«  2015年7月23日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2015年7月23日

150723.png

伊東聖鎬先生の「筋肉反射検査・揺らぎ検査・読脳法」の研究会第3回目に参加しました。
今回の木曜のアドバンスコースは、都合が付かなくて1~2回目は欠席。
その前のコースも最後の回欠席だったので、実に4ヶ月ぶり。

筋肉反射検査を細かい筋束~筋紡錘と産毛を触れる程度の接触で突き詰めると、読脳法のトレーニングにもなる...ということでしたが、そこまで聞いてくれる人として、相談者が「準備」してくれていないと、結局は読めない...ということ...とも言われました。
ではどうすれば良いでしょう?
やはりある程度の困難のある人生を乗り越えてきた経験が無いと行けない...のでしょうか?

さて、気力低下スイッチ引き延ばしプログラム組み替え...
すでに6回目で終了となった方もおられますが、中断した私...特例で出直し...を許可して頂きました。
この日、とっても辛くて眠くて、自発的に立って拝聴するなどしていましたが、座骨のプログラム低下があるとのこと。じっと座っていられるのは30分...以前はそうでなかった筈でしたが...

さて気力は漲るでしょうか?


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年7月17日 | メイン | 2015年7月24日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。