トップへ » 当院からのお約束 » なるべく削らない治療

できるだけ削らない。それでも削る時は、細心の注意を払います

できるだけ削らない治療

※※「なるべく削らない」とは、従来より削る量を極力少なく...と言う意味です。CO以外で削らなくて済むことがある、ということではありません。

当院では、歯をなるべく削らない「MI=Minimal Intervention(ミニマルインターベンション)」治療を採用し、患者さんの治療による負担を軽減するように努めています。

私たちは毎日歯を削ったり、歯を抜いたりしています。しかし、削ること、抜くことはやむなく行う手段の一つであって、歯を守ることが本来の歯科医師の仕事です。医療の中の歯科の目的は歯を保存することなのです。

保険治療でも自費治療でも、たくさんの歯を削ったり、抜いたりした方が料金が上がる体系になっています。しかし、そのような現状に関わらず、当院では「歯を守る」ことを第一に考えながら治療にあたっています。

できるだけ歯を削らない治療~MI治療

MI(ミニマルインターベンション)とは「最小限の侵襲」と訳され、虫歯の部分だけを正確に削り取る治療法です。

 MI治療●健康な歯を可及的に削らない
●神経を保存できる可能性が増す
●修理や修正が容易

一般的な虫歯治療では、予防のために虫歯になるかもしれない健康な部分まで削り取ります。また、治療後に痛みが出る可能性がある場合は、神経を取ることもあります。これらの処置を行うのは、治療した歯が再び虫歯になったり、詰め物が外れたりするトラブルを回避するためです。

しかし、歯は一度削られると二度と再生できません。また、神経を取った歯は健康な歯に比べて歯質が弱くなります。通常の治療でも常に少ない削除量を心がけています。少ない削除量で歯の負担を減らし、神経を取らずに治療することで歯の寿命を延ばすことができるのです。


トップへ » 当院からのお約束 » なるべく削らない治療


コールバック予約

PAGE TOP