«  2014年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2014年9月28日

「メタルフリーのススメ」
 船井総合研究所の歯科経営セミナーを受講した。午後1時~5時までみっちり。

 東証一部上場企業の船井総研がなぜにニッチな歯科医院経営コンサルをするのか...という疑問も少々有る。今は船井から独立されたI氏が先鞭を付けた分野であるが、今日の話だと現在のグループが始めたのは4~5年前と聞く。

 まあ、そんな向こうさんの事情はともかく、I氏のは徹底的に我武者羅に...という感があるが、もう少し簡便にほどほどに切り口を変えた方法論は無いか?ということでは、今日のセミナーも良かったと言える部分はある。

 目標を絞って情報は思い切り出していく...普通はかなり高いジルコニアを4.98万~5.98万というお得な金額にして何とか自費に切り替えても良いと考える層を広げる...というのは、確かに良いとは思う。

 良い結果が実際出ているのだから、良いはずだが、ジルコニアをその値段にするには他の補綴物をどうするのかとか、技工所をどうするのか...という問題がある...。
 セミナーの中では、待合室やチェアサイド、その他治療途中に繰り返し、最後の補綴物を考える機会を作っていくことが重要...と言われたような気がする。
 確かに、根充後1回の説明だけでは、費用くらいしか考えることがない...

 コンサルに時間を費やす方法論はこちらサイド、患者さんサイドでも、敬遠したい部分はあると思う。

 基本的なこととして、いろいろ手を打ち経営をよくする...ということより、もっと違う分野に私のやりたいことは有るような気がする。でも、当面普通の経営も良くなくてはならない...でもあんまり経営ばかりにエネルギーを注ぎたくない...
 削って詰めて...も必要だが、そうではないことに昔から足を突っ込んでいるので、中庸を取れば...と思うのが良いとは思うが、中途半端になっている気もする。

 なかなか難しい。

 引き寄せ法則的に良い気分でいてふっとお金が沸いてくるのがいちばん良いかな。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年9月25日

 午後、新しい稲沢市民病院の内覧会に行ってきました。
 市民向けの前に医療福祉関係者向けの内覧会です。
 各診療科や手術室、検査室、病棟など。一部の病室には庭が見えます。
 愛知県で2台目という、手術中に撮影できるCTもありました。
 スタッフ向けの託児室も。あんまり多くは預けられないようですが。

 歯科口腔外科ではいつも文面だけの先生と初めて面会してお話も出来ました。津島や日赤は予約が出来るが稲沢はどうか?と伺った際に、患者さん自らが予約できるとのこと。ただ、予約無しで行ってもさほどお待たせはしないとのこと。
 真新しいオサダのチェア2台。歯科は窓がありませんでした...。今後は電子カルテになりますが、今までの紙やフィルムデータも既往を見るために必要で有り、スキャンしているが大変...とのこと。確かに。
140925.jpg


 その後17時半より、あま市民表院。北病棟講義室。
 開会の辞は私。挨拶として赤毛病院長と加藤海部歯科医師会長。
 講師は名古屋第一赤十字病院歯科口腔外科部長の大岩先生。座長渡辺あま市歯科医師連絡協議会長。
 あま市民病院は歯科が無いので、病院の歯科口腔外科が具体時にどんな診療内容かよく分からない...ということで、日赤の歯科口腔外科の扱う病変について、同じ歯科の私たちもためになるような多数の症例スライドを提示して戴きました。
 粘膜病変や、口腔がんがメイン。ビスホスホネートの顎骨壊死症例も。
 今回のタイトルは「周術期口腔機能管理」では有りますが、周術期そのものについては逆に時間は少なかった模様。「外科」なので、口腔機能管理...に時間を割きすぎることが多忙すぎて出来ない...とのこと。
確かに。
 常勤医局員6名というのは、病院の口腔外科では特殊...というか他ではなかなか無いとのことです。
 今回は病院側からも医師や看護師など十数人参加戴き、40~50名くらいの参加で盛況でした。
あま市以外からも愛西市など他市町村の海部歯科医師会会員の方々にも参加戴きました。
 今回の講習会は愛知県の補助が出ている指定の講習会で、大変有意義だったと思います。

 夜、あま市歯科医師連絡協議会、及び懇親会。「〇くや」にて。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年9月 8日

 昨今よく、政府は〇〇を隠している...、情報操作されている...、××物質が危ない...、△△薬が危ない...などなど、そんな情報がFacebookの友達、友達の友達等から流れてくる。

 それらの情報は、一定のソースがあって正しいのかも知れない。
 正しいことも多かろう。
 ある程度名のある方がのたまっているから正しい...と思うかも知れない。

 でも、どうだろう?
 鵜呑みにしてシェアしてシェアして...その態度っていかがなものか?
 例えば、政府は放射能の情報を隠している、実はこんなに広がっている、危険だ...という情報が流れてきたときに、それは、某隣国反日国家のエージェントが巧みに反政府的な意識を煽るような情報操作を裏でしていて、それに乗っかってしまっている...
としたら?

 ...というようなことを言ったら、そんなのまやかし、映画ではあるまいし、お前は推進派か!と言われるかも知れない。

 が、そのくらい少し疑って丁度良いと思うのである。
 情報は情報、どんなに名がある人言ったとしても、信頼できる友人がシェアしたとしても、全部正しいとは限らない。
 別の名のある人は違うことを言っている...こともある。

 名もない一市民の自分が名がある人を斟酌できない...と思うかも知れないが、
 あの人が言ったのだからと鵜呑みに受け入れて実は間違いだったときに、騙された、彼が悪い!と言えるのか?
 考えた末にその情報を受け入れて間違っていたときは、自分も考えた末のことだから...と、闇雲に他者を攻撃することはないと思う。

 健康情報などはある程度自分で体験して確認できる事柄もあるが、自分では何ともならないことも多い。
 考えた末に発信している...のは大いに構わない。
 情報として戴きたい。
 裏はこうなんだ!と言う情報を鵜呑みするのは、表面的情報をそのまま信じるのと変わらないと思う。
 
最後に、もちろん私が発信した情報も、違うかもと思って構わない。

------------------
 Facebookに書かずに公開の場で載せてしまうのも何ですが...
 敢えてそうしました。
 見られることもあると思いますが、全然知らない方が共感を持って貰えることもあると思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年9月 4日

http://lupin-the-movie.jp/

ルパン三世を見て来ました。公開されて一週間足らずで見に行くのは珍しいことです。
最初のアニメのシリーズやそれにつられての単行本は見ましたが、その後のアニメ作品は実は余り見ていません...。
ずっと見ていたファンからすると評価は違うかも知れませんが、私としては初期のルパンの味が出ていると感じました。

昔と違って今はコンピュータが不可欠。セキュリティーでも。
とすると、4人の泥棒キャラクターだけでは活躍が出来ない...と見たのか、新たなる仲間が出てきます。
展開が早い割に設定が複雑なので、理解するためにパンフを購入しました。
知らない俳優さんを知るためにも。

ジ・アークへ侵入するのに天才ハッカーとして突然出てきた太ちびメガネのキャラクターは、紹介がなく、巻末の名前は出ているのでしょうけど、誰だか分かりませんでした。
公式サイトにも紹介無し。

全体を通して日本語で喋っている部分は少ない感じです。もちろん映画では日本語ですけど、口を見ていると、日本人も英語か何か喋ってます。吹き替えてますね。

どうして人間って言うのはこんなにバイオレンスが好きなんだろう(そういう映画なんだけど)
ちょっと煙草咥えすぎでは?またクレームが来るのでは?(原作の時代では問題なかったとしても)
最後に銭形がパトカーでルパンに迫るときのパトカーの車種がメチャクチャ古い...
いつも枝葉に興味が行く私です...。
まあ、ストーリーを書くわけに行きませんが。

5人の主役は皆、感じが出ています。ルパンもちゃんと小栗旬がイメージ出しています。
峰不二子、黒木メイサで感じ出ています。宇宙戦艦ヤマトの森雪...はアニメと全然違いましたが(わざとでしょうけど)。他に峰不二子を演じるとすれば、体型だけなら藤〇紀香かも知れませんが、演技やアクションで困難だったか...

次元もそのものでしたし、五右衛門はちょっと顔の輪郭が違う感じはありましたが雰囲気は上々。台詞は少なかったですね。
日本国内では出来ないような爆発シーン...タイならでは。
タイの本物の軍隊の協力があったそうです。

お勧め。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2014年8月 | メイン | 2014年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。