療しなければいけないのか
●保険外の説明もあったが、保険でやってほしいのに断りにくい
●1対1で説明されたので雰囲気でOKしてしまった、やはり考え直したいが言いにくい

ですから、私は結局のところ自分の身体のことを決めるのはその人自身だと思うのです。私は歯医者からの一方通行ではならないと考えています。

"優秀じゃない"患者さんにも治療をするのが、歯医者の努めです

最近はデンタルIQの高い患者さんを求める歯科医院が増えてきました。しかし、すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目だと考えています。

すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目患者さんから「最初はブラッシング(歯みがき)の徹底ばかり、早く治療を」という声を聞くことがあります。歯科医師から言わせれば、せっかく治療してもブラッシングが悪くてはお口の健康の安定が保てないから、ブラッシングのチェックは重要ということは確かです。

そして「"デンタルIQ"の高い"優秀な"患者さんを治療することが良いことだ」、歯科医や歯科衛生士向けの雑誌にはそういう立派な「症例」が多く報告されています。そういうことをしていないのはレベルが低い、みたいな感じで。

でもどうなのでしょう?ご高齢の方にはなかなか分かりにくい、できないことも多くあります。誤解を恐れずに言えば、言葉は悪いですが、いい加減な方や放置ばかりの方、医院の高い治療方針についていけない方にも治療は必要なのです。どんな方も受け入れる私はレベルが低いのでしょうか?

結局のところ自分の身体のことを決めるのはその人自身です。それが医学的に良くないとしても、患者さんの希望で良いと思います。もちろん必要な説明はします。その上で治療をどこまでするかは患者さんの自由です。

患者さんの気持ちに応える治療を心がけています

医療的な理想を追求するよりも、患者さんの気持ちにそった治療をすることのほうが重要だと考えています。

患者さんの気持ちに応える治療コミュニケーションを通じて、その方がどのような治療を求めているかを見極めることが大切だと考えます。極端な話、それが理想的な治療でない場合でも、患者さんの気持ちを優先することに重きを置きます。ただ、患者さんの意に沿いながらも、治療に関しては丁寧に施すことが第一だと思っています。

たえば"急いで治療をする"のと、"慌てて治療をする"のとでは、意味が違います。急いでいても、必ずソフトタッチで丁寧な対応を心がけています。奥歯の治療をするときでも、最後に力を抜くときは優しくソフトタッチで終わらせます。そういう細かい配慮が大切だと考えています。

そのため、患者さんからは「丁寧にやってもらってよかった」という言葉をいただくこともあります。また、時間をかけずにパパッとやってほしいという患者さんでも、時間をかけて丁寧に治療をすると、終わったときに「ありがとうございました」と声をかけてくれる方もいます。

患者さんの気持ちに沿いながらも最善の治療を提供することが、私たち歯科医師の役目だと考えています。

【3MIX法】う蝕治療用抗菌剤

また、当院では、MI治療の一つとして、3MIXという抗菌剤を使用しています。三種の薬を混ぜた混合薬剤で、虫歯の患部の細菌をほとんど死滅させる効果があります。

新潟大学歯学部ウ蝕研究グループが30年ほど前に開発した本来の3MIX法は、特に子供達の深い虫歯について、歯髄を取り除いて枯れ木にしてしまうことを少しでも防ごうと試みた治療法です。必ずしも万能ではありませんが、削る量を減らすための治療法として、当院でも導入しています。

「削らない、痛くない、再発しない虫歯治療法・3MIX-MP法」といった報道がなされていることがありますが、実際には、
●治療のために歯は若干削ります
●治療にはやはり若干の痛みはあります
●治療後の再発の大部分は患者さんの手入れの不十分で起きています

ですので、こういった点やまた、3MIXについての理解が必要となります。

3MIXは、いずれも虫歯の治療薬として厚生労働省の認可が得られていません。そのために、歯科医師が虫歯の治療に用いる場合は、その安全性、効果などを患者さんによく説明し、十分なインフォームドコンセントにより、患者さんからの使用のOKを得てはじめて使うことができます。


2012年6月 « トップへ » 2013年7月


コールバック予約

PAGE TOP