«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 西原研究所年次報告会・講演会参加へ                      あま市。稲沢市。矯正。はせがわ歯科医院 | メイン | 意識波動医学研究会主催講習会「生活に役立つ『技』の公開及び修得」 »

2014年12月13日

最近、有り難いことに新患が増えています。
 ただ、少し気になるのは、ふっと、飛び込みで来られること...
 痛みなどあれば、それは致し方ないですが、
 患者さんの要望に全部応えることが出来ない...ということを伝えても理解して頂けない場合もたまにあること...。

 すぐには診察できない...
 痛みをすぐ取れるわけではない...
 
 急に来られて時間を延ばして診たのに、その次無断キャンセル、しかも未収金ありのまま...
なんていう人もあります。
 治療中断した歯が多く存在している患者さんにそういうパターンが少なくありません。
 痛くされたから
 ぞんざいに扱われたから...
 治療費が高かったから...
 などと私たちの方に責任転嫁しているかもしれません。
 どうしてそう考えるかというと、
 うちに転院してきたそういう患者さんが、前医のことをそう言うので。
 知人やスタッフなどが、そういう会話を聞いたと報告してくれるので...

 でも、
 それは、それは違うのではないですか?
 たまたまあなたの希望通りに行かなかったかもしれないですが、
 今の医学が万能ではないので、
 上手く運ばないこともあります。
 それはあなたの歯の問題で、
 治療した歯科医の腕ではないのに...という場合は往往にして有ります。
 などと諭しても仕方ないので、「なるほど」と聞き流して私は私で淡々と患者さんのために努力します。
 でも、何故か痛みがなかなか引いてくれないこともあります。
 知らぬ間に来院されなくなっていたりします。

 逆に、他院で治らない...という患者さんが来ます。
 もう少し腰を据えて、すぐ疑わないで、受診して欲しい気もします。

 ブログを見られた患者さんが誤解されると困るのですが、とにかく、私はいつもしっかり診るようにはしているのです。


 

 
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/587

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。