トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯並び、歯科矯正Q&A » 子ども矯正いろいろ

子ども矯正いろいろ

Q. 学校の歯科検診で異常のチェックは受けませんでしたが、親としては歯並びが気になります。検診で問題なければ大丈夫ですか?

A. 親御さんから見て気になるのであれば、矯正歯科で調べてもらって必要であれば治療をして良いと思います。

検診のマニュアルはあるものの、学校検診は一般歯科医が行っているため必ずしも詳しくはありません。よってしっかり見分けられない可能性があります。

また、厳密にチェックすると異常が極端に多くなってしまうので、虫歯・歯肉炎等と違って保険外治療でもあるし、比較的緩く診ている、ということもあります。緩く見られることで軽い異常はチェックされないことも多いのです。

Q. 親が歯並びが悪いです。子も悪いのは遺伝ですか?

A. 親に過剰歯があり子にもある、親に先欠があり子にもある、歯が明らかに大きい(小さい)、親に下顎の過成長があり子にもある...ような場合は、遺伝といえます。

叢生などで、親も叢生で子も叢生の場合に、一見遺伝に思われますが、それは親子顔が似るくらいの遺伝は考えられますが、はっきりとした遺伝とはいえない場合も多いと思います。

今の親の年代も戦後高度成長期以降であり、人工乳、軟食、虫歯の多発などで叢生になった場合、子もそのようにして歯列不正になったとしたら、それはともに成長段階の問題であり、親も子も似た環境だったから同じように歯列不正になっただけで、法則的な遺伝で歯列不正になったとはいえないのです。 

よって、親が歯列不正でも子はそれを予防することも出来る場合も少なくありません。

Q. 早期の離乳食が歯列不正の原因?

A. 叢生など良くある歯列不正の原因は授乳期に遡ります。

赤ちゃんは母乳を飲むときに、おっぱいを吸っているのでは無くて搾って飲んでいます。歯の無い顎を力強く動かして搾り舌を使って喉に送り込んでいます。

1ヶ月で1キロも体重が増えます。2年で出生時の3~4倍の体重になります。10代の成長期でもこんな割合では増えないので、乳児の成長はもの凄く著しいことが分かります。この時期に身体全体もそうですがお口の周りの筋肉の発達がとても重要なことが分かります。

母子手帳によると5~6ヶ月で離乳食を開始することになっていますが、顎や舌を一所懸命使って母乳を飲む代わりに、お口の中に離乳食を入れられたら後は飲み込むだけで済みます。顎を強く動かす必要はありません。

もの凄い速度で成長している時期に、筋肉をサボらせているわけです。なので日本の子供たちは口をぽかんと開いた子供ばかりです。そのまま大人になるので現在は40歳近くまでの大人は口を開いた人が多いです。

現代的な生活で無かったときの乳児の子育てが本来の状態では無いでしょうか?

発展途上国の子供たちには歯列不正はほとんどありません。貧しくて身なりは必ずしもきれいで無くとも、歯並びはきれいなのです。口元もきりっとしています。

私は、インド、フィリピン、タイなど訪れたときに子供たちを見て気付きました。試しに、ネット上で画像検索(途上国 子ども 笑顔など)してみてください。やせ細っていても歯並びがきれいな子たちが出てきます。

ちなみに背筋もまっすぐです。離乳食など無いので3~4歳まで母乳を与えていることもあるそうです。

身体の成長が著しいときに自然に口や舌の筋肉をつけることが出来て、舌で内側から押して口や頬の筋肉で外から押さえてそのバランスできれいなアーチの歯並びが揃ってくるのでは無いか...と考えられるのです。

口腔周囲筋のトレーニングで歯並びを改善する方法もありますし、それを促す矯正装置も開発されています。

それらのことから筋肉の発達が良くないと歯列不正が起きることは当然考えられます。

歯の生え始めに堅いものなど食べられませんから、授乳こそが顎を発達させて歯並びを整えることにも重要...ではないでしょうか?(※この文は一部私説です)

Q. 3歳児検診で反対咬合と言われました。様子見で良いのでしょうか?

A. 乳歯歯列の時に反対咬合でも永久歯に交換するときに自然に正常な噛み合わせに戻ることもあります。

よって、永久歯が生える時まで待てば良い、とよく言われます。

ひとまずそれでも良いと思われます。乳歯は良くすり減るので、一部の子は前歯が良くすり減った結果、幼児期に自然に戻ることもあるようです。

しかし、昭和時代に、そのまま観察したらどのくらいの割合で自然に戻るかを追跡した研究によると、乳歯反対咬合の子は多くは永久歯も反対咬合になったそうです。

よって、乳歯のうちから反対咬合の治療をした方が良い、という意見も広がってきています。
ムーシールドというマウスピースが効果が高いようです。

Q. 開咬で指しゃぶりが原因と言われました。どのようにしたら止められますか?

A. 指しゃぶりは胎児でも行っているとされています。自然な行為とも言えるのです。しかし、施設の子どもには多いそうですから、心の問題も関係するでしょう。

また、母乳から形のある食物に変わるために口の中を慣らす、ということも聞きます。指以外に縫いぐるみやタオル、その他お気に入りのおもちゃなどを咥えることもあります。指しゃぶりの場合に、指を強く吸ったり歯を押したりして、上顎前突や開咬になります。永久歯の生える前、4~5歳くらいまでに止めると、顎の成長や歯の交換により目立たなくなることもあります。

社会性が出て手を別のことによく使うようになると止めていきます。怒ったりせずに繰り返し繰り返し言い聞かせると止めていくこともあります。

ただ、実際にはなかなか上手くいかないことが多いです。おしゃぶりを代わりに咥えさせる方法もあります。

但し、おしゃぶりそのものがその厚みにより開咬になるから良くないという意見も根強く、そういう場合もあるので時間を限定する必要があります。開咬にならずに咥えさせて幼児の要求を満たすようなグッズ(ストッピ、オーラルスクリーン)もあります。爪に苦いマニキュアを塗る方法(バイターストップ)もあります。

無理に止めさせると代わりのものを吸うようになったりします。唇や舌など。なかなか難しいところです。

Q. 子供の歯並びが気になります。矯正するならいつからが良いですか?

A. 反対咬合(受け口)の場合、3~4歳以降にムーシールドというマウスピースで開始することもあります。幼児なので親御さんがしっかり填めさせることが出来ることが条件です。ムーシールドが使えない場合は永久歯ば生え出す頃まで待ちます。

叢生(歯が入り組んでいる、乱杭歯)の場合、その可能性があっても概ね永久歯前歯4本が生えてくるまで待っても良いです。早くても下4本上2本からで良いです。

気をつけなければならないこととして、乳歯5~6本抜けて永久歯4本生えている場合、本当は隙間が足らなくてもきれいに並んでいるように錯覚することがあります。後で犬歯が八重歯になって生えてきて驚く、ということもあります。

Q. 矯正は永久歯が揃うまで待ってからにすれば良い、と言われましたが?

A. 矯正はどの年代でも出来ますが、永久歯になってしまった後と、まだこれから生えてくる時期では対応が異なります。

まだ乳歯が何本もある時期は顎の骨の発達を促して、永久歯の抜歯という犠牲を払わずに矯正できることが多いです。永久歯列になってから歯が入り組んでいると、2~4本抜歯する可能性がかなり高くなります。

最初は矯正を考えて無くて成長してしまった場合は仕方ないですが、小学校低学年から気になっていれば、早めに始めた方が良いです。

Q. 歯が入り組んで生えてきたら、隣の乳歯を削って生やす、早めに抜いて並ぶようにする...というのはどうですか?

A. 取り敢えず先に生えてきた永久歯を列に入れるために削合や乳歯抜歯をしても、全体の歯列として考えなければ意味がありません。結局後で萌出する永久歯の場所が無くなるだけです。矯正器具を使わずに「連続抜歯」などで歯並びを整えていくという選択肢を最初から考えているのでしたら、それでも良いかもしれません。
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯並び、歯科矯正Q&A » 子ども矯正いろいろ


コールバック予約

PAGE TOP