«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« ○○(食品の種類或は食物に含まれる物質など)が危険、は本当か? | メイン | あま市甚目寺西小学校 学校保健委員会 »

2015年1月21日

20150121sougouiryou.jpg

第417回総合医療開発研究会 特別講座
「歯科における漢方医学と舌診について」と題して、名古屋市立大学名誉教授、横井基夫先生に講演いただいた。

「漢方医学」とは中国の医学ではなくて、我が国に伝来して以降「日本の伝統医学」となったもので、中国の医学は「中医学」と云う。
医学部ではすでに必須科目となっている。
名市大の医学部の漢方医学は口腔外科の横井先生が中心になって纏めたとのこと。まだ、講義には一部出ていて、学生はとても熱心とのこと。
翻って歯学部では、「必要ない」ということになっていてとても残念。文科省は医歯薬で教えること...と言っているが。

漢方は組み合わせによって薬効が変化するので、基本的に一剤にしないといけない。併用は二剤まで...
口内炎の適応の処方、半夏瀉心湯は下痢傾向の人に...など特徴がある。
など。

鏡を見ながら自分の舌診も。
症例としては、舌苔や舌の大きさ、色調から見ていくとしても、どうしても見るからに異常な舌の持ち主...にHIV感染症の人が居た例など。

舌苔は舌ブラシで少しとる...などというが、経過良好な人はあまり取れない。
どんどん取れる舌苔を持つ人は、持病の予後不良が疑われる、とのこと。

質疑応答に入り、座長田辺先生から指されて、「白虎加人参湯」の病名について聞いてみた。その後2~3人の先生が質問された。

全体を通して理解しやすく構成されたお話だったが、HIVの人の舌や、舌苔取れると予後が悪い...などの情報も有意義だった。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/597

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。