トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 金属床(部分入れ歯・総入れ歯)

金属床(部分入れ歯・総入れ歯)

金属床金属床

入れ歯のピンク色の部分は、レジンというプラスチックでできていますが、金属床とはそのレジンの多くの部分を金属に入れ替えた義歯のことです。

使用される金属はコバルトクロムやチタン・金で、当然プラスチックよりも丈夫です。また、薄くすることができるため違和感の少ない義歯になります。

<金属床のメリット>
・薄くで作製できるので、違和感が軽減できる
・温度が伝わりやすいのでおいしく食事をすることができる
・汚れが付着しにくく、清潔に使用することができる
・耐久性に優れている(10~15年の使用も可能)
<金属床の注意点とデメリット>
・金属床にしただけで良く噛めるということではない
・金属アレルギーの方には使用できない
・保険外である
・部分入れ歯の場合に形によっては補修しにくいことがある
・顎堤(歯が無くなった後の土手)が痩せやすい方には不向きなことがある


トップへ » 治療について » 入れ歯治療 » 金属床(部分入れ歯・総入れ歯)


コールバック予約

PAGE TOP