«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 自己紹介2 | メイン | ASUS VivoBook X202E-CT3317G購入 »

2013年8月 3日

歯科医師になり開業して現在まで
 
 私の家は昔から農家です。今の診療所は以前うちの田んぼでした。子供の頃~大学生までよく手伝いをしました。大学を一方では農学部を受けたのも、家業を継ぐのは困難と思いつつも関係した方面に進もうかと思っていたからです。

 歯学部を受験したのはひょんなことからでした。
 高校時、志望校を複数書く必要があったものの、埋める大学が無くて困りました。共通一次試験(今のセンター試験)が始まって国公立は1校しか受験できなくなりました。取り敢えず関東関西の私大農学部も考えたものの、両親からは自宅通学を命じられていて、私立農学部は名城大しか無かったのです。
 同じ学校法人の愛知学院大歯学部が農学部と同じ受験科目だったので空欄を埋めるために書いたのが最初でした。

 高3の担任の先生が、医療のほうがお前に合っている...と勧められてその気になってしまった...のでした。高3の担任は日大歯学部に進学したものの家の事情で学部を変わり英語教師になったという変わり種の先生でした。
 今は違いますが、当時一部の私立を除いて、私立高校は公立レベルで無い生徒または公立不合格の生徒が行くところでした。
 私も公立校受験に失敗したので、大学は国公立に合格することを目指していました。
 医療には最初関心は無くて、国立は歯学部受験することは考えていませんでした。だいたい、名古屋に無いですし。
 正直そこそこ勉強した...くらいで、運にも恵まれ岐阜大農学部に合格しました。
 結局私大は名城受けずに、愛知学院大学歯学部だけ受けて先に合格していました。
 最後まで迷っていましたが、歯学部を選択し留年も無く国試も現役合格して今に至ります。
今では感謝しています。

続く

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/444

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。