トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 矯正

矯正

Q.乳歯の噛み合わせが反対(受け口)なのですが?

A.乳歯列のときはそのまま様子を見ます。

よく噛んで食べる様にしていると摩耗して自然と正常に戻ることもあります。多くは永久歯に生えかわるときに、正常に戻ります。永久歯前歯が反対になった場合、その時点で治した方が良いと思います。

乳歯列のときは正常な噛み合わせで、永久歯で反対になってしまうこともあります。反対咬合(受け口)は早期に矯正治療した方がよいと思います。成長してからだと抜歯のみならず骨切り手術がいることもあります。


Q.歯の矯正は何歳から行うのが良いのですか?

A.まず、受け口の場合は、永久歯でそうなった場合は、すぐ開始します。6~7歳頃です。乱杭歯、八重歯の場合は、それが確実に予測できる時点で始めます。当院では8歳くらいから始めています。

よく、永久歯が揃ってからにしなさい...と説明する歯科医がいますが、その場合は歯の生える場所が足らない場合は4本ほど犠牲(抜歯)を伴います。遅くても10歳11歳頃に始めれば、顎の骨の成長を促し、抜歯せずに並べていくことが出来るのです。


Q.歯の矯正は子供しかできませんか?

A.何歳でも可能です。ただ、年齢によりできることとできないことがあります。中学生以上で歯の生える場所が足らない場合は、抜歯を伴うことが多いと思います。また、成人では、差し歯やブリッジなどの治療が施されていることが多く、矯正器具が付けにくくなってきます。

Q.矯正は歯を必ず抜くのですか?

A.全部の永久歯をきちんと並べるスペースがないことが多く、抜歯をともなうことは多いでしょう。ただし、スペースがあれば抜歯しないこともあります。

当院で行っている乳歯が残っている時期から始める方法では、抜歯しないように持っていくものです。矯正には結構いろいろな流儀があります。成人でもほとんど抜歯しないと謳っている歯科医もおられます。


Q.矯正は専門医の方がいいですか?

A.状態によってはその方がいいでしょう。でも専門医でないといけないわけではありません。「消化器科」と出ていなければ胃腸の病気を診られないわけでなく、内科でも良いのです。注意する点がある場合に、もう少し詳しく調べて貰いなさい...と病院の消化器科を紹介されたりします。

矯正も、全く行わない歯科医はともかく、ある程度手に覚えがあれば一般歯科を行いながら矯正も行う先生は少なくなく、専門医の方がいいと言われなければ、かかりつけ歯科医での矯正も問題ありません。

当院も専門医ではありません。子供を中心とし、大人で抜歯をと伴う場合や非常に困難と思われる場合等は専門医を紹介しています。また、矯正のみで済む治療でなく、歯を動かしたらすぐ差し歯やブリッジにするとか、一般歯科と混合して行う場合は敢えて専門医による矯正でない方が良い場合もあるでしょう。

また、抜歯してスペースを作る方法でのみ上手に並べていく専門医もありますから、小さいうちから診ていて、成長を促し抜歯に至らないようにしてくれる一般医ならその方がいいのではないでしょうか?


Q.なぜ、歯並びが悪くなるのですか?

A.堅いものを食べなくなったので顎の成長が劣っているのだ...と言う説明には一理ありますが、言葉足らずだと思います。本当に顎の成長が劣っているのであれば、抜歯せずに並べる方法というのは不可能です。しかし、実際には可能なのです。

顎の骨には基底骨の部分と、歯槽骨の部分があります。噛まなくて劣っているのは歯槽骨の部分のみです。歯槽骨とは歯が植わっている部分のことです。実は専門家の間でも、顎が小さくなったという研究と、いや変わっていないという相反する研究と両方あるのです。

これは何処の部分を調べているかによるのです。動物の進化退化は何十年というごく短い年月で起こるものではないのです。誕生後の栄養が良ければ身長が伸びるのと同じように、良く噛めば歯槽骨の部分も発達し自然と良い歯並びになります。

良い歯並びにするには、授乳期から注意が要ります。母乳はともかく、哺乳瓶の場合は、ミルクが出過ぎる乳首は厳禁です。しっかりと顎を動かさないと出てこないような製品を選ぶ必要があります。あまり早くから離乳させる必要はありません。1年くらいは母乳で良いのです。

その後も唇や舌の筋肉の発達を促すためおしゃぶりを3~4歳までくわえさせると良いです。今、口をぽかんと開いている子供が目に付きます。或いはうっすらと開いています。これでは叢生(そうせい)=乱杭歯になってしまいます。口元をしっかり閉じていてこそ、舌と唇の適度な圧力で顎の骨は発達します。

また、食事は一口30回くらい噛むことが理想です。そうは言ってもどうしても軟らかいものが多いので、シュガーレスガム等を口を閉じて良く噛むと良いです。左右均等に噛みます。

また、ひと頃のうつ伏せ寝信仰により、うつ伏せ寝の癖がついてしまっている子は、なるだけ仰向けに寝るように努力が入ります。うつ伏せ寝では顎に横から力が掛かり歯並びを悪くしてしまうのです。横向きでも堅い、高い枕等では顎を圧迫しますので同じように害があります。

上の歯が出っ歯の子は舌先を歯に付けすぎるのです。受け口の子は舌がだらんと下顎の裏にいつもありそれで下顎が広がってしまうのです。

口を開けると舌は下顎にありますが、口を閉じていると舌先は上の歯の裏の真ん中で歯に接触するかしないかの位置にあり、舌の背はぴたっと上顎に付いています。自然とこの位置になっている子は歯並びがきれいです。

口を開いていて、舌が顎に付いていない子は乱杭歯に、上に触りすぎる子は出っ歯に、下にだらんとなっている子は受け口になるのです。

いろいろな要因がありますのでこれが全てではありませんが、矯正するときは、当院では舌・口の動かす練習も行います。
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 矯正


コールバック予約

PAGE TOP