トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション

噛み合わせの悪い原因は足だった......なんてこともあります

コミュニケーション

当院では、お口の中のことだけでなく、体全体のことを考えた治療をおこなっています。そのため、必要であれば歯に関することだけでなく、全身状態を把握することから診療をはじめます。

歯を含む口腔領域と全身のほかの部分とは密接な関係があります。当院では特に顎関節症、不定愁訴などについては、身体の調整をしながら歯の治療も行います。もちろん、希望があれば、です。

私は、「どうして歯の丈夫な人とそうでない人がいるのか」「どうして歯並びは悪くなるのか」「どうして対角線状に歯がなくなっていくのか」などいろいろ調べていくうちに、歯科の専門分野以上に口呼吸の害や姿勢との関係など、歯科以外の周囲の分野への興味が増していきました。

以前は噛み合わせの専門家を目指そうと思ったこともありました。しかし、噛み合わせも、そこが大本と考えると違うということがわかりました。噛み合わせから全身に影響がおよぶなら、全身から歯や顎に影響がおよぶことも大いに考えられる訳です。

噛み合わせの悪い原因は足だった......なんてこともあります。このあたりは未だ勉強中です。

悪いところを全部治すことが、良い治療ではないのです

患部の状況や先行きのことを考え、場合によってわざと治療しないこともあります。もちろん、患者さんには丁寧に説明いたします。

悪いところを全部治すことが、良い治療ではない当院の問診票には、治療に際して、悪いところは全部治す、気になるところだけで良い、という選択肢があります。本来は「悪いところは全部」で然るべきですよね?しかし、徹底的に行わないほうが逆に全体として歯が長持ちする、ということも実際にはあるのです。

たとえば「いま手をつけると抜歯になってしまう。でも、微妙な釣り合いの下に保たれているので、そのままにすれば数か月、あるいは2~3年は持つかもしれない」という場合には、触らないほうがいいと思っています。

逆に、「いま抜歯しておけばアゴの骨も保たれるので、抜歯してインプラントにしたり、仮に部分入れ歯でも骨があったほうが有利」ということは専門的には大いにあります。ですから、合理的判断のほうが勝る、と言えるのです。

しかし、その場合、まだ持つ歯を歯医者が金銭的に都合がいいように適当なこと言って抜いてしまったのではないか?と、患者さんが疑うことは十分ありえます。であれば、患者さんが実感されてから手をつけたほうが、納得がいくというものです。もちろん、先行きの不安定な場合にはそういう情報は伝えます。

私が一番こだわっているのは、患者さんの話をよく聞くことです

患者さんの話をよく聞くことそれは時間をかけてじっくり聞くというだけでなく、患者さんが本当に訴えたいことは何かを注意深く読み解くことです。

たとえば、一口に「歯が痛い」といってもその痛さの加減は一人ひとり違います。痛いといっても本当はぜんぜん痛くないこともありますし、慌てて歯医者に駆け込むような痛さでないこともあります。ですから、患者さんの話をよく聞かないと、勘違いしたまま治療をはじめることになってしまうのです。

また、特に年配の方は何を言っているのかよくわからないことがあります。「ぜんぜん食べられない」と訴えていた患者さんの話をよくよく聞いてみると、「餅」が食べられなくなったという話だったこともあります。患者さんが「この歯が痛い」と言われた歯が原因では無くて、実はそばの別の歯が悪かったというケースは良くあるのです。

どれだけ忙しくてもじっくりお話を伺うため、スタッフから慌てて「時間ですよ~」と声を掛けられることも度々あります。しかし、治療のスタート地点を間違えていると、取り返しのつかないことになるのです。

とはいえ、無理に話を聞く、ということはいたしません
患者さまのご要望は様々です。

昨今、一口腔単位で(お口全体を見て)現状をカウンセリング室で説明し、治療計画を立てて患者さんに提案をしてから治療を開始しますというスタイルが増えてきました。

質の高い歯科医療を提供する、ということで推進されつつあります。ですが患者さんの中には、以下のような感じ方をする方も少なくないと思うのです。

●早く気になるところを先に進めてほしい
●時間をかけて説明を受けたのはいいが、そこまで多く治療しなければいけないのか
●保険外の説明もあったが、保険でやってほしいのに断りにくい
●1対1で説明されたので雰囲気でOKしてしまった、やはり考え直したいが言いにくい

ですから、私は結局のところ自分の身体のことを決めるのはその人自身だと思うのです。私は歯医者からの一方通行ではならないと考えています。

"優秀じゃない"患者さんにも治療をするのが、歯医者の努めです

最近はデンタルIQの高い患者さんを求める歯科医院が増えてきました。しかし、すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目だと考えています。

すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目患者さんから「最初はブラッシング(歯みがき)の徹底ばかり、早く治療を」という声を聞くことがあります。歯科医師から言わせれば、せっかく治療してもブラッシングが悪くてはお口の健康の安定が保てないから、ブラッシングのチェックは重要ということは確かです。

そして「"デンタルIQ"の高い"優秀な"患者さんを治療することが良いことだ」、歯科医や歯科衛生士向けの雑誌にはそういう立派な「症例」が多く報告されています。そういうことをしていないのはレベルが低い、みたいな感じで。

でもどうなのでしょう?ご高齢の方にはなかなか分かりにくい、できないことも多くあります。誤解を恐れずに言えば、言葉は悪いですが、いい加減な方や放置ばかりの方、医院の高い治療方針についていけない方にも治療は必要なのです。どんな方も受け入れる私はレベルが低いのでしょうか?

結局のところ自分の身体のことを決めるのはその人自身です。それが医学的に良くないとしても、患者さんの希望で良いと思います。もちろん必要な説明はします。その上で治療をどこまでするかは患者さんの自由です。

患者さんの気持ちに応える治療を心がけています

医療的な理想を追求するよりも、患者さんの気持ちにそった治療をすることのほうが重要だと考えています。

患者さんの気持ちに応える治療コミュニケーションを通じて、その方がどのような治療を求めているかを見極めることが大切だと考えます。極端な話、それが理想的な治療でない場合でも、患者さんの気持ちを優先することに重きを置きます。ただ、患者さんの意に沿いながらも、治療に関しては丁寧に施すことが第一だと思っています。

たえば"急いで治療をする"のと、"慌てて治療をする"のとでは、意味が違います。急いでいても、必ずソフトタッチで丁寧な対応を心がけています。奥歯の治療をするときでも、最後に力を抜くときは優しくソフトタッチで終わらせます。そういう細かい配慮が大切だと考えています。

そのため、患者さんからは「丁寧にやってもらってよかった」という言葉をいただくこともあります。また、時間をかけずにパパッとやってほしいという患者さんでも、時間をかけて丁寧に治療をすると、終わったときに「ありがとうございました」と声をかけてくれる方もいます。

患者さんの気持ちに沿いながらも最善の治療を提供することが、私たち歯科医師の役目だと考えています。


トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション


コールバック予約

PAGE TOP