トップへ » 治療について » ホワイトニング

「お手軽に白い歯に」ホワイトニング

ホワイトニング

当院では平成2年の開院当初からホワイトニングをおこなってきました。20年以上の実績がありますので安心してご来院いただけます。

ホワイトニングとは歯を白くすることですが、金属を白いものに変更するとか、着色を除去する意味ではありません。神経を除去して変色した歯を白く戻すことと、本来の歯の色よりもう少し歯を白くすることを言います。言い換えれば「歯の漂白です。」

当院では、「オフィスホワイトニング」「ホームホワイトニング」の2つの方法をご用意しています。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で行う方法です。当院では、(株)松風の「ハイライト」とビヨンド社「ホワイトニングシステム」を用いています。

歯を1本単位で行いたい場合は「ハイライト」を使用します。犬歯、または第一小臼歯より前あたりを全体的に漂白したい場合は「ビヨンドホワイトニングシステム」をお勧めしています。

オフィスホワイトニング松風ハイライト
●費用1本1回(1日)1,500円
●治療は3回~6回(日)
●同時(同日)に3~4本まで可能

「ハイライト」は前歯に差し歯が多くて数本のみ漂白したい場合、神経を取ってあるが被せてなくて歯質が変色している歯があり、それだけホワイトニングしたい場合などに適しています。

3回以上で白くなったとご自身で満足できる場合は、そこまでの回数でやめても構いません。6回まで行っても今ひとつ希望より白くない場合でも、ひとまずは6回までです。

オフィスホワイトニング(ビヨンド)ホワイトニングシステム
●費用1回 10,800円
●上下前歯・小臼歯12~18本を同時にホワイトニング
●治療は3回

ビヨンドシステムは一番最初に3日間ご来院いただきます。その後は半年ごとに1日来院して、メンテナンスのホワイトニングをする必要があります。他人から見える歯全体を3回でホワイトニングできる便利なシステムです。
※薬剤をポーラ・オフィスホワイトに変更しました(2015春より)。光照射が2分短縮出来ます。照射器はビヨンド。

ホームホワイトニング

全体の歯型を採り、マウスピースを作成し、ホワイトニングそのものは自宅で行っていただきます。

ホームホワイトニングホームホワイトニングでは「松風ハイライトシェードアップ」を使用します。上下どちらか片方の場合、29,000円です。上下の場合は58,000円ということになります。初日に型を採り、2日目にマウスピースと薬剤をお渡し致します。1日2時間、2週間かけてホワイトニングをします。マウスピースがはまる歯はすべて白くできます。

ホワイトニングに関するQ&A

Q.ホワイトニングするとずっと白いのですか?

A.残念ながら後戻りが起きます。半年ごとのメンテナンスをお勧めしています。松風ハイライトは当院の経験上はそれ以上か1年半くらいまではもつと考えています。もちろん、個人差があります。ご本人のブラッシングの程度や嗜好品にも左右されます。

ホームホワイトニングはもう少し長持ちすると思います。ただし、当院の松風ハイライトシェードアップは、最初から色がややまろやかに白くなるので白さそのものの比較ではやはり数ヶ月と考えても良いかもしれません。

他社のホームホワイトニング剤や個人輸入の強力なものは、ホームでもかなり白くなり長く持つ場合もあります。


Q.オフィスホワイトニングとホームホワトニングとどちらが良いですか?

A.なかなか来院できない場合はホームをお勧めしていましたが、オフィスでも3回でよいのでオフィスの方が面倒もなく楽にホワイトニングができます。ただし、上述のようにホームの方が長持ちするという利点があります。


Q.より白くしたい場合は?

A.薬剤で歯の神経の知覚過敏に余りならなければ、オフィスとホームを併用すればもう少し白くなると思います。


Q.なるべく長く保つには?

A.喫煙者の方は禁煙をお勧めします。歯磨きはきちんとする必要があります。歯質そのものが白くても、歯垢が多く付いているのでは黄色くなってしまいます。着色しやすい食品や嗜好品は控えめがよいでしょう。

また、ホワイトニングを謳う歯磨剤を使用することをお勧めします。アパタイト系歯磨剤でも良いと思います。ただし、歯肉の退縮の心配が強い方は、あまりたくさん付けて歯磨きするのは好ましくありません。また、添加物が心配な方に、無理にお勧めするものではありません。


Q.害はありませんか?

A.長期に身体に影響するような害はありません。ただし、目に見えないような細かい亀裂が多い人(細かい亀裂は誰にでもあります)は、薬剤がしみて痛いことがあります。症状が強い場合は中止することもあります。

注意深く手順を踏んでも、歯の周囲に薬剤が漏れてしまったりして痛いということではなく、歯のエナメル質そのものの問題でしみてしまう場合です。そこまで行かなくてもやや敏感になることがありますが、数時間~1日で戻ります。


Q.健康保険は利きますか?

A.以前は神経を取った歯の中に試薬を入れて行うホワイトニングは保険適用されましたが、平成18年4月からすべてのホワイトニングで適用されなくなりました。


Q.エステサロンのホワイトニングはどうですか?

A.エステサロンで、歯の美白とかホワイトニングを行っているようですが、これは法律に違反していると考えられます。

平成17年7月26日の厚労省医政局長通知
http://www.pref.mie.lg.jp/SHOHO/HP/jiritusien/tuti-2/isiho.pdf

注1の②では介護などの場で要介護者や障碍者に対する対応のことを述べたもので、拡大解釈で医療行為ではないとしているようですが、医療行為であることは明らかです。キャンペーンなどにつられてのこのこ出向かないほうが賢明です。

有名デパートに入居しているから大丈夫とは言い切れません。認可を受けたものを使っているというかもしれませんが、認可を受けたものをどういう資格でどのように組み合わせているか、そこが問題です。


トップへ » 治療について » ホワイトニング


コールバック予約

PAGE TOP