トップへ » 医院紹介 » 院長紹介 » 健康について、そして、趣味の話

健康について、そして、趣味の話

キープしたい、患者さんの健康的な身体院長あいさつ
曲がりなりにも私たち歯科医師は医療者の端くれです。指導的立場にあるのですから、お口の健康を人に言うのであれば、ほかの部分についても情報を聞き入れて実行する必要があります。

喫煙していたり、メタボリックで、お口の健康を説いても、「自分はどうなの?」と患者さんに言われては立つ瀬がありません。適度な運動をしたりして若々しさを保つようにしています。

得意なスポーツは水泳。カラオケも歌います
若い時はベストテン番組をよく見ていました。レコードを買う余裕がないのでFM番組をチェックして好きな曲がかかるのを待ち構えてカセットに録音していました。10代の時のある程度ヒットした曲はたぶん今でも何でもカラオケで歌えると思います。

大学時代は弓道部にいましたが、あまりうまくなかったです。勤務医時代は先輩に半ば強引にゴルフを勧められはじめました。開業後ゴルフスクールにも少し通いましたが、もともと運動神経は鈍いほうなので今一つで、平成7年初めでやめてしまいました。

唯一得意なのは水泳です。中学時水泳部で、水の中だけは得意でした。今スポーツジムの会員ですが、たまに泳ぎますが、水が素肌を過ぎていくのはなかなか心地よいです。あまり頻繁には行きませんが、そのジムに行くのが少ない趣味と言えるかもしれません。ほかにはカラオケですかね。年に数回ですけど。

やりたいこと、知りたいこと......、興味は尽きません!
趣味と実益を兼ねて......
骨格や姿勢のことは非常に興味があり、趣味なのか仕事の一部なのか実益なのか境界がありません。50歳代になり老化を実感する中で、それでも細身を保ち若々しくいることを今追及しています。30代の頃はややぽっちゃりもしていた時もありました。48歳以降、痩せるコツを知り、細身になりました。

今になって見た目を気にするようになりました。細マッチョで且つ、均整が取れた姿勢で健康......を目指すことが実益を兼ねた趣味ともいえます。

精神世界にも興味があります
また、誤解を恐れずに書けば、精神世界というか哲学というか、宗教っぽくもあるし、自己啓発、自分の人生をいかに生きるか、生きるとは何か?そういうことも見極めたいと思っています。以前、インドへ行ったのもその関係です。今はエドガーケイシーについて興味があります。

趣味ではありませんが1998年1月6日からベジタリアンです。正確にはラクト・オボ・ベジタリアン。健康のためから始めたのではなく、インドへ行ったことによってです。日本では厳格にはできないので、エキスや調味料は大目に見ていますし、状況によってはやむを得ず戴くこともあります。


トップへ » 医院紹介 » 院長紹介 » 健康について、そして、趣味の話


コールバック予約

PAGE TOP