トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯の雑学Q&A » 歯並びについて

歯並びについて

Q.歯並びが悪いと問題があるのか?体に影響があるのか?

歯並びが悪いのは、たまたまであるとか、遺伝だけで起きるのではないことが分かっています(受け口など一部を除く)。歯並びが悪い人は、生まれてから今までの食生活や口に影響を及ぼす習癖が原因になっている場合があります。

歯並びが悪いと、虫歯になりやすく、歯周病が進行しやすく、発音がおかしい事があり、口が閉じられない、よく噛めない、将来歯が抜けやすい、または顎関節に悪影響を及ぼします。

人前に出る職業にはマイナス、世界を相手にするビジネスマンにはマイナス、運動能力にマイナスの場合もあります。


Q.歯並びが悪い人は矯正をしなくてもなおるか?

治りません。ごく軽度の人は差し歯で治せることもあります。小学生低学年まで少し悪いだけの場合は、口腔周囲筋機能訓練で治せる場合があります。


Q.どうしたら歯並びがよくなるの?

赤ちゃんの時から気をつければ予防は出来ます。幼児期に口腔周囲筋のトレーニングをすると軽度の場合は矯正せずに治せることもあります。
中学生はもう遅く、器具による矯正が必要です。


Q.どうして歯並びが悪くなるのか?

乳児の時に、母乳やミルクを与える期間が短く(或いは与え方が悪く)、授乳の時に口腔周囲の筋肉の発育が不十分になると歯並びが悪くなります。以下のような要因があります。

・指しゃぶり、口呼吸、唇を噛む癖、舌を出す癖など悪習癖
・乳歯の時に沢山の虫歯が出来てしまうこと
・うつぶせ寝
・遺伝
・過剰歯、先天的歯牙欠損、舌小帯が短い、上唇小帯が大きいなど生まれつきの異常
 


トップへ » 歯に関するいろいろQ&A » 歯の雑学Q&A » 歯並びについて


コールバック予約

PAGE TOP