«  2016年2月29日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29
2016年2月29日

昨今は...もう10数年前からかな...医療機関の広告規制はルーズになってきた。
今も、基本的には決められた規制があって、特別な媒体なく見られる広告には、限られたことしか記載できないことになっている。
駅や野立て看板の医療機関(接骨院、鍼灸院含む)の記載内容が通り一辺倒であるのはそのためである。

出せるものは省いて、何を出していけないかというと、治療方法や、キャンペーンとか、無痛・丁寧などのアピールなど。
病名症状を提示しての相談はOKとのこと。
無くなった歯の相談...は可でもインプラントは不可。
歯の見た目相談は可で、ホワイトニング、マウスピース矯正...は不可、など。
最新の〇〇法なども。
CT有り...など特別な施設機械は可らしい。

インターネットは当初敷居が高いパソコンからしか見られなかったので、ホームページは広告にあらず、という見解を厚生省(当時)が出した。
テレビ以上に便利になった今でもホームページはOKでチラシや雑誌テレビラジオ、外看板、電話帳などは規制が残っている。
多くの医療機関は規制を踏まえた広告しか出していない。
が、新規に開業するところは知ってか知らずして...いや、知ってて出していると思うが、規制破りするころが見られる。
万が一注意を受けても罰があるわけでは無し、出したもん勝ち...と思っているに違いない。
実際、目に余ったので2004年頃、ある先生と複数の歯科医院の行為について保健所に伝えたことはあるが、ちょっとした指導だけだったようだ...

一般の人は規制など知らないので、遵法の徒は諦めるしかない。
160229.JPG



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年2月28日 | メイン | 2016年3月 4日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。