トップへ » 治療について » 自費と保険の違いとは

保険治療で十分なら、保険治療をお勧めします

保険治療と自費治療

当院では、無理に自費治療を勧めることはありません。保険内で十分満足していただけるのであれば、保険治療をお勧めします。

歯科医院のなかには自費治療を中心に据えているところもあります。当院のこのホームページでも自費のメニューは多く掲載してありますし、院内でも紹介することはあります。しかし当院ではたとえ時間を掛けてカウンセリングをしても、保険内で最適なものがあればそちらをお勧めしています。

自費治療と保険治療との違いとは?

たとえば、既製服を眺めながら、次のようなことを感じた経験はありませんか?「これ、もうちょっと色が濃ければいいのになあ」「足の大きさが左右違うから、左右別々のサイズを買えれば良いのに」これらと同じことが、歯科治療でもあるのです。

自費治療と保険治療との違い保険治療は......
保険治療はどんな人にも平均的な一定の治療を提供できるように決められた制度です。もちろん、その中でもひとり一人に応じた治療を行っていますが制約があるのも確かです。

頻度が多い問題としては、白い材料の選択です。歯はもともと白いのです。誰もが虫歯治療後も銀歯ではなく白く修復したいのは当然です。

昔は天然歯質の代用になる白い材料があまりありませんでした。加工がしやすい金属が広く使われるのもやむを得なかったのです。白い材料はいろいろ開発され広く使われるようになってきました。しかし医療保険の逼迫から取り入れられず現在に至っているものが多いのです。

強靱な金属床義歯も昔からあるのに取り入れられていません。歯列矯正は、制度としては美容扱いなので取り入れられていません。歯並びが良くないと虫歯・歯周病も進行しやすくなりますし、本当は噛み合わせ、顎関節、姿勢、呼吸、心理的影響にも関係しているのです。

命に関わる医科の治療は非常に高価でも保険に導入されます。残念ながら、歯科は軽んじられている部分はあるのでしょう。

自費治療は......
その点、自費治療は保険の制約にとらわれず、患者さんの希望に応じて最善の方法・材料を提供できます。保険では銀歯になるところも白く出来ます。より自然な歯の色のセラミックなども選択できます。金合金(ゴールド)は保険の金属より精度を上げることが出来ます。

但し、自費治療が全部優れているとは言っているのではありません。小さな虫歯にセラミックやハイブリッドを入れる必要はありません。ある程度の広さの詰め物やクラウンの場合でも、金属の方が削る量が少なく済むこともあります。

<自費治療となる治療>
装置を使用する矯正歯科
セラミックなどを使用した審美歯科
歯を白くするホワイトニング
一部の入れ歯治療


トップへ » 治療について » 自費と保険の違いとは


コールバック予約

PAGE TOP