«  2016年2月 7日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2016年2月 7日

第2回介護認定審査委員研修会
愛知県歯科医師会館歯~トピアホールにて。
認定審査委員...に関係なく介護現場の食支援の講演会であった。
第一部は
「認知症高齢者の食を支援するために知っておきたいこと~接触嚥下機能とそのケア」
東京都長寿医療センター研究所 自立促進と介護予防研究チーム 枝広あや子先生
通常私たちは自然にたくさんの情報処理を行っている。
時間を認識し、食事を摂る場所で周囲の人々や雑多な状況の中でも食事に集中して同時に会話もしながら、それが食べ物であるかは分かっていて、皿に分けてあっても適当に順番に食べていく。
パッケージされたものは開けるとか、調味料を掛けるとか、容器も認識している。

認知症も特にアルツハイマーの人は、その進行程度にも因るが、たくさんの情報を処理できなくて上手く食べられない場合が多い。
しかし、何が食べられない原因か観察して知ることができれば、余分な介護や食事の手間が省けて自立して食べることもできる可能性がある。

目の前のものが食べ物だと認識できず、食事ですよ、と声かけすると理解できる場合
回りに人がいなければ食べられる場合
いくつもの皿に分けてあると分からなくても、一つの容器なら分かる場合
食べない背景に別の気になることがある場合
...etc.
食形態や嚥下機能を考える前にも、気をつけることが多いことが分かった。
少し聞いただけでは分からないことが多いが、広い範囲で探ることが大切であろう。

第二部は保険請求について。医療保険部 矢澤先生。略。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年1月27日 | メイン | 2016年2月18日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。