トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 虫歯

虫歯

Q.小さい虫歯なのにどうして大きく削ってしまうの?

A.小さな虫歯といってもそれは素人判断で小さく見えるというだけのことです。虫歯の出来た部位にもよりますが、とくに咬合面の溝の場合は点や線に見えても中でかなり広がっているのです。

歯と歯の間の虫歯でも自分で気付いたときは、鏡等で見えるところは小さくても実はかなり大きいこともあります。痛みも無く少し詰めるだけで済むつもりでも実際には神経を取らないといけないこともあります。決して余分には削っていないのです。

又、つめものや冠を維持させる為に(毎日毎日数キロ~数十キロの力を受けている)形を整える必要がありそのために止むを得ず広げる部分もあります。歯を削ってはいますが全体的には歯を守る仕事なのです。


Q.痛くないのに神経を取られましたなぜなの?

A.歯の神経は気まぐれです。わずかの虫歯でも凍みることもありますが、(極端な例では虫歯がなくても凍みる=知覚過敏等)かなり神経に近い虫歯でも全然痛みのないこともあります。

痛みがなくても虫歯を削っていると神経が出てしまい、或いは出なくても神経をかなり刺激するところの深さまで削らざるを得ず、そのため後で神経が痛んでくるような場合は取ることになります。

痛みがないときにたまたま神経を取ったとしても、仮に放置してあれば、ほどなく痛みは出てきたであろうという状態です。症状がない=軽度という訳ではないのです。


Q.虫歯がないのに神経を取ることってあるのですか?

A.いくつかの場合が考えられます。

1、知覚過敏が著しいとき。
2、歯周病が進行して歯の根の先端の方から菌が侵入した場合。
3、打撲など強い外力を受けた場合。
破折して神経が出てしまった場合は勿論、出ていなくても亀裂があったり、或いは表面上大丈夫でも数日から2、3ヶ月で神経が壊死(えし)してしまった場合。
4、咬耗、摩擦が強く神経が表面に近くなり強く凍みてきたとき。
5、ブリッジの土台となる場合に、被せるために歯を削ると神経が出てしまったり出なくても強く凍みてきた場合。
6、軽度の歯列不正を矯正ではなく冠を何本かに被せて治す場合に神経が出てしまう場合。
7、原因不明だが明らかに神経が痛んでいる場合。


Q.虫歯のなりかけって元にもどるのですか?

A.唾液中にはカルシウムがふくまれており、歯の表面がごくわずかに脱灰(カルシウムが酸で溶かされていく)しても、修復する作用があります。

肉眼的によくわかるような『なりかけ』は従来は殆ど虫歯になっていくので詰めることが多かったと思います。現在は研究が進み、意識してブラッシングをしていると進行しないことがあることが解ってきました。

よって削らず様子を見ることがあります。但し、やはり進行してしまうこともあるので定期的観察が重要です。


Q.虫歯を削って金属で詰めて貰ってから凍みますが大丈夫ですか?

A.虫歯は削って除去しなければなりませんが、削ること自体が歯の刺激になります。よって、詰めた後でもやや敏感な状態が続くと、凍みるわけです。

また、削った後、金属で詰める場合、金属の持つ温度を良く伝えるという性質のため、冷たいものが接触した場合、歯質により暖められず低い温度のまま神経の近くまで達すると凍みる感じになるのです。熱いものでも同じです。殆どは馴れますから問題ありません。


Q.神経を取っても歯が痛いのはなぜですか?

A.(1)治療中の場合
歯の中の神経の入った管は複雑に枝分かれしていることが少なくありません。レントゲンでは、木に例えると太い幹の部分のみ写り、治療も多くは幹の部分の清掃消毒を行います。しかし実際は枝の部分があるのです。枝の部分には器具は入れられませんので、幹の部分から染みこんでいくことを期待します。

通常は幹の部分をきれいにすれば、何ら問題なく痛みもなくなり冠や差し歯に移行できます。しかし、時として枝分かれした部分がずっと生きていてしかも炎症が続くことがあります。この場合、自覚症状として痛みが続きます。

また、神経を取った後の歯の根の先に出来た傷口の炎症が続くことがあります。この場合も暫く痛みます。いずれにしても対処法は、幹の部分の清掃消毒を続けることです。たまに引きにくく回数がかなりかかることもあります。

(2)神経を取って被せた歯が何年かして痛み出した場合
歯の中の神経が無くても、歯は依然として身体の一部であり周りには神経はあります。よって歯に再発した初期の虫歯では痛まなくても、細菌が徐々に侵入していけば歯の周囲で炎症が起きて痛みも発します。

この場合の痛みは、鋭く凍みるような痛みではなく、鈍くずんと響く痛みです。ひどくなると激しい痛みにもなります。細菌が侵入していくのは、虫歯の再発のこともあるし、長年使用して隙間が出来てきた場合や、歯質が破折した場合もあります。

歯の中と関係なく、歯周病から痛みが出ていることもあります。この場合は再び冠を撤去したりすることなく歯周病の処置(ブラッシング、歯石除去)で引いていきます。


Q.歯が凍みるのは虫歯ですか?

A.虫歯のことが多いですが、知覚過敏症ということもあります。不適切なブラッシングや歯周病も或いは噛み合わせの不良その他で歯の根の表面が少し露出してくると、虫歯でなくても凍みることもあります。

それ以外では、歯周病から菌が歯の神経に入る場合、長年使用して歯に亀裂が入った場合も頻度は少ないですがあります。


Q.飛び跳ねたりすると歯に響きますが虫歯ですか?

A.虫歯でしょう。10代など若い人であります。一度詰めた歯での再発のことが経験上多いように思います。


Q.キシリトールについて教えてください

A.天然には、ラズベリー、プラム、苺、ほうれん草などに含まれています。工業的には、樺の木やトウモロコシの穂軸などを原料として化学的に生成されています。

甘味は砂糖と同じ程度で、カロリーは3/4、口の中では清涼感があり、きれはやや早く他の甘味料と併用されることが多いようです。一度に大量に食べると軟便、下痢になることがありますが特に害はありません。

キシリトールの効果は、虫歯をつくる主な原因のミュータンス菌がそれを利用できず、歯を溶かす酸ができないこと、菌そのものの発育を抑える作用、ごく初期の虫歯で歯のカルシウムのぬけたところを再び修復する作用などがあげられます。

ある程度持続して口の中にあることが条件ですので、ガム、タブレット菓子、歯磨き剤、洗口剤などに利用されます。

ガムの場合、一日3回毎食後10分くらい、歯磨きの前に噛むと効果がでるとのことです。虫歯になりやすい人は5回くらい噛みます。ただしキシリトールが50%以上であり他の甘味料も虫歯になりにくいものであることが条件です。

菓子類では平成9年末ごろで約17社50種類ほどの商品が出回っていますが、だいたい条件を充たしているものの5~30%の製品もあり注意を要します。

また、キシリトールがオールマイティーではもちろんなく、以前から多く使用されている北欧では歯口清掃に対する関心が高く日本人の何倍もよく磨きます。そういう条件の下でこそ効果が発揮されるのであり、歯磨きをおろそかにして虫歯は減りません。


Q.一生懸命磨いているのに、どうしてまた虫歯ができてしまうのですか?

A....という質問にときに出くわします。1回治療した歯が数年後またやりなおしになったりすると、少しは疑問にも思うことでしょう。「治療の仕方が悪いのではないか?」と思ってしまうこともあるようです。

TVのコマーシャルなどで、虫歯の原因のミュータンス菌をどうのこうの...と言っていますが、虫歯の原因菌はいっぱいあるのです。ミュータンスだけでもまだ完全に制圧する方法はないのです。

私はよく、「風邪」に例えることにしています。風邪は何回でもひいてしまう。風邪の原因はインフルエンザウィルスだけではない。注意すべきはインフルエンザだが、他にもいくつもある。ワクチンもあるが、一時の一定の型のみで打ったからかからないわけではありません。

歯茎が腫れて、抗生剤をのんで一旦引いても虫歯が治るわけではありません。虫歯の予防は、相も変わらず歯磨きです。食生活の注意も含めて、古代から変わりません。風邪の予防法は?やはり、昔と変わらない筈です。

風邪と虫歯が違うのは、治療に苦痛と時間がかかることです。自費ならお金もかかります。あと、人からすぐうつるわけではありません。風邪は昔と比べて減っているのでしょうか?相も変わらず流行しています。

虫歯は少しずつであるが確実に減っています。北欧などではかなり減っています。全体で見た場合やはりわたしたちの努力の賜物...と言っては横柄かも知れないが、少しはそう思って欲しい...と願ってもバチはあたらないでしょう。
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 虫歯などのQ&A » 虫歯


コールバック予約

PAGE TOP