«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 第417回総合医療開発研究会 特別講座 歯科における漢方医学と舌診について | メイン | はせがわ歯科医院新年会 ------------ 稲沢市・あま市・清須市等からパート募集中 »

2015年1月29日

校医をしている小学校の学校保健委員会でした。

歯科のことは前期に行うことが多いのですが今年はなぜかこの時期に。
父兄含めて20人ほど参加。

歯科保健の報告後、舟橋歯科衛生士さんによる染め出しとブラッシング指導。
噛むカムチェックガムで咬合力検査も。
児童さんでも行ったことがありますが、なんと子どもたちより噛む力が劣っていることが判明!!
保健委員会でこういうことをするのは珍しいですが、教頭先生が自慢の電動歯ブラシで昼磨いた...と言われた割に磨き残しがたっぷりあることが判明したり、珍しく...と言っては何ですが、楽しい保健委員会でした。
私は、子供たちから受けた30件ほどの質問にすべて回答して今日ペーパーで渡しました。

我ながらいい回答だ...と自画自賛したもの一つ紹介します。
先生方にも受けました(^^♪
3年生の質問
・むし歯を抜くのはどれくらい痛いですか?
  むし歯ができるのは人のせいではなくて自分のせいなのです。むし歯にならなかったら、その歯もあなたとともに楽しい毎日を過ごせたのに、むし歯という病気になったせいで、ぬかれて死ぬ運命になってしまったのです。
 あなたが反省して残った歯をむし歯にしないように努力する決心をしたなら、素直に痛みを残さず抜けてくれるでしょう。もし、反省が足らないと、むし歯で抜かれる歯はこらしめのために、のたうち回るような痛みをあなたに残すでしょう。


20150129.jpg

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/600

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。