トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 6歳臼歯とシーラントのQ&A » 6歳臼歯

6歳臼歯

Q.6歳臼歯とは

A.奥歯で最初に生える永久歯で正式には第一大臼歯と言います。前から数えて6番目 の歯になります。6歳臼歯は乳歯と生え替わるのではなく乳歯の奥に追加して生えて来 ます。5歳から7歳の間にほぼ生えて来ます。


Q.6歳臼歯の重要性について

A.子供から見ると遙か先のことですが、80歳で20本歯が残っている高齢者の方々 は6歳臼歯が残っていることが多いことが統計で分かり、6歳臼歯を残すことが後々ま で多くの歯を残す鍵となるのです。


Q.6歳臼歯の弱さについて

A.生えて間もない歯の表面はまだ成熟しておらず、虫歯菌に冒されやすい構造になっ ています。歯の表面のエナメル質の結晶構造が粗いのです。歯は萌出しながら唾液に含 まれるカルシウムが表面から沈着して緻密になり成熟してきます。

また、部分的に歯茎に被われている期間が長くあり、歯磨きしにくかったり歯垢が沈 着しやすかったりで虫歯になりやすい環境になっています。


Q.6歳臼歯の歯磨き

A.2~3歳から5~7歳までずっと同じ大きさの歯型だったものが、6歳臼歯が生えてきて急に奥行きが長くなります。同じように歯磨きしていると大事な6歳臼歯の歯磨きを忘れてしまいます。本人もお母さんも良く眺めて確認して磨く必要があります。

とくに生えかけは乳歯の噛む面より背が低く歯ブラシが届きにくいこともあるので注意が要ります。

歯茎が被っているところは少しでも毛先が奥に入り込むようにくふうして磨くようにして下さい。

また、6歳臼歯は直前の乳歯より溝が多く表面の形が複雑です。手前の乳歯より何倍 も長く磨くくらいでちょうど良いです。
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 6歳臼歯とシーラントのQ&A » 6歳臼歯


コールバック予約

PAGE TOP