トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 全身的影響のQ&A » 親不知

親不知

Q.親不知抜歯の注意事項は?

A.横向きの親不知は、私の場合、自分で結構抜くのですが、困難に思われるものは病院の歯科口腔外科に回します。

さて、まず抜く前からのことから話します。下の親不知で横向きの場合等は1時間くらいは覚悟しておいたほうがいいと私は思います。30分で済めばそれはそれでいいでしょう。
また、出張や旅行、重要な予定が後に控えている直前の予約は止めましょう。女性は生理にあたらないようにしたほうが無難です。

予約当日、もし、疲れがたまっていたり、風邪をひくなど、体調を崩していたら迷わず延期しましょう。抵抗力の落ちているときに抜歯すると、通常より痛みや腫れが強く出てしまう可能性があります。

抜歯後は、運動など、普段より余計に疲れることは控えましょう。飲酒も控え、入浴は軽く(ないし控える)、食事は刺激の強いもの以外は普通でよい、薬はきちんと服用する。

出血が少々あってもうがいをし過ぎないこと(固まりかけた血が取れて余計に出てきてしまうので)、もし出血が気になる状態ならガーゼかなければティッシュでもよいのでぎゅっと噛んでいれば大丈夫でしょう。

煙草も控えたほうが無難だと私は思います。絶対だめ、ということではないですが、飲酒もそうですが一時的に血圧、脈拍が上がるので炎症が広がりやすいと考えられます。

抜歯後、もし、患部周囲の頬が熱をもって腫れてきたら冷やして下さい。ただ、1~2日までにして下さい(身体全体が発熱したときはもう少し延長もあるが)。ずっと冷やすのはかえって恢復を遅らせます。

歯磨きは、触れて痛くない範囲で、そばまで磨いて下さい。汚れがたまるのは傷の治りにマイナスです。血が止まってからということで、うがい薬を出されることもあります。

注意事項を守り、薬をきちんとのめば9割方はほとんど強い痛み、腫れは無いと思います。が、病院の歯科口腔外科の場合は比較的難かしい抜歯が多いでしょうから術後の痛み、腫れはむしろ多いかも知れません。

仮に出ても概ね1週間~10日で気にならなくなりますが、「ご飯つぶがはさまる」ような感じはもう少し続きます。腫れが続く場合は、薬が途切れないようにして下さい。無くなる頃まだ治まっていなければ予約前でも受診したほうがよいでしょう。

親不知抜歯後の不快症状としては、たまに一時的に口が開けにくくなる場合があります。口を開ける筋肉の周囲まで炎症が進むのが原因ですが、腫れが退くとともに必ず戻りますから心配要りません。

出血が止まらないときは、病院なら当番医に緊急連絡がかかり大丈夫でしょうがもし行けなければ近在の歯科医院でよいですから処置をしてもらって下さい。親不知の前の歯が凍みてくることもありますが、暫くすれば治まります。

こんなところです。偶発的なことは稀中の稀まで言えばまだまだありますが。

あまり詳しく知らせるとかえって不安がつのり、「抜くのはまたにする」と言われることもあります。でも、それでいいと私は考えています。先延ばしがかえってその患者さんにとって良くないから抜きましょうと言っているわけですが、今は患者さんが決める時代なのですから。

抜歯後の注意は必ず説明があります。抜いたときもし、何か気になることが浮かんだら何でもいいから確認しておきましょう。


Q.親不知は抜かないといけないの?

A.しっかり生えて噛んでいれば必ずしも抜歯するわけではありません。以前名古屋で放映されたテレビ番組によると、オリックスのイチロー選手は親不知までしっかり噛んでいるそうです。しかし、親不知は系統発生学的に退化傾向にある歯なのです。

最近の、軟らかい食事で顎が小さくなっている云々と言うことでなく、長い人類の歴史の進化の中で生えなくなってきている歯なのです。化石人類ではしっかり生えていることが分かっています。

よって、もともと無い人もあれば、小さい歯の場合、埋まって生えてこない場合、中途半端に生えている場合、生え方がおかしい場合等々あり、詰めたり被せたりという通常の治療が出来ない場合が多く、すぐ抜歯を選択せざるを得ないのです。

また、不完全な生え方の場合、歯茎に黴菌を感染させやすい状態になっているので腫れやすく、虫歯等無くても抜歯に至ります。
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 全身的影響のQ&A » 親不知


コールバック予約

PAGE TOP