«  2015年9月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2015年9月21日


hakui1.jpg



私を含め、当院のスタッフの白衣(診療衣)のデザインはバラバラです。
普通は、統一されているか、役目によって差があったりしますよね?

でも何年も前から、だいたいの価格の設定はしていますが、おのおのが好きなデザインのものを選択して着て貰うようにしています。
その方が楽しいですからね。

当院も最初は統一していました。
しかし、白衣が汚れて更新することになったり、スタッフが交代していく課程の中で、以前のデザインが無くなっていたりしてくるのです。
その都度全員の白衣を更新するわけにはいきません。
スタッフと分かれば良いのだから、違うデザインでも構わないだろう...ということになり、それなら敢えて似たデザインにしなくても良いのでは?ということになりました。

限られた中とはいえ、好きなものを選べるなんて良いではないですか!
以前は色合いも、白とか薄いピンクなど「白衣」っぽいものしか在りませんでしたが、最近は色も柄も様々なものが出回っています。
医療機関とエステなどとの境が無くなってきている...ようですね。

かくて、写真のようにバラエティーの富んだ白衣...てはないですね、診療衣を着ています。


hakui2.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年9月13日

目まぐるしい一日。
午前は急病診療所にて、休日歯科診療当番。
150913_1.png

昼1時から、新あま市民病院の内覧会。午前は議員さんら関係者が集まり竣工式が執り行われた。
午後は医療関係者向けの内覧会。
んーー他の歯科の先生には会わなかったな...
150913_2.png

その後、「和らく」にて、昭和52年卒業(51年度)大里中学校同窓会実行委員会8名。
新しく分かった同級生の住所、案内文の吟味...など。

5時からはそのメンバー及びSNSなどでの呼びかけで参加した同級生によるプチ同窓会。
これが一番楽しかった!19名。
150913_3.png


※私以外はひとまずプライバシー尊重のため顔に処理してあります。
次期同窓会は平成29年(2017年)1/3です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年9月 6日

150906.jpg

海部地区急病診療所会議室において、40名ほどの参加で開催されました。
東京から。国際マイオドンティクス学会副会長、財部洋先生をお招きして、「マイオドンティクスって何?」というタイルトルにて。

今回は、マイオドンティクスの研修を受けていない先生方が多数見えると言うことで、このようなタイトルになったとのことです。
もちろん受講された方々も参加されました。

司会の渡辺治先生から、何か質問を...と念押しされていたので、乳児の吸啜に関して質問をしました。
会長の渡辺剛先生が殆ど全員に声をかけられたので、それぞれの感想を伺うことも出来て有意義だったと思います。
場所を変えて、名駅前ミタニビルの中で懇親会。
財部先生のご子息子女も来られていて、そばに座っていたので結構会話させていただきました。
講演よりこの方が頭に残ったかも...

この日は午前中、雨の中、大里地区体育祭の出場者を募って回りました。
4名の体育委員で。
3時間くらいかかりました。歩き回って結構くたくた...
委員の皆さんお疲れ様でした。
なので、講演の前段は結構うとうと...してしまいました。

メンバー募る仕事が一段落して、ほっと出来た夜でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。