トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 全体を矯正治療する場合の流れ

全体を矯正治療する場合の流れ

【STEP1】初診相談
初診の際に疑問や質問にお答えするとともに、治療法や費用についてご説明します。お答えした内容と概要をよくご検討の上、開始するかどうかお決め下さい。

次へ
【STEP2】精密検査
噛み合わせや骨の中の様子、骨格のズレを調べ、分析を行います。

次へ
【STEP3】診断
検査の内容を踏まえて、現在の状態や治療方法、治療期間についてご説明いたします。治療計画書などをお渡しいたします。

次へ
【STEP4】矯正治療開始
装置を入れる際に続けて来院して頂く時期もありますが、歯の移動開始後は概ね4週ごとの来院となります。

治療期間は乳歯が残っている小学生からの場合など、成長を見ながらの場合は5年以上の場合も良くあります。永久歯列である中学生以降~大人で開始された場合は2~3年です。

※期間が短い永久歯列が優れるわけではありません。詳しくは歯科矯正Q&Aを参照。

次へ
【STEP5】保定、アフターケアー
通常、矯正装置がはずれた後に、歯並びの安定を計るために保定期間を設けております。10代に終了した場合は成人頃まで、大人の場合は10年以上とお考え下さい。保定開始直後以外は年1回程度の来院で可です。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 全体を矯正治療する場合の流れ


コールバック予約

PAGE TOP