トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 矯正専門医院と一般歯科医院 ~矯正治療をおこなう場合の違い

矯正専門医院と一般歯科医院 ~矯正治療をおこなう場合の違い

矯正治療は専門医院で行うほうが良いと思われがちですが、一般の歯科医院で行うメリットも少なからずあります。

矯正専門医院と一般歯科医院には、下記のようなメリットとデメリットがあります。

●矯正専門医院(認定医)のメリット
・どんな歯列不正にも対応できる
・困難な歯列不正も対応できる
・矯正用のレントゲンや診断システムなどが整っている
<デメリット>
・簡単な虫歯や抜歯でも一般歯科を別に受診しなければならない
・都市部でなければ多くはないので、遠方まで通う必要もある
・矯正終了後は足が遠のき、管理が行き届かない場合がある

●一般歯科医矯正のメリット
・かかりつけの歯科であれば、矯正も虫歯治療等も一緒にできる
・近くにあれば受診しやすい
・成人で矯正後すぐ補綴するような場合には有利である
<デメリット>
・治療可能な歯列不正は概ね制限がある
・矯正用のレントゲンがないことも多い
・困難な場合は専門医受診を促される場合がある

認定医に対する考え方認定医に対する考え方
矯正歯科学会の認定医は、私のように開業してから勉強してきた者には、仕組みとして取得することはできません。しかしながら、一般臨床医矯正研究会や、TIP-EDGE矯正研究会を通して研鑽を積んできています。

床矯正も、ワイヤーの矯正も、機能的装置も、マウスピース型も勉強しました。床矯正だけ、マウスピース型だけという矯正歯科よりも幅は広いです。

矯正認定医の先生とどちらがいいかと聞かれたら、当然うちより「認定医です」と答えます。しかし、矯正医院でも認定を取っていない歯科医院とは引けを取らないと答えますし、非常勤で限られた曜日に矯正専門医が来ている医院と比べたら、当院のほうが利点が多い、と答えることにしています。

非抜歯を中心に据えています
矯正には流派のようなものがあり、それぞれその<派>の利点を強調しています。当院はWilsonのモジュール矯正、小児非抜歯の方法を採用しています。モジュール矯正の3Dシステムは舌側からの歯のコントロールに非常に優れています。

半既製品を調整してセットするので比較的簡単なのに、最初から1本のワイヤーを曲げて製作した舌側弧線より優れている点が多く見られます。採用していない矯正医よりうまく動かせることもあると思います。

しかし、舌側弧線についてはそうであっても、全般的に見れば劣る点があると思います。永久歯を抜歯するかどうかについては、良い時期に来られればほぼ抜歯せずに行えます。でも、抜歯が必要なこともあります。

成人まで含めてほとんど非抜歯という方針は、意見が分かれるところです。当院では、何でも非抜歯ではなくて、「非抜歯を中心に据える」という方針です。固有口腔を狭くしないように抜歯をすることはあります。

実は、私も成人矯正を経験したことがありますセファロレントゲン
私自身歯列不正があり、歯列矯正の敷居を少しでも低くして多くの患者さんに提供したいと考えてきました。平成2年の開業時にまだ矯正の知識は乏しかったにも拘わらず、最初から矯正用のレントゲン(セファロレントゲン)まで設備投資しました。

自身の治療が出来たのは、42歳を過ぎたからです。矯正の持ち患者が増え、人からはあまり分からなかったとは言え、「自分が歯列不正のままではまずい」と思い直したのです。ブラケットを付けた1年半はなかなか良い体験でした。

一般歯科医だからこそ、対処できることがあります
矯正中に顎関節症になったり、矯正後に不定愁訴が出る患者さんもあるようです。そのような場合は、矯正専門医よりも幅広く勉強している当院の方が対処できる場合もあると考えています。

「舌側傾斜をした仕上がり」「のどちんこが見えない最大開口」「舌圧痕ができてしまう固有口腔の大きさ」など、それらは問題があることもあるのです。

私が習った先生はもちろん矯正専門医ですが、そういうことに目を向ける数少ない矯正専門医です。出会えて良かったと思っています。


トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 矯正専門医院と一般歯科医院 ~矯正治療をおこなう場合の違い


コールバック予約

PAGE TOP