トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 金属アレルギーについて » 以下の方も、一度ご相談ください

以下の方も、一度ご相談ください

金属アレルギーという言葉に過敏になっている人
情報過多から、金属を全部撤去したいと言われる方が時々あります。金属が少なければそれほど困難ではありません。本来、限られた金属に対してだけアレルギーがあるとすれば、本来全部除去する必要はありません。金属が多い場合は、望む結果が得られると限らないことを踏まえて考える必要があります。

金属アレルギーではないが化学物質過敏症
アレルギーではないが、除去後の症状改善の経験則から、この疑いもあります。

歯科金属に敏感なのに周囲の金属に鈍感な方
金属アレルギーが心配と言いながら、指輪など装飾品に無頓着な方もおられます。口の中だけ悪者にせず理性的な判断を求めます。

実は身体のどこかの慢性病変から来ている可能性
口腔周囲では、根尖病巣、慢性の歯周病、扁桃炎、慢性鼻炎などが挙げられます。慢性病巣があると離れた場所にアレルギーのような皮膚炎が起きることがあります。口の中では、根管治療や抜歯により、離れた場所の皮膚炎が消失することもあります(病巣感染)。

皮膚科などから歯科の材料のサンプル提供を依頼された場合
皮膚科医は歯科のことが分からないので、口の中に使用する材料の提供を単純に患者さんに指示されることがあるかもしれません。

口の中に使用するとしても、滞在しないもの(印象材、エッチング液など)は継続して出ている症状の原因ではないと考えられます(使用後数時間~数日して消退はありうる)。また、原材料を渡す必要はありません。硬化して口の中に滞在するものは、硬化させてサンプルとすれば良いです。

O(オー)リングテストで調べてほしい
単純に持って指が開いたから合わないという判断は間違いの元です。共鳴を排除しなければならないし、他の要因(先入観など)に影響されることもあります。繊細な条件の下で行う必要があります。的確なOリングで合わないと出た場合にも、それがアレルギーとは限りません。Oリングで合う材料にすれば気になる症状が治るとは限りません。Oリングは有効な方法だと思いますが、誤認もあるので慎重な取り扱いが必要です。他のキネシオロジーでも同じです。


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 金属アレルギーについて » 以下の方も、一度ご相談ください


コールバック予約

PAGE TOP