«  2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2016年3月 6日

高市発言について思うこと

2月末から続いている、このこと、政権のによる言論への圧力だ!...と言って非難している人々の意見は違うのではないか?
と、
ふと思うのである。

複数の意見や主張があるのに恰も、一つの意見が、一方の考え方が正義だ、と決めつけるような報道こそおかしい、と思う。

政権批判がいけないのではなくて、一方的な意見がいけないのではないのか?

安保法案反対の意見が正義であるかのようにそればかり報道すのではなくて、賛成の意見、また別の意見も並行して載せるのが偏りのない報道であって、公平な報道とは、そういうものではないのか?

選挙の時は、どんな小さな政党と言えども、主張をちゃんと載せているでしょう?

安保でも原発でもTPPでも消費税でもその他諸々のことでも...複数の考えを公平に報道すること...を望みたい。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年3月 5日

160305.jpg

読売新聞は両者お辞儀をしている。
中日新聞は握手しながら余所見している感じ。
どちらも真実の写真なのだが、受け取るイメージが違ってくる。
新聞の意図が見える気がする。

以前からいつもそうである。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2016年2月18日

愛知学院大学歯学部同窓会愛知県支部 平成27年度支部学術研究会 として、表記講演会が愛知県歯科医師会館歯~とぴあホールにて開催された。

もう3年ほど前から申し込んでおられたということで、人気の高さが伺える。
10年くらい前までは今ほど外交関係は私自身も重く考えなかったが、今では関心は高い。
同氏などの啓発で、国の行く末を考える国民が増えてきたのだろう...と思う。

内容の一部。
日本と中国が戦争になった場合、5日で日本が敗れる...というシミュレーションを米国のRAND研究所が出したのは、独自のものではなくて、中国側がその研究所の名で出したもの。
岩だけの島のために、米国人は血を流すのはどうなの?戦わなくてもいいんじゃないの?という中国のメッセージ。

中国は3つの戦い。世論戦、歴史戦、経済戦。
正定事件、中国とオランダが、日本軍が200人の女性を差し出せと要求し拒否したので神父等9人を殺害したということに対し、その神父等を「列福」してほしいとしてバチカンに申し入れた...、事件はあったが、犯人は逮捕しその後カトリック新聞に感謝の記事も載っている...として素早く対処した。

慰安婦の問題、杉田水脈氏らが、ジュネーブに乗り込んで初めて強制連行は無かった...という主張をした。関係者等は「初めて聞いた」とのこと。
外務省はずっと、黙っていて静かに過ぎていくのを待つ、という方針。
言うことをいわないと捏造が事実と化してしまう。

超大国アメリカ、良い面も悪い面もあるが、君臨して秩序はあった。
オバマ...は後世、最低の大統領という評価かも。
経済力と軍事力は国家の基盤。
軍事だけの国は内部崩壊する。
経済だけの国は外部から滅ぼされる。
過去の歴史がそれらを証明。
ロシアは資源をたくさん持っている。
中国は本来の国土には資源は無い。資源のあるのは少数民族の地域。決して離そうとしないだろう...

動かないオバマに対して、国務省、国防総省が進言もしているが...
かつての馬鹿な大統領...カーター...は善意の人
日本の首相で言ったら、鳩山さん
軍縮をした。共に軍縮を提案したが、アメリカから先に軍縮した。
でもソ連のブレジネフはそのまま軍拡...
ソ連はアメリカと拮抗した時に、アフガンに侵攻した。
しまった、と思ったカーター、最後の半年で軍拡に切り替えた。

頭の良い馬鹿のオバマ一般教書演説でアメリカは世界の警察官では無い...と言った。
2013年9月10日...
その後ロシアはクリミアを併合し、中国は南シナ海に進出した...

第二攻撃能力とは
本土を攻撃されても、深い海の潜水艦からミサイルを撃てる能力
中国近海は浅い海しか無い
南シナ海には深い海がある...

中国は自前の宇宙ステーションを2020年までに完成する予定
これからはサイバー戦争
サイバー...は宣戦した方が必ず勝つ
宇宙から攻撃?

孔子学園は中国のプロパガンダに他ならない
愛知大学にもある...
米中は日本抜きで連絡していることはある
今も...

氏はマイケル・ピルズベリーのChina2049を推奨した。その場で私は注文した。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2015年7月16日

IMG_4279.JPG

自宅は昔も今も朝日新聞を購読している。
きっかけは、昔父が地域の行事の後援してくれるところを探していたときに、朝日だけが応じてくれたので、その後朝日を取ることにした...そうだ。
小学生高学年ののころは既に私も新聞は読んでいた。
それに毒されてしまったのか、考え方はずっとやや左傾向だったと思う。
反権力判官贔屓的な...

ただ、変だなーと思い始めことはあって、高校生くらいのときに、選挙で自民党が大幅に議席を減らしたときに、それでも半数くらいは取っていたはずなのに、まるで民意が全部反自民みたいな感じの紙面に見えて、待てよ、減ったとは言え半分は自民に入れているのに、支持した人の考えはどうなの?
と少し思ったことはあった。

何年か前からは、所謂右寄りに考えが変わってきた。右寄り...というのも本当は変な気がするが、特に外交などは「右」の人の方が事実に基づいて言っていて「左」の人は情緒的...の気がするのだ。
特に偏向報道は「左」の人たちがしていると思う。
報道に政治権力が介入するようなことはいけないが、報道自体が民意を誘導するような内容になるのはそれも、おかしいのではないか?
集団的自衛権についてとか、原発についてとか...両方の意見を載せて然るべき筈だ。
政治家が報道に圧力をかけるような発現が批判されたが、そうも言いたくなる内容だから...と言う気もする。
偏向報道をして、世論調査したら、誘導された結果が現れてくるに決まっているでは無いか?
多くの善良な読者は、新聞などを信頼していてその内容を思い込んでしまう...
診療所は読売と中日を取っているが、中日も偏向報道だと思う。

巨人ファンでは無いけど、
読売がある程度信頼できる...と最近は思う。
ただ、歯科バッシング記事を載せられたこともあるので
政治的な分野では、ということだが。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

2014年4月26日

いつからか思っていたが、ニュースは恣意的報道が多すぎる。また、勉強不足...と思う。

これはすべての分野に言えると思うが、あまり広くせずに、昨今の外交や憲法問題に限って言えば、朝日新聞はおかしすぎる。

公平中立ではない。昔から左ということは分かってはいたが、そういう論評をするにしても、社是と違う意見もあるのだから、併記して然るべきだろう。

なのに政権の行うことはすべて悪い...というのは変ではないか?
うちはたまたま昔から朝日を取っていたが、それは地域の行事の協賛をお願いしたときに、そのときは中日が応じてくれず朝日が応じてくれたので取ることにした...と父が言っていた。

若いときから変だな...と思ってはいた。
自民惨敗...という選挙の報道。国民そっぽ...とか。でも半数は確保していたり比較第一党であれば、まだ大勢が支持していたわけで、大幅減れば惨敗かもしれないが、支持している国民が多数いるのに変だな...と思ってはいた。20歳前後くらいである。

判官贔屓気質もあって、一定の評価もしていたが、数年前からおかしいおかしい...と思いながら惰性で取ってきたが、止めることにした。
診療所は。

サンケイ取りたいけど、名古屋では無理なので、読売にした。
中日は取っている。
毎日も左なので...地元中日もなんだよね...
なので昔から民社、民主が強いのかなーと思ったりもする。
同じ中日でも岐阜三重はそうでもないので新聞のせいではないのかな?140425.jpg


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


あま市・稲沢市・清須市の歯科ならはせがわ歯科医院

このエントリーをはてなブックマークに追加
Google +1

ニュース、世の中のこと
Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
はせがわ歯科医院 院長 長谷川千尋

はせがわ歯科医院
院長 長谷川千尋
http://www.hasegawashikaiin.jp/

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです。それは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

治療と関係のないことでも何でも構いません。とにかく、まずはいろんなお話をしましょう。そのお話の中から本当にお困りのことを見つけ出し、最善の治療をご提供いたします。