トップへ » 当院からのお約束 » なるべく削らない治療 » できるだけ削らない。それでも削る時は、細心の注意を払います

できるだけ削らない。それでも削る時は、細心の注意を払います

できるだけ削らない治療

※※「なるべく削らない」とは、従来より削る量を極力少なく...と言う意味です。CO以外で削らなくて済むことがある、ということではありません。

当院では、歯をなるべく削らない「MI=Minimal Intervention(ミニマルインターベンション)」治療を採用し、患者さんの治療による負担を軽減するように努めています。

私たちは毎日歯を削ったり、歯を抜いたりしています。しかし、削ること、抜くことはやむなく行う手段の一つであって、歯を守ることが本来の歯科医師の仕事です。医療の中の歯科の目的は歯を保存することなのです。

保険治療でも自費治療でも、たくさんの歯を削ったり、抜いたりした方が料金が上がる体系になっています。しかし、そのような現状に関わらず、当院では「歯を守る」ことを第一に考えながら治療にあたっています。


トップへ » 当院からのお約束 » なるべく削らない治療 » できるだけ削らない。それでも削る時は、細心の注意を払います


コールバック予約

PAGE TOP