トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯の雑学Q&A » 歯の雑学

歯の雑学

Q.むし歯の治療を初めてやった人は誰?

昔のむし歯の治療は抜歯だけでした。縄文人の化石にもむし歯は見つかっています。エジプトのミイラにもあります。
食物を調理するようになってから、人類はむし歯と付き合っていると思われます。

大宝律令(701年)に歯の治療を職業とした人がいるという記載があり、江戸時代には歯抜き師、入れ歯師という職業がありました。口を含め身体全体を診る口中医もいました。

日本で初めて西洋式の歯科を開業したのは小幡英之助と言う人で、当時は医師歯科医師の分類はなく、第1回の医術開業試験に「歯科」で合格した「医師」ということになりました。

また、歯を削るドリルを発明したのはグリーン・バーディマン・ブラック(1836~1915アメリカ人)と言う人です。

フランスのピエール・フォシャールと言う人は18世紀前半、現代歯科学を確立したと言われています。1728年に初めて総入れ歯を作ったとされていますが、それより前に日本に木製の総入れ歯があったことが分かっています。歯には石を使ってきれいに作られていました。

アメリカ初代大統領ワシントンは、入れ歯でしたが人の抜けた歯などを利用していたらしく、口がとても臭かったらしいです。


Q.昆虫に歯はあるのか?

クワガタムシには、内歯とか小歯とか呼ぶ部分があります。昆虫の種類によっては歯とか顎と呼ぶ部分を持っているものがあります。
しかし、昆虫類は「節足動物」であり、進化の系統樹を見ると大昔に分かれて来ているもので、カルシウムの骨格を持つ哺乳類とは身体を作る物質がかなり違っています。


Q.どうして歯は歯っていうの?

刃物の刃と同じ語源らしいです(平たくて鋭い)。以下のような説があります。
・食べるという言葉の古語「食む=はむ」から来ていると言う説。
・秋に落ちる葉ににて年を経ると抜け落ちるので葉から来たと言う説。
・生えるの古語「生ゆ=はゆ」から来ているという説。


Q.口の中のバイ菌は何個ぐらいか?

代表的な虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)を例にして考えます。十分な量の糖分を補給すると、40分に1回に分裂して増えます。最初に1個だけあったとすると、24時間40分すなわちほぼ1日で1千億個に増加します。重さにすると1グラムほどです。歯垢がたくさん着いている人はこのくらいはあるだろうと思われます。これは大便1グラムにある菌の3倍の数です。


Q.むし歯菌はどんな形をしているの?

まん丸で数珠のようにつながっています。なので連鎖球菌といいます。


Q.歯は何本あるの?

乳歯は20本です、永久歯は28本。親知らずが生えると32本となります。


Q.親知らずってどうして親知らずっていうの?

生えてくる時期が遅いのでもう、親も歯の生えることに全然関心が無く知らないう ちに生えてくるから・・・と言うのではなく、昔は寿命が短かったので生えてくる頃にはも う親は亡くなっている事が多く、親を知らずに生えてくるから、という説が有力です。親か ら離れて独立している年齢で、親が知らないからと書いてあるところもありました。


Q.日本で一番むし歯の多い県と少ない県はどこ?

3歳児の一人当たりの虫歯の本数(平成15年)のランキングです。
少ない方から
1位 東京0.78 2位愛知0.87 3位岐阜0.92 4位兵庫5位静岡......45位宮城46位沖縄47位青森2.35

12歳児(中一)の一人平均むし歯経験歯数(平成14年)のランキングは、
1位新潟1.42本 2位兵庫 3位山形...13位愛知2.04本...北海道46位3.35 47位沖縄約4本
となります。


Q.歯科検診でいう○(まる)とはなんのこと?

治療済みの歯のことです。


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯の雑学Q&A » 歯の雑学


コールバック予約

PAGE TOP