トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯列不正の原因

歯列不正の原因

乳歯の虫歯 歯と歯の間の虫歯を放置して置くと、奥の歯は前方に移動してくる性質があるため、永久歯の生える場所が減ってしまい、叢生や歯の傾斜が起きる。
歯の根の先で慢性的に膿んでいると、永久歯がそこを避けてずれて生えることもある。
乳歯の根吸収不全 乳歯の根が正常に吸収しないことにより永久歯がずれて生えることがある。
乳歯の早期脱落 本来の次期より早く抜けてしまい、奥の歯がその場所に奥の歯が移動してきてしまうことがある。

●習癖
指しゃぶり 上顎前突、開咬
舌突出癖 開咬、上顎前突、下顎前突
上唇を噛む 反対咬合
下唇を噛む 上顎前突、開咬
うつ伏せ寝 交叉咬合、叢生、過蓋咬合、上顎前突
睡眠時に下顎を出す癖 反対咬合、上の前歯の下側傾斜
頬杖 交叉咬合、歯の傾斜

●口腔周囲筋肉などの問題
唇、舌の力が弱い、
口を開いている
叢生
舌の力が弱い 大臼歯の内側への傾斜
頬の力が弱い 大臼歯の外側への傾斜
低位舌 下顎前突
巨大舌 開咬
上唇小帯付着異常 正中離開
舌小帯が短い
(一般的に問題ないと
されても実際は短くて
緊張があることが多い)
叢生

●異常な歯・遺伝的問題
過剰歯 歯の埋伏や転位、捻転を起こす。正中過剰歯が多い。
歯の埋伏 永久歯はあるのに生えてこないことがある。犬歯や第二小臼歯に多い。
濾胞性歯囊胞 歯の埋伏を起こす。
癒合歯 2本の歯がくっついてしまう、1本半などの幅で出来てしまうと歯列の空隙を作ることがある。
部分的無歯症 先天的歯牙欠損、先欠。本来の歯が無い。空隙歯列や歯の傾斜を起こす。
親知らず 生えてくるときに前方の歯を押して、開咬や叢生を起こすことがある。
顎に対して歯が大きい 叢生、上顎前突
顎に対して歯が小さい 空隙歯列
上顎の劣成長 反対咬合
上顎の過成長 上顎前突
下顎の劣成長 上顎前突
下顎の過成長 下顎前突

●加齢的な問題
歯周病 叢生、歯の挺出、歯の傾斜(歯が欠損しなくてもおきる)

●その他
虫歯、歯周病による
歯の欠損
放置をすると、隣接歯の傾斜、相対する歯の挺出を起こす。
横向き寝、うつ伏せ寝 歯の舌側傾斜、叢生、交叉咬合

トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 歯列不正の原因


コールバック予約

PAGE TOP