トップへ » 治療について » 小児歯科 » こうすれば幼児でも治療ができるようになります

こうすれば幼児でも治療ができるようになります

幼児は小さい大人ではありません。大人と同じ治療にはならないのです。成長発達を考えた対応が必要です。

小児歯科時には我慢させることも必要です
小さなお子さんの場合、「最初は抵抗しても、継続して受診すれば必ず慣れます」と私は言い続けています。「三つ子の魂百まで」というのは、良くも悪くもその通りです。幼少時にイヤなこと、キライなことを克服しなければ、大人になっても克服するのは困難です。

「克服する」といっても難しいことではありません。ただ辛抱して治療を受けてくれればいいのです。押さえつけて治療することも時にはあります。それでも続けてくれれば、克服できます。幼児でも、本人がある日気づくのです。

「小児歯科なら、泣かせず乱暴なこともせず、あやして何とか治療しろ」と思う人もあるかもしれません。お子さんによってはそれが可能なときもあります。しかし、実際はできないときのほうが多いのです。特に甘やかされて育ったお子さんは、短い時間で他人の言うことを聞くはずがないのです。

ある日突然、できるようになるものです
ただ、何でも無理にするわけではありません。軽度で痛みがない虫歯の場合は、治療をやめて様子をみる場合もあります。あえて無理に削らずとも良いと思います。「フッ素塗布を抑えつけて行う」という話を聞いたことがありますが、そこまでしてしなくても良いのではないでしょうか?

無理にでも治療する場合は痛み腫れがある場合です。幼児でも、治療された後に痛みがなくなると、そこで治療の意味を気づいて、ある日突然できる子になったりします。そういうものなのです。

泣いて抵抗する子どもを見ていると2種類あります。治療を終わっても興奮がやまない子どもさんは、できるようになるまでまだまだ期間がかかりそうです。
 終わったら十分褒めてあげて次に繋げる努力がしばらく続きます。

 治療中泣いていたのに治療が終わるとぴたりと泣き止むお子さんは、幼い頭でも計算している感がうかがえます。嫌だ嫌だと言いながら、私がすることをチラ見している子もいます。
 これらのお子さんは大人を困らせて嫌なことを回避しようと計算しています。
 親御さんも驚くくらい、突然大声で
「お父さんお母さんはそれで騙せても怖い先生には通用しないぞ!!」
と、私が顔を近づけて睨みつけて叫ぶと、びっくりしてその後泣き止んだり、泣くのは続いても大人しくなったりします。

「痛くないよ」と言わないで
 子どもさんのそばで「痛くないよ、痛くないからね」と「痛」を連発される親御さんがたまにあります。
 これは困ります。
 痛みがない、痛みが少ない治療を心がけてはいますが、絶対と言うことはできません。
少しでも痛かったら「嘘」になってしまいます。

 また、
「痛」くないよ、は、「痛い」よ、と言っているのと同じなのです。脳は「痛」の後の非定型は認識できていません。
「大丈夫だよ」
「きっとできるよ」
などと言ってほしいです。
「すぐ終わるよ」...は△です。
最初には言わないでほしいです。5分でも子どもは「すぐ」と思ってくれないからです。


トップへ » 治療について » 小児歯科 » こうすれば幼児でも治療ができるようになります


コールバック予約

PAGE TOP