トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション » "優秀じゃない"患者さんにも治療をするのが、歯医者の努めです

"優秀じゃない"患者さんにも治療をするのが、歯医者の努めです

最近はデンタルIQの高い患者さんを求める歯科医院が増えてきました。しかし、すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目だと考えています。

すべての患者さんを等しく治療するのが、歯科医師の役目患者さんから「最初はブラッシング(歯みがき)の徹底ばかり、早く治療を」という声を聞くことがあります。歯科医師から言わせれば、せっかく治療してもブラッシングが悪くてはお口の健康の安定が保てないから、ブラッシングのチェックは重要ということは確かです。

そして「"デンタルIQ"の高い"優秀な"患者さんを治療することが良いことだ」、歯科医や歯科衛生士向けの雑誌にはそういう立派な「症例」が多く報告されています。そういうことをしていないのはレベルが低い、みたいな感じで。

でもどうなのでしょう?ご高齢の方にはなかなか分かりにくい、できないことも多くあります。誤解を恐れずに言えば、言葉は悪いですが、いい加減な方や放置ばかりの方、医院の高い治療方針についていけない方にも治療は必要なのです。どんな方も受け入れる私はレベルが低いのでしょうか?

結局のところ自分の身体のことを決めるのはその人自身です。それが医学的に良くないとしても、患者さんの希望で良いと思います。もちろん必要な説明はします。その上で治療をどこまでするかは患者さんの自由です。


トップへ » 当院からのお約束 » コミュニケーション » "優秀じゃない"患者さんにも治療をするのが、歯医者の努めです


コールバック予約

PAGE TOP