«  2016年4月 8日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年4月 8日

このブログ、ランキングサイトのカテゴリで「自力整体」にも入れているので、たまには症例を。

実例なのだが、ある程度ぼやかしているのでご容赦を。
40代女性。
右の詰め物が脱落したことと、その後から右顎・首・脇の下までリンパが腫れている。取れたことが原因ではないか?とのこと。

外れたものは、まだ使用可だったので再着。
「リンパが腫れている」と本人は言われたが、感染はない。但し下顎、首、腋窩はやや硬く腫脹はしている。と同時に四十肩になったとのことで、右腕は肩までしか挙がらない。
伊東聖鎬先生がセンサーで使用する、噛み合わせは設定無しでは左右差を感じられなかった。

調整は重力バランス軸 右Ex5P

結果   その場で右手右腕は真っ直ぐ頭の上まで上がった
     首から下の腫れもすぐ消失。

調整部位である距骨はとくに右は調整方向に押すと痛みがあったので、患者さんはその場所のずれか捻挫と理解されたと思う。1回調整しただけでは後戻りするので痛い間は自分で調整するように指導もした。

正直なところ私のレベルでは鮮やかに決まる例は少ない。
この方は初診だった割にはその場で著名な効果が出て心地よかった。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

« 2016年4月 5日 | メイン | 2016年6月12日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。