«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 2015県議アポロと語る会 | メイン | 築地本願寺・インド古典舞踊KATHAK/HEART SUTRA CONCERT »

2015年10月29日

午後1時30分より、あま市美和総合福祉センターすみれの里2階集会室にて、海部医師会在宅医療サポートセンターなどの主導により開催された。

七宝病院認知症疾患医療センターの覚前先生の挨拶の後、包括支援センターの方々のリードの下、事例の検討。
「介護力が乏しい閉じこもり傾向にある認知症高齢者の支援について」
医師、歯科医師、薬剤師、看護師・保健師、介護支援専門員、社会福祉士など関連分野の方々、そして私たちの分野からは歯科衛生士・歯科技工士も一人ずつ入り、5つのグループに分かれて事例を検討した。

医師の方は充分理解のあることかと思いきや、診療室から出て行くことが少ないとのことで、今後連携に理解がいる...ようなことを自ら言われて、以外と在宅などに関わる方が少ないのだな...と言うことを感じた。

歯科的な問題も抱えているという設定の事例であったが、既に認知症の方に、改めて入れ歯治療などで噛むことの回復をしていくことはなかなか難しい...現状維持が目標であろう...などと言うことは伝えながら、でも、口腔で気になることが出た場合は何なりと歯科医師に照会してほしい...と発言した。

実際の事例から介護計画を考えるのはケアマネの方と思うが、状況把握が難しい場合、関連分野との連携が大切なことが分かる事例であった。

各グループの発表は時間的制約もあり、1グループのみ。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/645

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。