«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 明治探険隊TRICK II WHITE | メイン | 周術期口腔機能管理講習会 »

2014年3月 4日

菜の花入りたません
140302nanohanairitamasen.jpg
TRICK III 精密な糸の砦
IIIが五代目。
正直、初日はIIまで合格すれば良いかな...と思っていました。

奇術弐だけ、直ぐ見つけたのですが、後はすぐ分からなかったので...
弐は、特徴的な形がシンボルの館は直ぐ分かるので、そこへ行ったが...無いんだな...他の方も探していたけど。
でも、直ぐ分かりました。
薔薇は、他の館の象徴...何とWにヒントがありました。木はこの形から何の木か...
ほんと、この日は良く飛んでいたと思います。

奇術四は、右上の文章が館を現していますが、私は左の絵で察しが付きました。去年おまけの問題で悩んだので。
去年もTRICK3辺りで、場所特定してもそこで見つけられない...ということがありましたが、今回もそれを狙っている感じですね。ここの筈なのに無いよ...って。

後は分からない...と思っていましたが、
息子が村民登録更新している時間に、待ちながら鉛筆で書いていて気付きました。奇術参。
点こそ肝要...とありますが、点から線が出てくるのです。皆考えると思いますが。

最後に奇術壱。
奇術壱を読んで、4ページに渡る糸を読んでいました。
背景の糸の文字。でもそれは後で使うものでした。

壱は分からないので、英国の技法の建物をHPで探しました。3つあります。
そのうちの一つがカタカナで現れていたので(法則無き勝手な解釈)、そこへ向かいましたが、向かう途中で息子が読み方に気付きました。推測は確信へ。

さて、ヒントは揃ったのですが、どこそれ????
と惑わすのです...。
上手く作ってあるものです...気付いたのはまた息子でした。
出てきた文面の意味をはき違えないように...と書いておきますか...
4つのヒントで関係ない場所を彷徨く隊員も多分いっぱいいるでしょうね...
日本庭園かな...なんて。書いている、ということは違うと言うことですよ。

四つのヒントから最後のヒントが見つかり、それをまた解く必要がありますが、それは私は先に分かっていました。最後のヒントの後直ぐ様向かいました。

もう4時を回っていましたが、急いで受付へ。
で、
合格~~。
4時間半くらいで解いてしまいました。
もやもやも無く。偶然見つけたけど分からん...というものもなく。
人が増えると群れが出来そうな場所が今回もたくさんあります。
裏に回れば人が...ならまだしも、表通りから見えそうなところに重要な場所があるのはどうかな?と言う気はしますが、解けたので偉そうなこと言っています(*^_^*)

今年は簡単なのか、私たちが冴えていたのか...

5月前に一度ぶらつきに来ようかな...奥様連れて解説がてら。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/511

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。