トップへ » 治療について » 審美歯科

審美歯科で口元を白く、美しく。金属アレルギーにも対応します

審美歯科

当院では口元をキレイにすることはもちろん、金属アレルギーのことを考えたノンメタル治療も提供しています。

お口の中の歯科金属などが原因で、アレルギー疾患が起こる場合があります。「皮膚科で治療を受けても治らない」という方は、歯科金属が原因のアレルギーかもしれません。

当院では、撤去・交換する治療を行っております。気になる方はお気軽にお問い合わせください。

<こんな方は歯科金属アレルギーかもしれません>
・歯科治療を受けてから、体調がどうも優れない
・もともと治りにくい口内炎や皮膚トラブルがある
・ネックレスや指輪などの金属製品でかぶれやすい

とはいえ材料を代えても、症状が取れるとは限らないノンメタル治療について
金属アレルギーの医学的検査は当院では行っておりません。検査をご希望の方は、大学病院や歯科金属に詳しい皮膚科にて行くことをお勧めします。ただ、医学的アレルギーでなくて不適応な場合もあります。そのような主訴に一般の歯科医が理解してくれない場合、当院では対応させていただきます。

「保険の金属は身体に悪いから変えなさい」というような無茶な主義主張はいたしません。キネシオロジー、筋肉反射などでの反応検査はいたしますが、材料を代えたからといって、気になる症状がそれで取れるとは限らないからです。

また金属を他の材料に交換する場合、同じ形で交換できないことがあります。金属の利点は薄くても丈夫であり、白い材料にする場合は削り広げたり、材質が弱くなったり、長いブリッジから入れ歯に変更...ということもあり得ます。金属排除は万能では無いのです。

そして、金属は口の中だけではありません。時計、メガネ、ピアス、イアリング、ブラジャーのワイヤー、ビューラー、コイン、革製品、そのほか普段接触するものの影響の場合もあります。

審美歯科メニュー

当院では患者さんの条件・状態に合わせたいろいろなメニューを取り揃えております。

コンポジットレジンコンポジットレジン修復(光重合硬質レジン)
○充填の場合
比較的範囲の狭い虫歯に適します。保険適用。きれいに仕上がります。1回でできます。経年的に摩耗や変色の欠点があります。

○型どりしてセットする場合(CRインレー)
奥歯の噛む面にのみ対応。保険適用。充填よりやや硬い材質です。破損、摩耗、変色の欠点はややあります。

○型どりしてセットする場合(硬質レジンジャケット冠)
前歯から第二小臼歯まで。保険適用。前歯は硬質レジン前装冠があるので主に小臼歯。耐久性には期待できないことを理解して選択して頂きたいと思います。

硬質レジン前装冠(プラスチック前装冠)硬質レジン前装冠(プラスチック前装冠)
金属に硬質レジンをあらかじめ張り詰めたもの。犬歯まで保険適用。小臼歯は同じ材料でも保険外。保険外でも比較的安価に金属を視線から隠すことがで出来ます。※1

ハイブリッドCAD/CAM冠
平成26年4月より保険適用になりました。従来保険外であったハイブリッド材料のCAD/CAM冠が小臼歯に限り保険で入れることが出来ます。硬質レジンジャケット冠よりは強固ですが、オールセラミックやメタルボンドには劣ります。また、単色のためグラジュエーションの利いた色合いは出せません。

メタルボンドメタルボンド
メタルボンドは金属にセラミックを焼き付けたものです。オールセラミックに比べ耐久性があり、ブリッジなどの連結歯に向いています。どの部位にも適用出来ます。審美性も優れていますが、より美しさを求める方には、ゴールドで裏打ちしたメタルボンドをお勧めします。※1

オールセラミックスオールセラミックス
オールセラミックはおもに前歯の治療に使われます。素材にセラミック(陶材)を使用しているので、生体親和性が高く、耐久性もあります。色合いは天然の歯に近く、経年による色の変化もありません。また、金属アレルギーの方でも安心して治療を受けられます。当院では小臼歯までをお勧めしています。

ジルコニアクラウンジルコニアクラウン
白く審美的なことに加えて、耐久性にも非常に優れています。ブリッジも出来ますし、大臼歯まで可能です。

セラミックインレーセラミックインレー
セラミックインレーはセラミック(陶器)でつくった白い詰め物です。天然の歯に近いため、奥歯を治療したときでも銀の詰め物のように目立つことがありません。

ハイブリッドインレーハイブリッドインレー
ハイブリッドインレーとは、セラミックとレジンという樹脂とを混ぜ合わせた詰め物です。セラミック同様、白くて目立たないだけでなく、セラミックインレーよりも柔らかく、ほかの歯にダメージを与えにくいのが特徴です。また、比較的安価である、といったメリットもあります。

ラミネートベニアラミネートベニア
ラミネートベニアは歯の表面を薄く削り、白いセラミックを貼り付ける治療方法です。ネイルチップ(付け爪)のようなものをイメージしてください。歯の隙間をこのチップで隠すことで、「すきっ歯」の治療にも応用できます。

※1 前装冠やメタルボンド感のように金属裏打ちのある材料の欠点として、歯ぐきが痩せると継ぎ目が目立ちやすいとか、歯ぐきが紫っぽく変色することが挙げられます。
メタルボンドで金属部に金メッキすると目立たなくすることが出来ます。
或いは、カラーレスと言って、表の歯ぐきにセッする部分だけ金属を控える形態にすることにより、上記の欠点を補うことも出来ます。
前装冠はメッキやカラーレスは出来ません。


トップへ » 治療について » 審美歯科


コールバック予約

PAGE TOP