2013年7月31日 « トップへ » 2013年9月12日

2013年9月11日

妊娠、出産時Q&A

Q.子供を産むと歯が弱るって本当ですか?

A.妊娠・出産によって虫歯や歯周病がひどくなることは確かにあります。しかし、子供にカルシウムが取られるから...ではありません。一旦出来た歯からカルシウムを溶かす機構はありません。身体が歯からカルシウムを取ることは出来ないのです。歯を支える骨の場合は、骨は破骨細胞があり極度のカルシウム不足の場合、骨が弱ることもないではありません。しかしよほど偏食しない限りそういうことはありません。

妊娠中はよく食べ物を口にします。食物が口にある時間が長いほど菌の固まりである歯垢(しこう)が良く発達し、虫歯や歯周病が進行しやすいのです。食事の量に比例して多めに歯みがきするよう気を付ける人は余りないでしょう。また、妊娠期に増えるホルモンは少しの歯垢でも歯ぐきを腫れやすくします。腫れるとさらに歯垢が溜まりやすくなるという悪循環の環境を作ってしまいます。それにより虫歯・歯周病が増えるのです。 また、つわりがひどい方の場合は、胃酸で口の中が酸性になることも関係します。


Q.妊娠中は歯ぐきが腫れやすいのですか?

A.女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあります。それぞれ多少差がありますが、 歯ぐきが鋭敏になり、反応が起きやすくなります。少量の歯垢でもその中のバイ菌の毒素に激しく反応します。よって出血しやすく時に痛みも出ます。また、いわゆる歯周病でなくても歯の動揺を来す場合もあります。

女性ホルモンで特に増える菌も見つかっています。

妊娠時に口腔乾燥になる方も4割ほどあります。乾燥気味になるとますます菌の増加しやすい口の中の状態になります。時に妊娠腫というはれ物になる場合もあります。


Q.歯周病と早産、未熟児の関係は?

A.ある程度以上の歯周病(歯肉炎・歯周炎(歯槽膿漏))にかかっていると歯ぐきにいる菌の毒素によって子宮の収縮に関わる物質を刺激し、2,500グラム以下の低体重児や早産の可能性が正常な歯ぐきの方より7.5倍も高くなる、という研究が最初アメリカで出されました。

日本人を対象にした研究でも相関性は確認されています。


Q.妊娠中に歯が痛くなったらどうすればいいですか?

A.我慢せず歯科を受診して下さい。身体を休めるようにして下さい。頬から冷やすことはしないで下さい。冷たいものも食べないこと。これらは下記すべてに言えます。

親知らずの場合
親知らずの歯ぐきだけの場合はうがい薬でうがいしても良いです。

差し歯の歯の場合
根の先に膿がある場合は、基本的には差し歯を取って根の中の再治療になります。妊娠中に出来る場合もありますが、状況により出産後と言われる場合もあります。治療可能な場合は、差し歯を外し膿を出したり薬で抑えたりします。

大きい虫歯の場合
神経のある歯の場合は、神経を取ると落ち着きます。その際麻酔を打ちますが麻酔薬は局所で程なく分解されますから通常量では問題ありません。


Q.妊娠中に歯が痛くなったら薬を飲んでも大丈夫ですか?

A.飲まない方が良いに越したことはありませんが、あまりにからだが疲弊するような場合はその方が胎児に良くないと言えます。よって比較的安全な薬を選択します。歯科の場合は飲むとしたら抗菌薬(抗生剤、化膿止め)と鎮痛薬ですが、処方可能な薬がありますから、それを選択してもらえばよいです。


Q.授乳中の薬はどうですか?

A.妊娠中に飲んで良い薬と少し種類が違います。胎盤は通りにくいが母乳に移行しやすい薬もありますので妊娠中にもらった薬をそのまま飲まないで下さい。授乳中は授乳中に出せる薬があります。

どうしても心配の場合は、授乳中のみミルクにしたり、保存しておいた母乳を飲ますと言う選択肢もあります。


Q.妊娠中のレントゲンは?

A.歯科のレントゲンは、胴体に防護エプロンをすれば子宮にはほとんど到達しません。よって、安全と言えます。

しかしながら、実際には心理的影響が大きいので、必要性が強い場合以外は撮影しないことがほとんどです。

妊娠に気付かずに撮影してしまった、ということもありますが上述のごとく心配は要りません。


Q.授乳期に気を付ける歯科的配慮とは?

A.子供に歯が生えてきたら、授乳の後に乳かすを軽く拭き取って下さい。母乳による虫歯もあります。ミルクの場合は特に注意して下さい。哺乳ビンの場合出過ぎる乳首を使わないで下さい。下を向けてミルクが垂れないのが理想です。乳首を顎や舌で搾って乳を飲む行為は後の顎の発達に大切です。出過ぎる乳は赤ちゃんが楽をしてしまうので顎の発達や歯並びに影響します。離乳は無理に急がなくて良いです。

熱が出たときに小児科医にイオン飲料を勧められる場合がありますが、常時飲むことはしないで下さい。ごく初期の乳児用以外、大人が飲めるものは糖分としてはジュースと同じです。


2013年7月31日 « トップへ » 2013年9月12日


コールバック予約

PAGE TOP