トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション » 患者さんの気持ちに応える治療を心がけています

患者さんの気持ちに応える治療を心がけています

医療的な理想を追求するよりも、患者さんの気持ちにそった治療をすることのほうが重要だと考えています。

患者さんの気持ちに応える治療コミュニケーションを通じて、その方がどのような治療を求めているかを見極めることが大切だと考えます。極端な話、それが理想的な治療でない場合でも、患者さんの気持ちを優先することに重きを置きます。ただ、患者さんの意に沿いながらも、治療に関しては丁寧に施すことが第一だと思っています。

たえば"急いで治療をする"のと、"慌てて治療をする"のとでは、意味が違います。急いでいても、必ずソフトタッチで丁寧な対応を心がけています。奥歯の治療をするときでも、最後に力を抜くときは優しくソフトタッチで終わらせます。そういう細かい配慮が大切だと考えています。

そのため、患者さんからは「丁寧にやってもらってよかった」という言葉をいただくこともあります。また、時間をかけずにパパッとやってほしいという患者さんでも、時間をかけて丁寧に治療をすると、終わったときに「ありがとうございました」と声をかけてくれる方もいます。

患者さんの気持ちに沿いながらも最善の治療を提供することが、私たち歯科医師の役目だと考えています。


トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション » 患者さんの気持ちに応える治療を心がけています


コールバック予約

PAGE TOP