トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 良くない歯並び(歯列不正)の種類は?

良くない歯並び(歯列不正)の種類は?

叢生(そうせい) 歯がまっすぐ並んで居らず入り組んで生えている状態。乱杭歯。
犬歯唇側転位 いわゆる八重歯。乱杭歯で特に犬歯(糸切り歯)が外側にはみ出て生えている場合。
下顎前突(反対咬合) 受け口。噛み合わせが上下逆になってる状態で、特におとがいや下顎全体が前方に出ている状態。
下顎が基準より出ている場合と、上顎が基準より引っ込んでいて相対的に下顎が出ているように見える場合もある。またその混合もある。
顎の位置はほぼ正常で歯の傾きの異常のみで受け口になっている場合でも下顎前突と言うこともあるが、顎そのものが出ていない場合は下顎前突と言わない方が良い。
歯のみの反対咬合とした方が良いが混同して使用される。
上顎前突 出っ歯。正常より上の歯が前方に出ている。上の歯が出ている場合のみで無く、下顎が引っ込んでいることにより上顎前突に見える場合もある。
過蓋咬合 前後的では無く上下的な異常。噛み合わせが深くて上の前歯に下のの前歯が隠れてしまう状態。上顎前突とあわせて起きる場合が良くある。
反対咬合で過蓋咬合もある。
交叉咬合 左右的に噛み合わせがずれている状態。
開咬 奥歯で噛み合わせても前歯が噛み合わない状態。下顎前突と合わせておきることがある。
空隙歯列 隙間がある歯並び。特に真ん中の場合「正中離開」
歯の傾斜 前方に傾斜している場合は前突とも言う。側方に傾斜したり舌側(内側)に傾斜することもある。
歯の捻転 歯の軸に対して捻れている状態。
歯の転位 本来の位置でない場所にずれて生えている状態。
歯の挺出 本来の噛む面より出っ張っている状態。
低位咬合 本来の上下的噛み合わせの高さより低くなっている状態。
歯の埋伏 本来生えてくるべき歯が生えてこない。

トップへ » 治療について » 矯正歯科 » 良くない歯並び(歯列不正)の種類は?


コールバック予約

PAGE TOP