«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 高市発言について思うこと | メイン | 明治探偵GAME明治連続神隠しの怪 »

2016年3月 9日

表題研修会に参加した。
水曜日なのだが休診にして。
海部歯科医師会からは、会長等...5人だったか。
県歯の先生も見えていた様。

かなり後にこれを書いているので正直内容は資料を読まねば忘れてしまった。
午前は、地域包括ケアシステムの構築に向けて、と題して厚労省老健局振興課地域包括システム推進官高橋郁子氏。

午後愛知健康支援センター長の津下一代氏コーディネータのもと、
NPO法人はっぴいわん大府の久保田久代氏、
(株)シンクアクト代表取締役志賀弘幸氏、
西幡豆医師会理事 宮崎仁氏、
長久手市くらし文化部たつせがある課課長補佐 遠藤健一氏

らの事例報告。
その後グループワーク。
グループワークは2テーブル5~6人で行った。
介護。福祉関係の方ばかりで歯科医師の参加は意外であった感...
皆さん言われてではなくて自ら参加されていて、この分野の重要性を感じる時間であった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.hasegawashikaiin.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/678

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。