トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療の流れ

歯周病治療の流れ

保険診療、歯周病治療のガイドラインに沿って行います。はせがわ歯科医院の診療室スタッフはすべて歯科衛生士です。ただの診療補助員ではありませんので、どんな質問でも何なりとお尋ね下さい。

【STEP1】パノラマレントゲン撮影
初診時、およびその後必要と思われたときに撮影します。

次へ

【STEP2】基本検査 
歯周ポケット(歯に接する歯茎の溝)の検査や動揺度 歯垢の付着検査などを行います。歯茎の状態の変化を見るためて複数回行います。

次へ

【STEP3】精密検査(適宜) 
歯周ポケット検査を詳しく検査します。主に進行した歯周病の時に行います。

次へ

【STEP4】歯石除去(1回45〜60分※指導時間含む)
●歯周病が軽度あるいは安定と思われる方については概ね3回に分けて歯石除去をします。
●歯茎の状況により4回以上に分けて行うこともあります。
●歯周病が進行している場合は6から8回に分けることもあります。
●歯が少ない場合は回数が減ることがあります。
●若い方の歯肉炎では全体を1~2回で終わらせることもあります。
●歯周病の進行が軽度でも長く歯石を取っていなかった場合には、除去後に知覚過敏症状が出現することがあります。歯茎の痛みが出ることもあります。
●知覚過敏、歯茎の一過性の痛みなどにより歯石除去を敬遠してしまうことがないよう、回数を分けることもあります。
●歯石と同時に着色除去も行います。
●忙しいから一度で終わってほしい、早く終わりたい...と言われる方も時々ありますが、考慮できることはしますが、医学的判断・健康保険の決まり等によりできない場合はご希望にはお応えしかねます。

次へ

【STEP5】ブラッシング(歯磨き)指導
歯石除去と平行してブラッシング指導も行います。歯周病治療、予防にはむしろ日々のご自身の努力の方が大切です。

次へ

【STEP6】PMTC(1回60分程度※指導時間含む)


トップへ » 治療について » 歯周病治療 » 歯周病治療の流れ


コールバック予約

PAGE TOP